職業紹介 PR

製造業は「やめとけ!」そう言われる6つの理由を解説します。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
なまずリーマン

製造業はなぜ「やめとけ」と言われるの?!

日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

PR:決定版 日本の給料&職業図鑑


製造業は「やめとけ!」と言われる6つの理由

・製造業は将来性がないと言われている
・製造業は3K(きつい、汚い、危険)のイメージが強い
・製造業は賃金が低いと思われがち
・製造業は独自の技術力がないと生き残れない
・製造業は海外移転が進んでおり、国内の雇用が減少している
・製造業は環境問題への対応が求められている

1. 製造業は将来性がないと言われている

製造業は日本の経済を支えてきた重要な産業ですが、近年では将来性がないと言われることが増えています。その理由の一つは、製造業が成熟産業であるということです。日本の製造業は高度経済成長期に急速に発展し、世界的な競争力を持つようになりましたが、現在ではすでに成熟期に入っており、大きな成長が見込めないと考えられているのです。

また、製造業は技術革新のスピードが速く、常に新しい技術や製品を開発していく必要がありますが、日本の製造業は研究開発投資が不足しているとも指摘されています。他国と比べて研究開発費の割合が低く、将来的な競争力の低下が懸念されているのです。製造業が将来性がないと言われるのは、こうした構造的な問題が背景にあると考えられます。

2. 製造業は3K(きつい、汚い、危険)のイメージが強い

製造業は3K(きつい、汚い、危険)のイメージが強く、敬遠される傾向にあります。確かに、製造現場では重労働や長時間労働が求められることが多く、体力的にきつい仕事であるといえます。また、工場では油や化学物質を扱うことが多いため、汚れや臭いがつきものです。

さらに、機械や設備を扱う際には事故のリスクもあり、危険な作業も少なくありません。こうした3Kのイメージが強いため、若者を中心に製造業離れが進んでいるのが現状です。ただし、近年では労働環境の改善や自動化の進展により、従来の3Kのイメージは変わりつつあります。製造業のイメージを改善し、魅力を発信していくことが求められています。

3. 製造業は賃金が低いと思われがち

製造業は賃金が低いというイメージがあり、若者を中心に敬遠される傾向にあります。実際に、製造業の賃金水準は他の産業と比べて低い傾向にあります。特に、中小企業では賃金が低く、人材確保が難しくなっているのが現状です。

しかし、製造業の中でも大手企業では高い賃金を提示しているケースもあり、一概に賃金が低いとは言えません。また、製造業では技能やスキルが重視されるため、経験を積むことで賃金アップが期待できる面もあります。賃金の問題は製造業だけでなく、日本の産業全体の課題でもありますが、製造業の魅力を高めるためにも、賃金水準の改善が求められています。

4. 製造業は独自の技術力がないと生き残れない

製造業では独自の技術力が重要視されており、技術力がないと生き残ることが難しいと言われています。グローバル化が進む中で、海外の企業との競争が激化しており、コストだけでは差別化が難しくなっているためです。

日本の製造業は高品質な製品を生み出す技術力に定評がありますが、近年では新興国の企業も品質を高めており、技術力の差は縮まりつつあります。そのため、日本の製造業は独自の技術力を磨き、他社にはない付加価値を提供していく必要があります。研究開発投資を増やし、イノベーションを起こしていくことが求められています。ただし、中小企業では研究開発投資に充てる余力がないケースも多く、技術力の向上が課題となっています。

5. 製造業は海外移転が進んでおり、国内の雇用が減少している

製造業では海外移転が進んでおり、国内の雇用が減少しているという問題があります。人件費の安い海外に生産拠点を移すことで、コストを抑えようとする企業が増えているためです。特に、中国や東南アジアなどの新興国に生産拠点を移す企業が多くなっています。

その結果、国内の工場が閉鎖されたり、雇用が減少したりするケースが増えています。製造業の海外移転は日本経済にとって大きな問題であり、国内の雇用を維持していくことが課題となっています。ただし、海外移転は企業の競争力を高めるための戦略でもあり、一概に否定することはできません。国内の雇用を維持しつつ、海外展開を進めていくバランスが求められています。

6. 製造業は環境問題への対応が求められている

製造業では環境問題への対応が求められており、環境負荷の低減が重要な課題となっています。製造業は大量の資源やエネルギーを消費し、廃棄物や温室効果ガスを排出するため、環境に与える影響が大きいためです。

近年では、脱炭素社会の実現に向けて、製造業にも環境対策が求められるようになっています。例えば、再生可能エネルギーの導入や省エネルギー技術の開発、廃棄物の削減などが求められています。また、環境規制の強化により、環境対策のコストが増加することも予想されます。製造業は環境問題への対応を迫られており、環境負荷の低減と経済性のバランスを取ることが課題となっています。

ただし、環境問題への対応は製造業にとって新たなビジネスチャンスでもあります。環境配慮型の製品や技術を開発することで、競争力を高めることができるからです。製造業は環境問題への対応を通じて、持続可能な社会の実現に貢献していくことが期待されています。


製造業は「やめとけ」に関連する疑問

製造業は本当に楽すぎるのか?

