職業紹介 PR

ルート営業は「やめとけ!」そう言われる6つの理由を解説します。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
なまずリーマン

ルート営業はなぜ「やめとけ」と言われるの?!

日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

PR:決定版 日本の給料&職業図鑑


ルート営業は「やめとけ!」と言われる6つの理由

1. 肉体的・精神的なストレスが高い

ルート営業は、一日中外を歩き回り、多くの顧客を訪問するため、肉体的な疲労が蓄積しやすい職種です。天候に左右されることも多く、夏の暑さや冬の寒さにさらされながら、長時間の移動を強いられます。また、訪問しても会ってもらえない、アポイントを取るのが難しいなど、精神的なストレスも非常に高くなります。

このような肉体的・精神的なストレスは、営業職の健康を脅かす大きな要因となります。長期的なストレスは、バーンアウト(燃え尽き症候群)や鬱病などのメンタルヘルス不調につながる可能性があります。また、不規則な食事や運動不足などの生活習慣の乱れも招きやすく、高血圧や糖尿病などの生活習慣病のリスクも高まります。ルート営業を長く続けるためには、ストレス管理と健康維持に細心の注意を払う必要があるでしょう。

2. 営業成績のプレッシャーが大きい

ルート営業は、売上目標達成のプレッシャーが常につきまとう職種です。個人の営業成績が直接会社の業績に影響するため、毎月の売上目標は非常に高く設定されることが多く、達成できない場合は厳しい叱責を受けることもあります。また、営業成績は給与やボーナスにも直結するため、生活面での不安も大きくなります。

このような営業成績のプレッシャーは、ルート営業職の大きなストレス要因となります。目標達成のために無理な営業活動を行ったり、顧客との関係性を損なったりするなど、短期的な成果を追求するあまり、長期的な視点を失ってしまうこともあります。また、成績不振が続くと自己肯定感が低下し、モチベーションを維持することが難しくなります。ルート営業職が長く活躍するためには、プレッシャーに負けない強いメンタリティと、バランスの取れた営業活動が求められます。

3. 不規則な勤務形態が続く

ルート営業は、顧客の都合に合わせて訪問することが多いため、勤務時間が不規則になりがちです。朝早くから夜遅くまで働くことも珍しくなく、休日出勤や突発的な対応を求められることもあります。また、営業先からの呼び出しや、書類作成など、営業活動以外の業務も多く発生するため、プライベートな時間を確保することが難しくなります。

このような不規則な勤務形態は、ワークライフバランスを大きく崩す要因となります。家族との時間が取れない、趣味や自己啓発の時間が持てないなど、私生活への影響は小さくありません。また、睡眠時間の不足や生活リズムの乱れは、健康面でのリスクも高めます。ルート営業職が長く働き続けるためには、できる限り計画的に営業活動を行い、プライベートな時間を確保することが重要です。会社側も、営業職のワークライフバランスに配慮した勤務制度の整備が求められます。

4. キャリアアップの機会が限られている

ルート営業は、営業活動が中心となるため、他の職種に比べてキャリアアップの機会が限られている傾向にあります。営業職としてのスキルアップは図れても、営業以外の業務経験を積むことが難しく、将来的な幅広いキャリア形成には不利となる可能性があります。また、管理職へのキャリアパスも限定的で、一定以上の年齢になると営業職としての限界を感じる人も少なくありません。

このようなキャリアアップの限界は、長期的なキャリア形成において大きな課題となります。同じ営業職を長く続けることで、モチベーションが低下したり、スキルのマンネリ化が進んだりする可能性があります。また、他の職種への転職を考えた場合、営業以外の経験やスキルが乏しいため、選択肢が限られてしまうこともあります。ルート営業職としてキャリアを積む場合は、営業スキルの向上だけでなく、社内の他部署との協働や、自己啓発による幅広い知識・スキルの習得が重要になるでしょう。

