テクニック PR

旅行会社への就職は「やめとけ!!」そう言われる6つの理由を解説します。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
なまずリーマン

旅行会社への就職はなぜ「やめとけ」と言われるの?!

PR:日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

決定版 日本の給料&職業図鑑


旅行会社への就職は「やめとけ!」そう言われる6つの理由

給料が安い
残業多い
ストレスが強い
休み少ない
顧客対応大変
業界不安定

【旅行会社への就職は「やめとけ!」と言われる理由1:給料が安い】

旅行会社への就職が「やめとけ!」と言われる理由の一つは、給料が比較的安いことです。一般的に、旅行業界は競争が激しく、利益率が低い傾向があります。そのため、従業員の給与水準も他の産業に比べて低くなることがあります。また、旅行会社の営業やツアーコンダクターなどのポジションでは、歩合制の給与体系が採用されることもあります。この場合、売上成績に応じて給料が変動するため、安定した収入が得られないリスクがあります。さらに、新人や未経験者の場合、給与が低いことも一般的です。そのため、経済的な安定性を求める人にとっては、旅行会社での就職は魅力的ではない場合があります。

【旅行会社への就職は「やめとけ!」と言われる理由2:残業多い】

旅行会社での仕事は、季節や需要によって忙しい時期と閑散期があります。忙しい時期には、残業が頻繁に発生することがあります。特に、ツアーオペレーターや航空券の予約担当など、需要が急増する時には多くの仕事が発生し、残業が必要となることがあります。また、旅行業界はサービス業であり、顧客の要望に柔軟に対応する必要があります。そのため、夜間や週末にも対応することが求められる場合があり、仕事とプライベートのバランスが難しい状況になることもあります。残業が多い状況が続くと、労働時間の長さや疲労によるストレスが増大し、従業員の健康や生活に悪影響を及ぼす可能性もあります。

【旅行会社への就職は「やめとけ!」と言われる理由3:ストレスが強い】

旅行業界は常に変化する市場において競争が激しいため、従業員にとっては常に高いストレスが伴うことがあります。例えば、航空券やホテルの予約などの手配業務では、クライアントや顧客の変更やキャンセルに対応する必要があり、そのたびに緊急の対応が求められることがあります。また、ツアーコンダクターやガイドなどは、予期せぬ事態や天候の変化に対応しなければならず、ストレスを抱えることがあります。さらに、顧客とのコミュニケーションやクレームの処理など、対人関係に関するストレスも大きな要因です。これらの要因により、旅行会社での仕事は精神的にも肉体的にも非常に負担がかかることがあり、それが「やめとけ!」と言われる理由の一つとなります。

【旅行会社への就職は「やめとけ!」と言われる理由4:休み少ない】

旅行会社での仕事は、休みが少ないという点でも厳しいとされることがあります。特に旅行業界は、観光シーズンや休暇シーズンに応じて需要が高まるため、従業員が休みを取りにくい状況が生じることがあります。例えば、夏や年末年始などの長期休暇期間は、旅行需要が急増し、その間は従業員が働かなければならない場合があります。また、急な予約の増加や重要なイベントの実施など、業務上の緊急性がある場合には、休暇を取ることが難しくなることもあります。このような状況下では、従業員は十分な休息を取ることが難しくなり、ストレスや疲労が蓄積しやすくなる傾向があります。そのため、休みの少なさは旅行会社での就職を選択する際の懸念点となります。

【旅行会社への就職は「やめとけ!」と言われる理由5:顧客対応大変】

旅行業界では、顧客対応が非常に大変であり、それが就職を選択する際のデメリットとなることがあります。旅行会社では、顧客からの問い合わせや要望に迅速かつ適切に対応することが求められます。これには、航空券やホテルの予約手配、ツアーの手配、旅程の変更やキャンセルへの対応などが含まれます。顧客とのコミュニケーションは非常に重要であり、時にはクレームや苦情にも迅速かつ適切に対処する必要があります。また、旅行中に発生するトラブルや問題にも即座に対応することが求められるため、従業員はストレスを抱えることがあります。さらに、顧客の要望やニーズは多岐にわたるため、その対応には高い柔軟性と判断力が求められます。このような顧客対応の大変さから、旅行業界での仕事は精神的にも肉体的にも負担が大きいと感じる従業員が少なくありません。

