職業紹介 PR

経理は「やめとけ!」そう言われる6つの理由を解説します。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
なまずリーマン

経理はなぜ「やめとけ」と言われるの?!

日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

PR:決定版 日本の給料&職業図鑑


経理は「やめとけ!」と言われる6つの理由

・長時間労働や残業が多い
・正確性と集中力が求められる
・人間関係が複雑になりがち
・ストレスが高い仕事
・キャリアアップが難しい
・給与水準が低い傾向にある

長時間労働や残業が多い

経理の仕事は、月末や年度末などの繁忙期には長時間労働が避けられません。帳簿の締め切りや決算報告書の作成などに追われ、深夜まで残業することもしばしばです。また、日々の業務でも細かい数字のチェックや伝票の処理に追われ、定時で帰宅できないことが多いのが実情です。

このような長時間労働や過度な残業は、心身の健康を損なうリスクが高くなります。仕事と私生活のバランスを保つことが難しくなり、家族との時間も十分に取れなくなってしまいます。経理の仕事に就く前には、残業の多さを覚悟しておく必要があるでしょう。

正確性と集中力が求められる

経理の仕事は、数字の正確性が何よりも求められます。ちょっとした計算ミスや入力ミスが、大きな損失につながる可能性があるのです。そのため、常に高い集中力を保ち、ミスを防ぐための細心の注意が必要とされます。

また、法律や税制の知識も必須です。複雑な税法や会計基準に対応するために、常に最新の情報をアップデートしていかなければなりません。正確性と集中力、そして専門知識が求められる経理の仕事は、誰にでもできるものではないのです。

人間関係が複雑になりがち

経理の仕事は、社内の様々な部署や取引先とのやり取りが欠かせません。請求書の発行や支払いの催促など、金銭に関わるデリケートな業務も多いため、人間関係が複雑になりがちです。時には、経理の指示に従ってもらえないことや、理不尽なクレームを受けることもあるでしょう。

このような状況に適切に対処するためには、コミュニケーション能力や交渉力が必要不可欠です。経理の仕事は、数字だけでなく、人との関わりも大切になってくるのです。人間関係の構築に苦手意識がある人には、経理の仕事はハードルが高いかもしれません。

ストレスが高い仕事

締め切りに追われる繁忙期のプレッシャー、ミスが許されない正確性へのストレス、複雑な人間関係への対応など、経理の仕事はストレスが高いと言われています。数字との戦いに明け暮れ、心身ともに疲弊してしまう人も少なくありません。

加えて、経理の仕事はミスが許されない分、責任も重大です。もし計算ミスや不正経理などの問題が発生すれば、会社の信用失墜や多額の損失につながりかねません。常に緊張感を持って業務に当たる必要があるため、ストレス耐性が求められる職種だと言えるでしょう。

キャリアアップが難しい

経理の仕事は、一般的にキャリアアップが難しいと言われています。経理部門のポストは限られており、管理職になるためには狭き門をくぐり抜ける必要があるのです。また、経理の専門性を活かせる職種も限定的で、他部門への異動が難しいケースも多いでしょう。

もちろん、経理のスペシャリストとして活躍することは可能ですが、マネジメントを含めたキャリアアップを目指すなら、そのチャンスは限られています。経理の仕事に就く前に、自分のキャリアプランをよく考えておく必要があるかもしれません。

給与水準が低い傾向にある

経理の仕事は、他の職種と比べて給与水準が低い傾向にあります。特に中小企業や非上場企業では、経理担当者の給与は必ずしも高くありません。会社の規模や業種にもよりますが、経理の仕事を選ぶ際には給与面でのデメリットも考慮する必要があるでしょう。

また、経理の仕事は残業が多いにもかかわらず、残業代が適切に支払われないケースも少なくありません。長時間労働に見合った対価が得られないことは、経理担当者のモチベーション低下につながる可能性もあります。給与水準の低さは、経理の仕事を避ける理由の一つとなっているのかもしれません。


経理は「やめとけ」に関連する疑問

・経理をやっていると、頭がおかしくなる?
・2chで話題の「経理はやめとけ」とは?
・男性にとって、経理の仕事に将来性はあるのか
・経理の将来性がないと言われる理由とは
・経理から転職して後悔している人はいるのか
・将来なくなる仕事ランキングに経理が入っている?
・経理の仕事は楽すぎるって本当?
・経理の仕事に役立つ資格にはどんなものがある?

経理をやっていると、頭がおかしくなる?

経理の仕事は細かい数字の集計や計算が中心で、ミスが許されないため、常に緊張感を持って業務に取り組む必要があります。長期間そのようなストレスにさらされることで、精神的に参ってしまう人もいるようです。しかし、適切にストレス管理ができれば、必ずしも頭がおかしくなるわけではありません。経理の仕事に向いているかどうかは、個人の適性によって異なるでしょう。

2chで話題の「経理はやめとけ」とは?

