職業紹介 PR

研究職は「やめとけ!」そう言われる6つの理由を解説します。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
なまずリーマン

研究職はなぜ「やめとけ」と言われるの?!

日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

PR:決定版 日本の給料&職業図鑑


研究職は「やめとけ!」と言われる6つの理由

1. 不安定な雇用形態と低い待遇

研究職の多くは、任期付きの契約社員や非常勤職員として雇用されています。正規職員になるまでには長い年月を要し、その間は不安定な身分のまま働き続けなければなりません。給与も他の職種と比べて低く、長時間労働が当たり前という環境も少なくありません。

こうした状況では、将来の見通しが立てづらく、生活設計を立てることが難しくなります。結婚や出産、住宅購入などのライフイベントを控えている人にとっては、特に不安が大きいでしょう。安定した雇用と待遇を求める人には、研究職はおすすめできません。

2. 過酷な競争と業績評価

研究職では、常に新しい発見や成果を求められます。競争相手は国内外の優秀な研究者たちであり、彼らとの厳しい競争に勝ち抜かなければなりません。論文の数や質、研究費の獲得額などが業績評価の対象となり、常にプレッシャーとストレスにさらされることになります。

こうした過酷な競争に耐えられる人は限られています。メンタル面での強さが求められるだけでなく、私生活を犠牲にしても研究に打ち込む覚悟が必要です。競争が苦手な人や、ワークライフバランスを重視したい人には向いていない職種だと言えるでしょう。

3. 限られたポストと昇進の機会

研究職では、教授や准教授などの上位職のポストは非常に限られています。多くの研究者がポストを求めて競争しているため、昇進の機会は狭き門となっています。どんなに優れた研究成果を上げても、運や人脈がなければ昇進は難しいのが現状です。

キャリアアップを目指す人にとって、研究職は厳しい道のりが待ち構えています。年齢を重ねるごとに昇進の可能性は低くなり、一定の年齢に達すると、ポストを得られないまま職を失うリスクもあります。キャリア志向が強い人には、他の職種を検討した方が賢明かもしれません。

4. 専門性の高さとキャリアチェンジの難しさ

研究職で身につけたスキルは、非常に専門性が高いものが多くあります。そのため、他の職種へのキャリアチェンジが難しいというデメリットがあります。研究職以外の道を模索しようとしても、専門性が高すぎて適切な職種が見つからないことも珍しくありません。

また、長年研究に携わってきた人は、社会人としての基本的なスキルが不足していることもあります。ビジネスマナーや対人スキル、一般的な企業の業務知識などが身についていないため、研究職以外の職種で活躍することが難しい場合があります。キャリアの選択肢を狭めたくない人は、研究職に進むことを慎重に検討する必要があるでしょう。

5. 研究費獲得の難しさと不安定さ

研究を進めるには、多額の研究費が必要不可欠です。しかし、研究費の獲得は非常に難しく、安定的に確保することは容易ではありません。競争的資金の獲得に失敗すれば、研究の継続が困難になる可能性もあります。

研究費の不安定さは、研究者のモチベーションにも影響を与えます。安定した研究環境が保証されない中で、長期的な研究計画を立てることが難しくなります。研究費獲得に多くの時間とエネルギーを割かれ、本来の研究活動に専念できない状況も生まれかねません。安定した研究環境を求める人には、研究職はおすすめできない職種と言えるでしょう。

6. 社会とのつながりの希薄さ

研究職は、専門的な知識を深く追求する職種です。そのため、一般社会とのつながりが希薄になりがちです。研究の世界に没頭するあまり、社会の動きや変化から遠ざかってしまうことも少なくありません。

また、研究成果が直接社会に役立つことは多くありません。基礎研究の場合、その成果が実用化されるまでには長い年月がかかります。社会貢献への意欲が高い人にとっては、やりがいを感じにくい職種かもしれません。社会とのつながりを大切にしたい人や、自分の仕事が直接社会に役立つことを求める人には、研究職は向いていないと言えるでしょう。


研究職は「やめとけ」に関連する疑問

研究職は企業でつまらないのか?

企業の研究職は、基礎研究よりも応用研究や商品開発に重点が置かれることが多いです。そのため、自分の興味や専門分野と異なる研究をせざるを得ない場合があります。また、研究の方向性が会社の方針によって左右されるため、自由度が低いと感じる人もいるでしょう。

しかし、企業の研究職には、充実した研究設備や資金、学際的な研究チームなどのメリットもあります。個人の価値観や目的に合わせて、研究職の魅力を見出すことが大切だと言えます。

研究職で病むことはあるのか?

