職業紹介 PR

消防設備士は「やめとけ!」そう言われる6つの理由を解説します。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
なまずリーマン

消防設備士はなぜ「やめとけ」と言われるの?!

日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

PR:決定版 日本の給料&職業図鑑


消防設備士は「やめとけ!」と言われる6つの理由

1. 資格取得までの道のりが長く、費用もかかる

消防設備士の資格を取得するためには、膨大な時間と費用が必要となります。まず、受験資格を得るために、最低でも3年以上の実務経験が必要です。この間、関連する業務に従事しながら、専門的な知識と技術を身につけなければなりません。さらに、資格試験に合格するためには、長期間にわたる勉強が欠かせません。専門書や参考書を購入し、講習会や対策セミナーに参加するなど、多くの費用が発生します。

加えて、資格取得後も、定期的な講習会の受講が義務付けられており、継続的な学習が必要です。技術の進歩に合わせて、新しい知識を習得し、スキルを更新していかなければなりません。こうした長期的な努力と経済的な負担を考えると、「やめとけ!」と言われる理由の一つになるでしょう。

2. 仕事のリスクが高く、危険が伴う

消防設備士の仕事は、火災や災害時に重要な役割を果たします。しかし、その一方で、高所での作業や、危険物を扱うことも多く、常にリスクと隣り合わせです。消火設備の点検や整備の際には、高所で作業することが多いため、転落事故のリスクがあります。また、ガス漏れや爆発の危険性がある場所での作業も少なくありません。

さらに、緊急時には、火災現場に駆けつけ、煙や熱にさらされながら、消火活動を行うことも求められます。こうした危険な状況下で冷静に判断し、適切な行動をとることが求められるのです。体力的にも精神的にも大きな負担がかかる仕事であり、「やめとけ!」と言われる理由の一つと言えるでしょう。

3. 不規則な勤務体系と拘束時間の長さ

消防設備士の仕事は、通常のオフィスワークとは異なり、不規則な勤務体系が特徴です。火災や災害は予告なく発生するため、24時間365日、緊急時に対応できる体制を整えておく必要があります。そのため、夜間や休日の勤務も珍しくありません。また、点検や整備の際には、建物の営業時間外に作業を行うことが多いため、深夜や早朝の勤務もあります。

緊急時の対応では、現場に駆けつけてから鎮火するまでに長時間を要することもあり、拘束時間が長くなりがちです。家族との時間や私生活を犠牲にせざるを得ない状況も発生します。こうした不規則な勤務体系と長時間労働は、心身の健康に影響を及ぼす可能性があります。ワークライフバランスを重視する人にとっては、「やめとけ!」と言われる理由になり得ます。

4. 体力的・精神的な負担が大きい

消防設備士の仕事は、体力的にも精神的にも大きな負担がかかります。点検や整備の際には、重量のある機材を運搬したり、狭い場所で作業したりすることが多いため、体力が必要不可欠です。また、火災現場での消火活動では、高温多湿の環境下で重装備を身に着けて行動しなければならず、体力の限界に挑戦することもあります。

精神的な面でも、常に緊張感を持って業務に臨む必要があります。火災や災害時には、人命に関わる重大な判断を下さなければならず、そのプレッシャーは計り知れません。また、現場で目にする惨事や、救助できなかった人々への無力感などは、心に大きな傷を残すことがあります。こうした体力的・精神的な負担の大きさを考えると、「やめとけ!」と言われる理由の一つになるでしょう。

5. 責任の重さと法的リスク

消防設備士は、建物の安全に直結する重要な責任を担っています。火災予防や消火設備の適切な維持管理は、利用者の生命と財産を守るために欠かせません。万が一、点検や整備に不備があり、火災による被害が発生した場合、法的な責任を問われる可能性があります。また、人命に関わる事故が起きた際には、刑事責任を負うこともあり得ます。

こうした重大な責任と法的リスクは、消防設備士にとって大きなプレッシャーとなります。自分の判断や行動が、多くの人々の運命を左右するという事実は、常に心に重くのしかかります。ミスが許されない緊張感の中で働くことになるため、ストレスを感じやすい職業だと言えます。責任の重さと法的リスクを考えると、「やめとけ!」と言われる理由の一つになるでしょう。

6. 社会的評価や処遇の低さ

消防設備士は、建物の安全を支える重要な役割を担っているにもかかわらず、社会的な評価や処遇は必ずしも高くありません。一般の人々の多くは、消防設備士の仕事内容や重要性を理解していないことが多いのです。火災や災害が起きない限り、その存在が注目されることは少なく、日陰の存在になりがちです。

また、他の専門職と比べると、給与水準も必ずしも高いとは言えません。資格取得までに多大な時間と費用を投じたにもかかわらず、その対価が十分に得られないことに不満を感じる人もいます。さらに、キャリアアップの機会も限られており、将来的な見通しが立てづらいのが現状です。こうした社会的評価や処遇の低さは、「やめとけ!」と言われる理由の一つになっているのかもしれません。


消防設備士は「やめとけ」に関連する疑問

消防設備士になると食いっぱぐれる?