製造業は単純作業の繰り返しで楽だと思われがち
実際は効率化・コスト削減のプレッシャーが常にある
技術革新への対応も求められ、スキルアップが必須
肉体的にも精神的にもタフさが求められる仕事

製造業は、ベルトコンベアで流れてくる製品を組み立てるだけの単純作業という印象を持たれがちです。確かに、一見すると作業自体は単純に見えるかもしれません。

しかし、実際の製造現場では常に効率化とコスト削減のプレッシャーにさらされています。限られた時間内で、高品質な製品を大量に生産することが求められるのです。また、技術革新のスピードが速い製造業界では、新しい技術やシステムへの対応も欠かせません。スキルアップを怠れば、時代に取り残されてしまうでしょう。肉体的にも精神的にもタフさが求められる、決して楽ではない仕事なのです。

食品製造業はやめとけ、そう言われる理由とは?

衛生管理の徹底が求められ、ミスが許されない
温度管理や鮮度管理など、品質管理が非常に重要
季節や天候による原材料の品質変動にも対応が必要
体力勝負の仕事で、長時間労働が常態化しやすい

食品製造業では、消費者の健康に直結する商品を扱うため、衛生管理の徹底が何よりも重要視されます。ちょっとしたミスが大きな事故や問題につながりかねないため、緊張感を持って仕事に臨む必要があります。

また、原材料の温度管理や鮮度管理など、品質管理にも細心の注意が求められます。季節や天候によって原材料の品質が変動することも多く、その都度適切な対応が欠かせません。加えて、納期に間に合わせるための長時間労働が常態化しやすいのも食品製造業の特徴です。体力勝負の仕事であり、ストレスも大きいと言えるでしょう。

中小製造業がやめとけと言われるのはなぜ?

大手に比べ、資金力や設備投資に限界がある
受注が不安定で、業績の波が大きい
人手不足に陥りやすく、従業員の負担が大きい
技術革新への対応が遅れがちで、競争力を失いやすい

中小製造業は、大手企業に比べて資金力や設備投資に限界があります。最新の機械や技術を導入することが難しく、効率化や品質向上に課題を抱えているケースが少なくありません。

また、受注が安定せず、業績の波が大きいのも中小製造業の悩みの種です。売上が不安定だと、従業員の雇用を維持することも難しくなります。加えて、人手不足に陥りやすく、少ない従業員に多くの負担がかかってしまう傾向にあります。技術革新への対応が遅れがちなのも課題です。大手企業との競争に敗れ、市場から淘汰されるリスクが常につきまとっているのです。

製造業は大卒には向かない?

大卒の知識やスキルを活かせる職種は限られている
現場の作業では学歴よりも経験や体力が重視される
キャリアアップのスピードが遅く、待遇面での伸び悩みも
ただし、研究開発や管理職など、大卒の能力が求められる職種も存在

製造業では、大学で学んだ専門知識やスキルを直接活かせる職種が限られています。現場の作業では、学歴よりも経験値や体力が重視される傾向にあります。

また、キャリアアップのスピードが遅く、待遇面での伸び悩みを感じる大卒者も少なくありません。同期の他業種の友人と比べると、給与や地位の面で差がついてしまうことも珍しくないのです。ただし、研究開発や管理職など、大卒の能力が求められる職種も製造業には存在します。自分の能力を活かせる職種を見つけることが、製造業で働く大卒者には重要だと言えるでしょう。

製造業で働く人の性格が悪いと言われるのはなぜ?

ストレスの多い環境が、性格に影響を与えている可能性
単調な作業の繰り返しが、コミュニケーション能力を低下させるかも
きつい仕事に耐える自負から、強気な態度を取る人もいる
ただし、これらは一部の人の特徴であり、製造業全体に当てはまるわけではない

製造業は、厳しい納期や品質管理への pressure、長時間労働など、ストレスの多い職場環境であることが少なくありません。このようなストレスが、一部の従業員の性格に影響を与えている可能性があります。

また、単調な作業の繰り返しが日常的な製造業では、他者とのコミュニケーションが希薄になりがちです。そのため、コミュニケーション能力が低下し、協調性に欠ける態度を取る人もいるのかもしれません。きつい仕事に耐えているという自負から、強気で威圧的な態度を取る人もいるでしょう。ただし、これらはあくまで一部の人の特徴であり、製造業で働く全ての人に当てはまるわけではありません。製造業にも、明るく前向きな性格の人は大勢います。

なんjで製造業はやめとけと言われるのはなぜ?