インターネット掲示板の2chでは、「経理はやめとけ」という言葉がよく見られます。この言葉は、経理の仕事のデメリットを強調し、経理への就職を思いとどまらせる意図で使われることが多いようです。長時間労働や残業の多さ、ミスが許されないプレッシャー、給与の低さなどが主な理由として挙げられています。ただし、これはあくまで一部の意見であり、経理の仕事にやりがいを感じている人も多数存在します。

男性にとって、経理の仕事に将来性はあるのか

経理の仕事は、女性の方が向いているというイメージがあるかもしれません。しかし、経理のスキルは性別に関係なく身につけることができます。男性でも、経理の専門知識を習得し、キャリアアップを目指すことは十分に可能でしょう。経理のスペシャリストとして活躍している男性も数多く存在します。経理の将来性は、個人の能力と努力次第で大きく変わってくるのです。

経理の将来性がないと言われる理由とは

経理の仕事は、AIやRPAなどの技術の発展によって、将来的に不要になるのではないかと言われることがあります。確かに、一部の定型業務は自動化される可能性がありますが、経理の仕事には高度な判断力や専門知識が必要とされる部分も多く、完全に機械に置き換えることは難しいでしょう。また、経理のキャリアアップが難しいと指摘される点については、個人の能力次第であり、一概には言えません。

経理から転職して後悔している人はいるのか

経理の仕事に不満を感じて転職した人の中には、後悔している人もいるようです。転職先の仕事内容が想像と違っていたり、経理のスキルが活かせなかったりするケースがあるのです。ただし、経理から他の職種へのキャリアチェンジに成功している人も多数存在します。転職を考える際は、自分の適性や希望をよく見極め、慎重に判断することが大切でしょう。

将来なくなる仕事ランキングに経理が入っている?

将来なくなる可能性が高い職業ランキングに、経理の仕事が含まれていることがあります。AIやRPAの導入によって、経理業務の自動化が進むことが主な理由とされています。しかし、経理の仕事がすべてなくなるわけではありません。経理のプロフェッショナルとして、高度な分析力や意思決定力を発揮できる人材は、これからも必要とされるでしょう。

経理の仕事は楽すぎるって本当?

経理の仕事は、一見すると座り仕事で楽そうに見えるかもしれません。しかし、実際には細かい作業の連続で、常に集中力が求められます。締め切りに追われる繁忙期には、長時間労働も避けられません。また、ミスが許されないプレッシャーや、複雑な人間関係への対応など、精神的な負担も大きいのが実情です。経理の仕事が楽すぎるというのは、表面的な印象に過ぎないのかもしれません。

経理の仕事に役立つ資格にはどんなものがある?

経理の仕事に役立つ代表的な資格として、日商簿記検定や税理士資格などがあります。日商簿記検定は、経理の基礎知識を証明するために重宝されています。特に2級以上の取得が望ましいでしょう。税理士資格は、税務の専門家として活躍するために必要な資格です。他にも、公認会計士や中小企業診断士なども、経理の仕事に活かせる資格と言えます。自分のキャリアプランに合わせて、必要な資格を取得していくことが大切です。


経理はやめとけと言われる理由のまとめ

  • 経理の仕事はストレスが高く、精神的な負担が大きい
  • 「経理はやめとけ」という意見は一部の視点であり、経理の仕事にやりがいを感じている人も多い
  • 経理の将来性は個人の能力と努力次第で変わってくる
  • 経理の仕事は自動化の影響を受けるが、完全になくなるわけではない
  • 経理から他の職種へのキャリアチェンジは、適性や希望をよく見極めることが大切
  • 経理の仕事は楽すぎるという印象は表面的であり、実際には様々な大変さがある
  • 経理の仕事に役立つ資格を取得することで、キャリアアップを目指すことができる

経理の仕事には様々な大変さがありますが、それと同時にやりがいも存在します。重要なのは、自分の適性や希望をよく見極め、必要なスキルを身につけていくことです。経理の世界で活躍するためには、資格取得や自己研鑽が欠かせません。「経理はやめとけ」という意見に惑わされることなく、自分の目標に向かって着実に歩みを進めていきましょう。


いろんな職業の給料や内容を知りたいなら!

PR:日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

決定版 日本の給料&職業図鑑

ABOUT ME
なまずリーマン
なまずリーマンです。会社員10年目。島根出身で、現在は事業会社(プライム上場)の企画部門で働いています。趣味は散歩と温泉巡りと図書館に行くこときです。このブログでは、会社員としてノウハウやテクニックを共有していきます。よろしくお願いします。