職業紹介 PR

視能訓練士は「やめとけ!」そう言われる6つの理由を解説します。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
なまずリーマン

視能訓練士はなぜ「やめとけ」と言われるの?!

日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

PR:決定版 日本の給料&職業図鑑


視能訓練士は「やめとけ!」と言われる6つの理由

1. 国家資格取得までの道のりが長く、大変である

視能訓練士になるためには、まず大学または専門学校で3年以上の教育課程を修了し、卒業後に国家試験に合格する必要があります。大学や専門学校での勉強は、解剖学、生理学、病理学、視覚光学など、幅広い分野に及びます。さらに、実習や臨床現場での経験を積むことも求められます。これらの過程を経て、ようやく国家試験に挑戦できるのです。

国家試験に合格するためには、膨大な知識と技術を身につける必要があります。試験範囲は多岐にわたり、合格率も決して高くありません。合格するまでに何年もかかることもあり、その間の経済的・精神的な負担は小さくありません。このように、視能訓練士になるまでの道のりは長く、大変だと言われる理由の一つです。

2. 業務内容が多岐にわたり、責任も重大である

視能訓練士の業務は、単に視力検査を行うだけではありません。眼科医の指示のもと、患者の視機能評価や視覚障害の診断、訓練プログラムの作成と実施など、幅広い業務を担当します。また、弱視や斜視などの視覚障害を持つ子どもたちのケアにも携わります。これらの業務は、患者の生活の質に直結するため、高い専門性と責任感が求められます。

さらに、医療技術の進歩に伴い、視能訓練士に求められる知識や技術も日々更新されています。新しい検査機器の導入や、最新の治療法の習得など、常に学び続ける姿勢が必要とされます。このように、視能訓練士の業務は多岐にわたり、重大な責任を伴うことから、「やめとけ!」と言われることがあるのです。

3. 勤務環境が過酷で、精神的・肉体的なストレスが大きい

視能訓練士の勤務環境は、他の医療職と同様に過酷だと言われています。眼科クリニックや病院での勤務が一般的ですが、患者数が多く、常に時間に追われている状況が多いです。特に、視覚障害を持つ子どもたちを担当する場合、根気強く付き合う必要があり、精神的な負担も大きくなります。

また、検査機器を使用する際には、長時間同じ姿勢を維持する必要があり、肉体的な疲労も蓄積しやすいです。目の疲れや肩こりなどの身体的な症状を訴える視能訓練士も少なくありません。こうした過酷な勤務環境と、それに伴う精神的・肉体的なストレスが、「やめとけ!」と言われる理由の一つとなっています。

4. 仕事とプライベートのバランスを取るのが難しい

視能訓練士の仕事は、患者の予約に合わせたシフト制が一般的です。そのため、土日や祝日も関係なく出勤することが多く、プライベートな時間を確保するのが難しいと言われています。また、緊急の患者対応などで、急な残業や休日出勤を求められることもあります。

こうした不規則な勤務体系は、家庭生活や趣味の時間を犠牲にすることにつながりかねません。特に、子育て中の視能訓練士にとっては、仕事と家庭のバランスを取ることが大きな課題となります。仕事とプライベートのバランスを取るのが難しいことが、「やめとけ!」と言われる理由の一つなのです。

5. キャリアアップの機会が限られている

視能訓練士は、医療職の中でもまだ新しい職種であり、社会的な認知度も高くありません。そのため、他の医療職と比べると、キャリアアップの機会が限られていると言われています。視能訓練士としてのスキルを磨き、専門性を高めることはできますが、管理職になったり、独立開業したりするのは容易ではありません。

また、視能訓練士の職場は眼科クリニックや病院に限られており、他の医療機関への転職も選択肢が少ないのが現状です。このように、キャリアの選択肢が限られていることが、「やめとけ!」と言われる理由の一つとなっています。

6. 精神的にタフでないと務まらない

視能訓練士は、目に見えない心理的な問題を抱えた患者とも向き合う必要があります。特に、視覚障害を持つ子どもたちやその家族のケアには、細やかな心理的サポートが欠かせません。子どもたちの不安や恐れに寄り添い、家族の悩みに耳を傾けることも、視能訓練士の重要な役割です。

しかし、こうした精神的なケアを行うためには、視能訓練士自身が強い精神力を持っている必要があります。患者の心理的な問題に巻き込まれすぎず、適度な距離感を保つことが求められます。また、自分自身のストレスともうまく付き合っていく必要があります。精神的にタフでないと務まらないことが、「やめとけ!」と言われる理由の一つなのです。


視能訓練士は「やめとけ」に関連する疑問

視能訓練士になるには頭が悪いとダメ?