匿名掲示板では、ネガティブな意見が目立ちやすい
製造業の大変さを嘆く書き込みが、やめとけという風潮を生んでいるかも
他業種と比べて待遇面で見劣りすることへの不満も要因の一つ
ただし、製造業の魅力を語るポジティブな書き込みも存在する

なんjを始めとする匿名掲示板では、ネガティブな意見が目立ちやすい傾向にあります。製造業の大変さを嘆く書き込みが多くなると、自然と「製造業はやめとけ」という風潮が生まれてしまうのかもしれません。

また、他業種と比べて待遇面で見劣りすることへの不満も、製造業への否定的な意見を後押ししているのかもしれません。給与水準の低さや長時間労働など、製造業の働き方に対する不満の声は根強いです。ただし、製造業のやりがいや魅力を語るポジティブな書き込みも、なんjには一定数存在します。製造業で働く喜びを感じている人も、確実に存在するのです。一部の否定的な意見だけを見て、製造業全体を判断するのは賢明ではないでしょう。

製造業はやめとけ、そう知恵袋で言われるワケ

製造業への質問に、ネガティブな回答が多い傾向がある
厳しい労働環境や低い待遇への不満が、やめとけという意見につながっているかも
自分の経験を一般化して、製造業全体を否定する回答も見られる
ただし、製造業で働くやりがいを伝える回答も一定数存在する

Yahoo!知恵袋では、製造業に関する質問に対して、ネガティブな回答が多く寄せられる傾向があります。厳しい労働環境や低い待遇への不満が、「製造業はやめとけ」という意見につながっているのかもしれません。

また、自分の経験を一般化して、製造業全体を否定的に捉える回答も見受けられます。ただし、製造業で働くやりがいを伝える回答も、一定数存在するのが事実です。ものづくりの喜びや、技術を磨く楽しさを語る声も、知恵袋には投稿されています。一部の否定的な意見だけを見て、製造業全体のイメージを決めつけるのは賢明ではないでしょう。製造業の実態を多角的に理解することが大切です。

女性にとって製造業は働きやすい?

重労働が多く、体力面での負担が大きい
男性中心の職場が多く、女性が働きにくい環境があるかも
ライフイベントとの両立が難しく、キャリアを中断せざるを得ないケースも
ただし、製造業にも女性が活躍できる職種は存在する

製造業には、重量物の運搬や長時間の立ち作業など、体力面での負担が大きい仕事が多く存在します。そのため、体力的に不利な女性にとって、製造業が働きやすい環境とは言えないかもしれません。

また、製造業は伝統的に男性中心の職場が多く、女性が働きにくい雰囲気があるのも事実です。結婚や出産などのライフイベントとの両立が難しく、キャリアを中断せざるを得ないケースも少なくありません。ただし、製造業にも女性が活躍できる職種は存在します。組立や検査など、細かな作業に適した仕事もあります。製造業界でも、女性の活躍を推進する動きが広がりつつあるのは確かです。働きやすい環境づくりが、今後さらに進んでいくことが期待されます。


製造業はやめとけと言われる理由のまとめ

製造業の特徴とやめとけと言われる理由をまとめると、以下のようなポイントが挙げられます。

  • 製造業は単純作業の繰り返しではなく、効率化とコスト削減のプレッシャーが常にある
  • 技術革新のスピードが速く、スキルアップが欠かせない
  • 食品製造業では衛生管理の徹底と品質管理が非常に重要であり、ミスが許されない
  • 中小製造業は資金力や設備投資に限界があり、受注が不安定で人手不足に陥りやすい
  • 大卒者にとって、製造業では専門知識やスキルを活かせる職種が限られている
  • ストレスの多い環境や単調な作業の繰り返しが、一部の従業員の性格に影響を与えている可能性がある
  • 匿名掲示板や知恵袋では、製造業の大変さを嘆くネガティブな意見が目立ちやすい
  • 女性にとって、製造業は体力面での負担が大きく、男性中心の職場環境が働きにくさにつながっているケースがある
  • ただし、製造業にもやりがいを感じている人は多く、女性が活躍できる職種も存在する
  • 製造業の実態を多角的に理解し、自分に合った職種を見つけることが重要

以上の点から、製造業は決して楽な仕事ではないものの、やりがいを感じられる職場であることがわかります。自分の適性や希望を見極めた上で、製造業への就職を検討することが大切だと言えるでしょう。


いろんな職業の給料や内容を知りたいなら!

PR:日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

決定版 日本の給料&職業図鑑

ABOUT ME
なまずリーマン
なまずリーマンです。会社員10年目。島根出身で、現在は事業会社(プライム上場)の企画部門で働いています。趣味は散歩と温泉巡りと図書館に行くこときです。このブログでは、会社員としてノウハウやテクニックを共有していきます。よろしくお願いします。