職業紹介 PR

行政書士は「やめとけ!」そう言われる6つの理由を解説します。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
なまずリーマン

行政書士はなぜ「やめとけ」と言われるの?!

日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

PR:決定版 日本の給料&職業図鑑


行政書士は「やめとけ!」と言われる6つの理由

1. 資格取得が難関だと言われている

行政書士の資格取得は、非常に難しいと言われています。合格率は例年10%前後と低く、多くの受験生が何年も挑戦し続けています。試験範囲が広範囲にわたり、法律知識だけでなく、実務的な知識も要求されるため、勉強に多大な時間と労力を要します。

資格取得のために仕事や家庭と両立しながら勉強することは容易ではありません。また、独学で合格するのは難しく、専門学校に通ったり、予備校に通ったりする必要があるため、経済的な負担も大きくなります。このように、行政書士の資格取得には多くの障壁があるため、「やめとけ!」と言われることがあるのです。

2. 開業後の収入が不安定である

行政書士は、開業後の収入が不安定であると言われています。事務所を開設しても、すぐに顧客が集まるわけではありません。行政書士の業務は、主に個人や中小企業を対象としているため、大口の案件が少なく、収入が安定しにくいのです。

また、行政書士の業務は、経済情勢の影響を受けやすいと言われています。景気が悪化すると、個人や中小企業の法的手続きへの需要が減少するため、行政書士の収入も減少する可能性があります。さらに、競合他社との価格競争も激しく、収入を維持するためには、常に営業活動を行う必要があります。このように、行政書士の収入は不安定であるため、「やめとけ!」と言われることがあるのです。

3. 業務範囲が広く、専門性が求められる

行政書士の業務範囲は非常に広く、様々な法律知識が求められます。主な業務としては、各種許認可申請、契約書作成、遺言・相続手続き、外国人関連手続きなどがありますが、これらは法律に基づいた専門的な知識が必要です。

また、行政書士は単なる書類作成だけでなく、依頼者の問題解決のための提案やアドバイスも求められます。そのため、法律知識だけでなく、実務経験や問題解決能力も必要とされます。このように、行政書士の業務は多岐にわたり、高度な専門性が求められるため、「やめとけ!」と言われることがあるのです。

4. 競合他社が多く、顧客獲得が難しい

行政書士は、全国に約5万人もの資格者がいると言われています。そのため、競合他社が多く、顧客獲得が難しいと言われています。特に、大都市部では、行政書士事務所が乱立しており、競争が激しくなっています。

また、行政書士の業務は、司法書士や税理士など他の士業とも競合することがあります。依頼者は、複数の士業に相談することが多いため、行政書士だけでなく、他の士業との差別化も必要です。さらに、インターネットの普及により、行政書士の業務の一部が自動化されるなど、顧客獲得がより難しくなっています。このように、行政書士は競合他社が多く、顧客獲得が難しいため、「やめとけ!」と言われることがあるのです。

5. 仕事量が不安定で、長時間労働になりがち

行政書士の仕事量は、不安定であると言われています。顧客からの依頼は、一時期に集中することが多く、繁忙期と閑散期の差が大きいのです。繁忙期には、多くの案件を抱えることになり、長時間労働になりがちです。

また、行政書士の業務は、期限が決まっていることが多いため、期限に間に合わせるために残業することもあります。さらに、行政書士は、事務所の経営者でもあるため、営業活動や事務作業なども行う必要があります。このように、行政書士の仕事量は不安定で、長時間労働になりがちであるため、「やめとけ!」と言われることがあるのです。

6. ワークライフバランスを保つのが難しい

行政書士は、ワークライフバランスを保つのが難しいと言われています。前述の通り、仕事量が不安定で、長時間労働になりがちであるため、プライベートな時間を確保するのが難しいのです。

また、行政書士は、顧客との信頼関係を築くために、休日や夜間でも対応することがあります。さらに、事務所の経営者であるため、経営に関する悩みを抱えることも多く、ストレスを感じやすいと言われています。このように、行政書士はワークライフバランスを保つのが難しいため、「やめとけ!」と言われることがあるのです。

しかし、行政書士は、社会的に重要な役割を担っている職業であり、やりがいのある仕事でもあります。自分の適性や覚悟を見極めた上で、挑戦することが大切だと言えるでしょう。


行政書士は「やめとけ」に関連する疑問

行政書士の資格を取って良かったと感じる理由とは?

行政書士の資格を取得して良かったと感じる理由の一つに、社会的に意義のある仕事ができることが挙げられます。行政書士は、個人や企業の法的手続きをサポートすることで、社会の円滑な運営に貢献しています。また、資格を取得したことで、法律知識や実務能力が向上し、専門家としての自信ややりがいを得ることができます。

さらに、行政書士の資格を取得したことで、独立開業や転職など、キャリアの選択肢が広がったと感じる人もいます。資格を持っていることで、社会的信用を得ることができ、様々な業界で活躍できる可能性があります。このように、行政書士の資格を取って良かったと感じる理由は様々ですが、社会貢献やキャリアアップなど、個人の価値観に応じたメリットがあると言えるでしょう。

行政書士は食えないというのは嘘なのか?