視能訓練士になるには、解剖学や生理学、病理学など幅広い医学知識が必要とされます。また、視覚に関する専門的な知識や技術も不可欠です。しかし、頭の良し悪しだけが視能訓練士になるための決め手ではありません。

大切なのは、学ぶ意欲と努力を惜しまないことです。確かに、勉強量は多く、難しい内容も含まれますが、コツコツと積み重ねていけば、必ず理解できるはずです。また、患者さんとのコミュニケーション能力や、チームワークを大切にする姿勢も重要です。頭の良し悪しよりも、視能訓練士としての適性を見極めることが大切だと言えるでしょう。

視能訓練士の年収はどのくらい?

視能訓練士の年収は、勤務先や経験年数によって異なりますが、おおむね300万円から500万円程度と言われています。新卒の視能訓練士の初任給は、病院勤務で月収20万円前後が相場です。

ただし、視能訓練士は医療職の中でもまだ新しい職種であり、社会的な認知度も高くありません。そのため、他の医療職と比べると、給与水準は低めに設定されている傾向があります。また、キャリアアップの機会も限られているため、大幅な年収アップを期待するのは難しいかもしれません。

40歳からでも視能訓練士になれる?

視能訓練士になるには、大学または専門学校で所定の教育課程を修了し、国家試験に合格する必要があります。年齢制限はないため、40歳からでも視能訓練士を目指すことは可能です。

ただし、40歳以上になると、学費や生活費を稼ぎながら勉強するのは容易ではありません。また、若い学生と一緒に学ぶことへの心理的な抵抗感もあるかもしれません。しかし、人生経験が豊富な分、patients対応力やコミュニケーション能力には強みがあるはずです。年齢にとらわれず、自分のペースで着実に学んでいくことが大切です。

視能訓練士は「やめとけ」?知恵袋の意見は?

インターネットの知恵袋などでは、「視能訓練士はやめとけ」という意見を目にすることがあります。その理由として挙げられるのは、「国家資格取得までの道のりが長い」「業務内容が多岐にわたり責任が重い」「勤務環境が過酷」などです。

確かに、視能訓練士になるまでのハードルは高く、仕事内容も簡単ではありません。しかし、やりがいを感じられる仕事であることも事実です。患者さんの視機能の改善に直接関われるのは、視能訓練士ならではの魅力だと言えます。「やめとけ」という意見もありますが、自分の適性と向き合い、覚悟を持って挑戦する価値は十分にあるでしょう。

視能訓練士の資格なしで働くことはできる?

視能訓練士は国家資格であり、資格なしで視能訓練士として働くことはできません。視能訓練士の業務は、医療行為に関わるものが多く、患者さんの視機能に直接影響を与えます。そのため、一定の知識と技術を担保するために、国家資格が必須とされているのです。

資格なしで眼科クリニックや病院で働く場合は、医療事務や受付業務などに就くことになります。視能訓練士としてのやりがいを求めるなら、国家資格の取得は避けて通れません。

50代でも視能訓練士を目指せる?

視能訓練士になるには年齢制限がないため、50代でも挑戦することは可能です。むしろ、人生経験が豊富な分、患者さんとのコミュニケーションや、チーム医療における調整力などに強みを発揮できるかもしれません。

ただし、50代で視能訓練士を目指す場合、体力面での課題は無視できません。長時間の立ち仕事や、細かい作業が多いため、体調管理には十分注意が必要です。また、学費や生活費を稼ぎながらの学習は、精神的にも肉体的にも負担が大きいでしょう。自分の体力と相談しながら、無理のない計画を立てることが大切です。

視能訓練士になるなら専門学校と大学どちらがおすすめ?

視能訓練士になるためには、大学または専門学校で所定の教育課程を修了する必要があります。どちらを選ぶべきかは、人それぞれの事情によって異なります。

専門学校は、視能訓練士になるために特化したカリキュラムを用意しています。実習の機会も多く、即戦力となる知識や技術を身につけやすいと言えます。また、学費が比較的安く、学習期間も3年程度と短めです。

一方、大学は、より広い視野と深い知識を身につけることができます。医学部や理学療法学部などに視能訓練士養成課程が設置されているケースが多く、他の医療職との連携についても学べます。また、学位が取得できるため、将来的なキャリアアップにつながる可能性もあります。

専門学校と大学、どちらを選ぶべきかは、自分の目的や将来設計によって判断することが大切です。


いろんな職業の給料や内容を知りたいなら!

PR:日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

決定版 日本の給料&職業図鑑

ABOUT ME
なまずリーマン
なまずリーマンです。会社員10年目。島根出身で、現在は事業会社(プライム上場)の企画部門で働いています。趣味は散歩と温泉巡りと図書館に行くこときです。このブログでは、会社員としてノウハウやテクニックを共有していきます。よろしくお願いします。