5. 自己裁量の範囲が狭い

ルート営業は、営業活動の進め方や顧客対応の方法が会社の方針で細かく定められていることが多く、自己裁量の範囲が狭い傾向にあります。担当エリアや訪問先、営業トークのスクリプトなど、営業活動のほとんどが会社の指示通りに行われ、営業職自身の創意工夫や判断が求められる場面は限定的です。また、営業成績の評価も、売上目標の達成度合いが重視されるため、数字以外の部分での自己アピールが難しくなります。

このような自己裁量の狭さは、営業職のやりがいやモチベーションに影響を与える可能性があります。自分の考えや工夫を営業活動に反映できない、成果以外の部分が評価されないなど、仕事への主体性や達成感が持ちにくくなるためです。また、会社の方針に従うだけの営業スタイルでは、変化する顧客ニーズや市場環境に柔軟に対応することが難しくなります。ルート営業職が長く活躍するためには、会社の方針を踏まえつつも、現場の裁量を広げ、営業職の主体性を引き出す工夫が必要不可欠でしょう。

6. 顧客との関係構築が難しい

ルート営業は、多くの顧客を短時間で訪問するため、一人ひとりの顧客とじっくり向き合う時間が取りにくく、深い関係構築が難しい側面があります。訪問時間が限られている中で、営業トークを効率的に進めることが求められ、顧客のニーズを深く汲み取ったり、信頼関係を築いたりすることが難しくなります。また、売上目標達成のプレッシャーから、顧客の意向よりも自社の商品やサービスの売り込みを優先してしまい、顧客との関係性を損ねてしまうこともあります。

このような顧客との関係構築の難しさは、長期的な営業活動における大きな課題となります。一時的な売上は上げられても、顧客との信頼関係が築けていなければ、リピートや追加受注、他商品の販売などが見込めず、安定的な売上確保が難しくなります。また、顧客からの信頼を失えば、クレームや解約、ネガティブな口コミなどのリスクも高まります。ルート営業職が長く活躍するためには、効率的な営業活動と並行して、一人ひとりの顧客とじっくり向き合い、信頼関係を築くことが欠かせません。会社側も、営業職が顧客との関係構築に注力できる環境づくりが求められるでしょう。


ルート営業は「やめとけ」に関連する疑問

ルート営業は本当に楽すぎるのか?

ルート営業は、一見すると楽な仕事に見えるかもしれません。決められたルートを回るだけで、自分のペースで仕事ができそうな印象があります。しかし、実際はそれほど簡単な仕事ではありません。

ルート営業では、日々の売上目標達成に向けて、多くの顧客を訪問し、商品やサービスの提案を行う必要があります。訪問先での待ち時間や移動時間も長く、効率的に営業活動を進めないと売上に直結しません。また、顧客との信頼関係構築や、クレーム対応など、高いコミュニケーション能力が求められます。ルート営業は、体力的にも精神的にも決して楽な仕事ではないのです。

ルート営業でホワイト企業はあるのか?

ルート営業職を求人しているホワイト企業は、確かに存在します。ホワイト企業では、営業職の働き方や健康面に配慮し、無理のない営業目標設定や、十分な休暇取得の推奨など、働きやすい環境づくりに力を入れています。

しかし、ルート営業職の求人の中には、ブラック企業も少なくありません。過度な売上ノルマや長時間労働、パワハラなどが横行する企業も存在するのです。ルート営業職を目指す際は、求人内容だけでなく、企業の評判や実際の働き方をよく調査し、慎重に選ぶ必要があります。

ルート営業に向いてる人とは?

ルート営業に向いている人は、コミュニケーション能力が高く、粘り強さと行動力を兼ね備えた人です。顧客との対話を通じて信頼関係を築き、ニーズを的確に捉えられる人は、ルート営業で成果を上げやすいでしょう。

また、ルート営業では、自分の行動が直接売上に結びつくため、自立心と目標達成へのコミットメントが求められます。どんな状況でも前向きに行動できる強いメンタリティを持つ人は、ルート営業に適性があると言えます。一方、コミュニケーションが苦手な人や、粘り強さに欠ける人は、ルート営業に向いていない可能性が高いでしょう。

ルート営業が楽な業界はあるのか?