消防設備士は、建物の防火・防災設備の点検や維持管理を担う専門職です。資格取得には一定の実務経験と専門知識が必要とされますが、一度資格を取得すれば、建物の安全を守る重要な役割を担うことができます。

ただし、消防設備士の需要は建設業界の動向に左右されるため、景気の変動によっては仕事が不安定になる可能性があります。しかし、法律で定期的な点検が義務づけられている以上、完全に仕事がなくなることはないでしょう。適切なスキルと経験を積めば、食いっぱぐれる心配はないと言えます。

消防設備士を採用しているホワイト企業はあるの?

消防設備士を採用している企業の中には、労働環境や待遇に配慮したホワイト企業も存在します。これらの企業では、従業員の働きやすさを重視し、適切な労働時間管理やワークライフバランスの実現に努めています。

また、資格取得のためのサポートや、定期的な研修の実施など、従業員のスキルアップを支援する制度を設けている企業もあります。消防設備士を目指す人は、求人情報や企業の評判をしっかりと確認し、自分に合ったホワイト企業を見つけることが大切です。

消防設備士は底辺の職業なのか?

消防設備士は、建物の安全を守る重要な役割を担っており、社会に欠かせない専門職の一つです。しかし、世間一般の認知度は必ずしも高くなく、「底辺の職業」というイメージを持たれがちです。

これは、消防設備士の仕事内容や重要性が十分に理解されていないことが一因と言えます。実際には、高度な専門知識と技術が求められる職業であり、建物の安全性を左右する重大な責任を負っています。消防設備士の社会的地位や評価を向上させるためには、その役割や価値を広く伝えていく必要があるでしょう。

消防設備士の仕事は求人が多いの?

消防設備士の仕事は、建物の新築や改修工事の際に必要とされるため、建設業界の動向に大きく影響されます。景気が良く、建設需要が高まっている時期には、消防設備士の求人も増加する傾向にあります。

ただし、景気の変動によって仕事量が安定しないことも事実です。そのため、複数の企業や工事現場を掛け持ちしたり、他の専門分野の資格を取得したりするなど、仕事の幅を広げることが求められます。消防設備士の求人状況は、建設業界の動向と密接に関わっていると言えるでしょう。

消防設備士は人手不足なのか?

近年、建設業界全体では人手不足が深刻化しており、消防設備士も例外ではありません。熟練の技術者の高齢化や若手の入職率の低下などにより、人材の確保が難しくなっています。

特に、大都市圏の建設需要が高まる一方で、地方では人材の流出が進んでいるため、地域によって人手不足の状況は異なります。人手不足を解消するためには、若手の育成や処遇の改善、働き方改革などが求められます。消防設備士の人手不足は、建設業界全体の課題と密接に関連しているのです。

50代の未経験者でも消防設備士になれる?

消防設備士の資格取得には、一定の実務経験が必要とされるため、50代の未経験者がゼロから始めるのは難しいと言えます。ただし、関連する分野での経験や知識があれば、年齢に関係なく挑戦することは可能です。

例えば、建設業界や設備工事の経験者であれば、消防設備士の業務に必要な知識やスキルを身につけやすいでしょう。また、自己学習や専門学校での学習を通じて、必要な知識を習得することも可能です。年齢よりも、学ぶ意欲とバイタリティが重要だと言えます。

消防設備士への転職は40代でも可能?

40代での消防設備士への転職は、関連分野での経験や知識があれば十分に可能です。実際に、建設業界や設備工事の経験を活かして、消防設備士に転職するケースは少なくありません。

ただし、転職にあたっては、必要な資格の取得や実務経験の積み重ねが求められます。また、年齢による体力的な制限や、新たな環境への適応力なども考慮する必要があるでしょう。自分の強みを活かしつつ、年齢に合った働き方を選択することが大切です。

どんな人が消防設備士に向いてる?

消防設備士に向いているのは、何よりも建物の安全と人々の生命を守ることに強い使命感を持っている人です。火災や災害から人々を守るという重大な責任を果たすためには、高い倫理観と強い責任感が不可欠と言えます。

また、消防設備士の業務には、専門的な知識と技術が必要とされます。複雑な設備や機器を扱うため、機械への理解力や論理的思考力が求められるのです。加えて、緊急時には冷静かつ迅速な判断が必要となるため、ストレス耐性や問題解決能力も重要なスキルと言えるでしょう。


いろんな職業の給料や内容を知りたいなら!

PR:日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

決定版 日本の給料&職業図鑑

ABOUT ME
なまずリーマン
なまずリーマンです。会社員10年目。島根出身で、現在は事業会社(プライム上場)の企画部門で働いています。趣味は散歩と温泉巡りと図書館に行くこときです。このブログでは、会社員としてノウハウやテクニックを共有していきます。よろしくお願いします。