行政書士は食えないというのは、一概には言えないでしょう。確かに、行政書士の収入は不安定であると言われており、開業当初は苦労することが多いようです。また、競合他社が多いため、顧客獲得に苦戦する可能性もあります。

しかし、行政書士の収入は、事務所の規模や業務内容、経験年数などによって大きく異なります。大都市部の大手事務所に勤務する行政書士は、高い収入を得ている場合もあります。また、独立開業した行政書士でも、顧客からの信頼を得て、安定した収入を得ている人もいます。したがって、行政書士が食えないというのは、一概には言えない嘘であり、個人の努力や能力によって、十分に食べていける職業であると言えるでしょう。

行政書士は最強の資格なのか?

行政書士が最強の資格かどうかは、人によって意見が異なるでしょう。行政書士は、法律に関する幅広い知識を持ち、様々な業務を行うことができる専門家です。また、資格取得の難易度が高いため、一定の専門性や能力を持っていると評価されています。

しかし、他の士業と比較すると、行政書士の業務範囲は限定的であると言えます。例えば、司法書士は不動産登記や商業登記など、行政書士とは異なる専門分野を持っています。また、税理士は税務に特化した専門家であり、行政書士とは異なる強みを持っています。したがって、行政書士が最強の資格かどうかは、個人のニーズや目的によって異なると言えるでしょう。

行政書士の悲惨な実態とは?

行政書士の中には、悲惨な実態を抱えている人もいると言われています。特に、開業当初は顧客獲得に苦戦し、収入が不安定になることが多いようです。また、競合他社との価格競争に巻き込まれ、低価格での受注を強いられることもあります。

さらに、行政書士は、長時間労働になりがちであると言われています。繁忙期には、多くの案件を抱えることになり、休日出勤や残業が常態化することもあります。このような状況では、プライベートな時間を確保するのが難しくなり、心身ともに疲弊してしまう可能性があります。このように、行政書士の中には、収入面でも労働面でも、悲惨な実態を抱えている人がいると言えるでしょう。

行政書士では生活できないのか?

行政書士では生活できないのかどうかは、一概には言えないでしょう。前述の通り、行政書士の収入は不安定であると言われており、特に開業当初は苦労することが多いようです。また、事務所の経営には、多くの費用がかかるため、収入が安定するまでは、生活が厳しくなる可能性があります。

しかし、行政書士の収入は、事務所の規模や業務内容、経験年数などによって大きく異なります。大都市部の大手事務所に勤務する行政書士は、高い収入を得ている場合もあります。また、独立開業した行政書士でも、顧客からの信頼を得て、安定した収入を得ている人もいます。したがって、行政書士では生活できないのかどうかは、個人の努力や能力によって異なると言えるでしょう。

行政書士という職業は恥ずかしいのか?

行政書士という職業が恥ずかしいかどうかは、個人の価値観によって異なるでしょう。確かに、行政書士は、弁護士や税理士などの他の士業と比べると、知名度が低いと言われています。また、事務的な仕事が中心であるため、華やかなイメージがないかもしれません。

しかし、行政書士は、社会的に重要な役割を担っている専門家です。個人や企業の法的手続きをサポートすることで、社会の円滑な運営に貢献しています。また、行政書士の仕事は、法律に基づいた専門的な知識が必要とされるため、一定の専門性や能力が求められます。したがって、行政書士という職業は、決して恥ずかしいものではなく、誇りを持って仕事をしている人も多いと言えるでしょう。

行政書士の仕事をぶっちゃけると?

行政書士の仕事をぶっちゃけると、法律に関する専門的な知識を活かして、個人や企業の様々な法的手続きをサポートすることが中心です。具体的には、各種許認可申請、契約書作成、遺言・相続手続き、外国人関連手続きなどを行います。

また、行政書士の仕事は、事務的な作業が多いと言われています。書類作成や申請手続きなど、デスクワークが中心であるため、外回りや営業活動は少ないかもしれません。さらに、行政書士は、依頼者との信頼関係を築くことが重要であるため、コミュニケーション能力も求められます。このように、行政書士の仕事をぶっちゃけると、法律知識を活かした事務的な仕事が中心であり、依頼者とのコミュニケーションも重要であると言えるでしょう。

司法書士はやめとけと言われる理由は?

司法書士がやめとけと言われる理由の一つに、資格取得の難易度の高さが挙げられます。司法書士試験は、合格率が低く、多くの受験生が何年も挑戦し続けています。また、司法書士の業務は、不動産登記や商業登記など、専門的な知識が必要とされるため、勉強量も多くなります。

さらに、司法書士は、競合他社が多いと言われています。特に、大都市部では、司法書士事務所が乱立しており、顧客獲得が難しくなっています。また、司法書士の業務は、行政書士や土地家屋調査士など、他の士業とも競合することがあります。このように、司法書士はやめとけと言われる理由として、資格取得の難しさや競争の激しさが挙げられます。しかし、司法書士は、不動産や商業登記など、重要な業務を担っている専門家であり、やりがいのある仕事でもあります。


いろんな職業の給料や内容を知りたいなら!

PR:日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

決定版 日本の給料&職業図鑑

ABOUT ME
なまずリーマン
なまずリーマンです。会社員10年目。島根出身で、現在は事業会社(プライム上場)の企画部門で働いています。趣味は散歩と温泉巡りと図書館に行くこときです。このブログでは、会社員としてノウハウやテクニックを共有していきます。よろしくお願いします。