ルート営業の大変さは、業界によって大きく異なります。一般的に、飲食品や日用品など、必需品に近い商材を扱う業界は、比較的ルート営業が楽だと言われています。これらの商材は、需要が安定しており、リピート率も高いため、新規開拓の負担が少ないからです。

一方、不動産や金融、IT関連など、高額で専門性の高い商材を扱う業界は、ルート営業が非常に大変だと言われています。これらの業界では、商材への理解や専門知識が求められるだけでなく、顧客の信頼を勝ち取るためのコミュニケーション能力も必要不可欠です。また、長期的な関係構築が求められるため、一時的な売上だけでなく、継続的なフォローアップが欠かせません。業界によって、ルート営業の難易度には大きな差があるのです。

女性がルート営業で活躍するために必要なことは?

女性がルート営業で活躍するためには、いくつかの課題を克服する必要があります。ルート営業では、長時間の外回りや重たい商材の運搬など、体力的な負担が大きい面があります。女性は男性に比べて体力面で不利になることもあるため、効率的な営業ルートの組み方や、協力体制の構築が欠かせません。

また、ルート営業では、顧客との信頼関係構築が非常に重要ですが、女性営業職に対する偏見やハラスメントが障壁となることもあります。女性ならではのコミュニケーション力を活かしつつ、適切な距離感を保ち、自分の専門性や商材の価値を丁寧に伝えていくことが求められます。女性がルート営業で活躍するには、周囲の理解と協力、そして本人の強い意志と工夫が不可欠なのです。

ルート営業の求人を探すときの注意点は?

ルート営業の求人を探すときは、いくつかの点に注意が必要です。まず、求人内容をよく確認し、営業目標や勤務条件、給与体系などを詳しくチェックすることが大切です。ノルマが高すぎたり、残業が多かったりする求人は避けましょう。

また、企業の評判や実態についても調査が欠かせません。社員の口コミサイトや関連記事を読み、職場環境や社風、離職率などを確認します。ブラック企業の求人に惑わされないよう、慎重に見極めることが重要です。さらに、営業先の業界や商材について、自分の適性やキャリアプランとの整合性を考えることも必要です。自分に合った企業や業界を選ぶことが、長く活躍するための鍵となるでしょう。

2chでルート営業がきついと話題になっているワケとは?

ルート営業の大変さは、2chでもよく話題に上ります。その背景には、ルート営業特有の厳しい労働環境があります。長時間労働や過度なノルマ、顧客からのクレームなど、肉体的にも精神的にも負担が大きいと言われているのです。

特に、新人営業職の教育や待遇の悪さが問題視されています。十分な研修やサポートもないまま、一人で営業に放り出され、ノルマ未達成の責任を追及される。そんな状況に悩む営業職の嘆きの声が、2chには数多く寄せられています。ルート営業の厳しさは、個人の適性や努力だけでは解決できない、構造的な問題があるのかもしれません。

ルート営業に適性があるかどうかを見極めるポイントは?

ルート営業に適性があるかどうかを見極めるためには、自分の性格や能力を客観的に評価することが大切です。コミュニケーション能力が高く、粘り強さと行動力を兼ね備えている人は、ルート営業に向いている可能性が高いでしょう。

また、数字への責任感や目標達成へのコミットメントも重要なポイントです。売上目標の達成に向けて、自分の行動を常に振り返り、改善できる人は、ルート営業で成果を上げやすいと言えます。一方、コミュニケーションが苦手で、様々な状況への適応力が低い人は、ルート営業に苦戦する可能性が高いでしょう。自分の性格や能力を見つめ直し、ルート営業との相性を冷静に判断することが、適性を見極めるためのカギとなります。


いろんな職業の給料や内容を知りたいなら!

PR:日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

決定版 日本の給料&職業図鑑

ABOUT ME
なまずリーマン
なまずリーマンです。会社員10年目。島根出身で、現在は事業会社(プライム上場)の企画部門で働いています。趣味は散歩と温泉巡りと図書館に行くこときです。このブログでは、会社員としてノウハウやテクニックを共有していきます。よろしくお願いします。