研究職は、常に新しい知見を求められる職種です。論文の投稿や研究費の獲得、実験の失敗など、多くのストレス要因が存在します。こうしたプレッシャーに加え、長時間労働や不規則な生活リズムなども重なると、心身の健康を損ねるリスクがあります。

メンタルヘルスを維持するためには、ストレス管理や働き方の見直しが重要です。同僚やメンターとのコミュニケーションを通じて、悩みを共有することも有効でしょう。研究職のストレスと上手に付き合いながら、健康的に研究を続けることが求められます。

研究職に向いている人とは?

研究職に向いている人は、何よりも研究そのものに対する情熱と好奇心を持っている人です。未知の分野に挑戦し、新しい知識を生み出すことにやりがいを感じられる人は、研究職で活躍できる素質があると言えるでしょう。

また、困難に直面しても粘り強く取り組める忍耐力や、複雑な問題を論理的に解決する思考力も重要です。さらに、他の研究者と協力してプロジェクトを進める協調性やコミュニケーション能力も求められます。これらの資質を兼ね備えている人は、研究職に適していると考えられます。

なんjで「研究職はやめとけ」と言われるのはなぜ?

ネット掲示板の「なんj」では、研究職に対する厳しい意見が見られることがあります。その背景には、研究職の厳しい現実があると考えられます。不安定な雇用形態、低い給与、過酷な競争、限られたポストなど、研究職には多くのデメリットが存在します。

こうした現状を踏まえ、「研究職はやめとけ」という警告的なメッセージが発信されているのでしょう。ただし、研究職の難しさを認識した上で、それでも研究への情熱を持ち続ける人にとっては、やりがいのある職種であることも事実です。個人の適性や目的に合わせて、慎重に進路を選択することが大切だと言えます。

メーカーの研究職は楽しいのか?

メーカーの研究職は、基礎研究よりも製品開発に直結した応用研究が中心となります。そのため、自分の研究成果が目に見える形で社会に貢献できるというやりがいを感じる人もいます。また、多様な専門分野の研究者とチームを組んで、学際的な研究に取り組める点も魅力の一つです。

一方で、商品化を重視するあまり、じっくりと腰を据えて研究に取り組めない面もあります。研究の方向性が会社の方針に左右されるため、自由度が低いと感じることもあるでしょう。メーカーの研究職の楽しさは、個人の価値観によって異なると言えます。

知恵袋で「研究職はやめとけ」と言われる理由は?

Yahoo!知恵袋では、研究職の厳しさを指摘する意見が多く見られます。その理由として挙げられるのは、不安定な雇用形態、低い給与、過酷な競争、限られたポストなど、研究職に付きまとうデメリットです。特に、任期付きの職が多く、将来の見通しが立てづらいことが問題視されています。

また、研究費の獲得が難しく、安定的な研究環境が保証されないことも、「やめとけ」と言われる理由の一つです。知恵袋の意見は、研究職の現実を踏まえた上で、慎重な職業選択を促すものと捉えることができるでしょう。ただし、研究そのものへの情熱を持つ人にとっては、困難を乗り越える価値のある職種であることも忘れてはいけません。

研究職は女性にとって難しいのか?

研究職は、長時間労働や不規則な勤務などが求められることが多く、ワークライフバランスを保つことが難しい職種だと言えます。特に、結婚や出産を控えた女性研究者にとって、キャリアと家庭の両立は大きな課題となります。

また、研究職では男性優位の傾向が強く、女性がリーダーシップを発揮しづらい環境もあります。女性研究者のロールモデルが少ないことも、キャリア形成の障壁となっています。こうした課題を解決するためには、組織的な支援体制の整備や意識改革が不可欠です。女性がその能力を十分に発揮できる研究環境を整えることが、重要な課題だと言えるでしょう。

研究職は本当に狭き門なのか?

研究職のポストは限られており、多くの研究者が狭き門をくぐり抜けなければなりません。特に、大学の教授職や研究機関のリーダー職は、狭き門中の狭き門だと言えるでしょう。競争倍率が高く、優れた研究業績や人脈がなければ、ポストを獲得することは難しいのが現状です。

ただし、研究職全体を見れば、企業の研究所や政府機関など、様々な選択肢があります。専門分野によっては、需要が高く、就職の機会に恵まれている場合もあります。研究職が狭き門であることは事実ですが、個人の能力と適性に合わせて、多様なキャリアパスを検討することが大切だと言えるでしょう。


いろんな職業の給料や内容を知りたいなら!

PR:日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

決定版 日本の給料&職業図鑑

ABOUT ME
なまずリーマン
なまずリーマンです。会社員10年目。島根出身で、現在は事業会社(プライム上場)の企画部門で働いています。趣味は散歩と温泉巡りと図書館に行くこときです。このブログでは、会社員としてノウハウやテクニックを共有していきます。よろしくお願いします。