【旅行会社への就職は「やめとけ!」と言われる理由6:業界不安定】

旅行業界は、市場の変動や外部要因によって大きな影響を受けるため、業界自体が不安定であるという点が就職を選択する際のデメリットとして挙げられます。例えば、自然災害や政治的な不安定、経済の不況などが発生すると、旅行需要が急減することがあります。このような状況下では、旅行会社も売上が低下し、業績悪化や組織のリストラなどの対策を取らざるを得なくなる可能性があります。また、競合他社との価格競争や新興企業の台頭なども業界全体の不安定性を増大させる要因となります。このような業界の不安定性は、従業員の雇用安定性やキャリアの安定性にも影響を及ぼし、就職先としての魅力を低下させる要因の一つとなります。

これらの理由から、休みの少なさや顧客対応の大変さ、業界の不安定性などが、旅行会社での就職を選択する際のデメリットとして考えられます。


旅行会社への就職はやめとけに関連する疑問

旅行会社はどんな人に向いてる?
旅行会社に就職すると年収はどうなる?
旅行会社への就職難易度ってどれくらい?
海外旅行会社への就職はどうやって?
旅行会社に就職するための資格は何?
旅行会社への就職、高卒でも大丈夫?
旅行会社への就職、知恵袋でのアドバイスは?
旅行会社での仕事は本当に楽しいの?

『旅行会社はどんな人に向いてる?』

旅行会社での仕事に向いている人は、まず顧客とのコミュニケーション能力が高い人です。顧客の要望やニーズに素早く適切に対応することが求められるため、コミュニケーション能力が重要です。また、柔軟性や忍耐力も必要です。旅行計画は予測不能な要素が多いため、急な変更やトラブルにも柔軟に対応できる能力が求められます。さらに、チームワークや協調性も重要です。旅行業界は複数の部門やスタッフが連携して業務を遂行するため、チームでの協力が不可欠です。また、外国語が堪能な人や地理や文化に関する知識が豊富な人も旅行会社での仕事に向いています。顧客のニーズに応えるためには、異文化に関する理解や情報提供が必要です。

『旅行会社に就職すると年収はどうなる?』

旅行会社での年収は、ポジションや経験、所属する会社の規模や業績などによって大きく異なります。一般的に、営業職やツアーコンダクターなどの役職では、歩合制の給与体系が採用されることがあり、売上成績に応じて給料が変動します。そのため、営業力や実績が収入に直結するため、優秀な営業マンであれば高収入を得ることができる場合もあります。一方で、一般的な事務職やカウンタースタッフなどのポジションでは、固定給や時間給が主体となります。ただし、給与水準は一般的な企業に比べてやや低めの傾向があります。さらに、業界全体の景況や需要の変動によっても年収は変動します。したがって、旅行会社での年収は個人の能力や努力だけでなく、市場の状況や会社の方針にも大きく左右されることを考慮する必要があります。

『旅行会社への就職難易度ってどれくらい?』

旅行会社への就職難易度は、業界全体の景況や求人市場の状況、個々の会社の人員採用計画などによって異なります。一般的には、人気のある旅行会社や大手企業への就職は競争が激しく、選考が厳しい傾向があります。特に営業やツアーコンダクターなどの客商売に従事するポジションは、コミュニケーション能力や営業力が重視されるため、選考はより厳しくなる場合があります。一方で、一般的な事務職やカウンタースタッフなどの裏方業務のポジションでは、応募者数が比較的少ないこともあり、選考は競争が比較的緩やかな場合があります。また、旅行業界は季節や需要に応じて人員を増減させる傾向があるため、採用のタイミングや求人数も変動します。したがって、旅行会社への就職難易度は様々な要因によって左右されるため、個々の状況を踏まえた適切な対策が必要です。

『海外旅行会社への就職はどうやって?』

海外旅行会社への就職を希望する場合、まずはその国の旅行業界や労働市場に関する情報を収集することが重要です。現地の求人情報や採用情報をウェブサイトや求人ポータルサイトで調査し、自分に適したポジションや会社を探します。また、海外での就労には必要なビザや労働許可などの手続きがありますので、それらの条件を確認し、必要な書類を準備します。さらに、外国語のスキルや異文化に対する理解が求められるため、英語や現地言語の能力向上を図ることも重要です。海外旅行会社への就職は、競争が激しい場合がありますので、自己PRや履歴書、面接対策などをしっかりと準備し、自分の魅力をアピールすることが重要です。

『旅行会社に就職するための資格は何?』

旅行会社での仕事には、特定の資格が必須とされることは稀ですが、関連する資格やスキルが役立ちます。例えば、旅行業界で活躍するためには、観光英語検定や旅行業務取扱管理者試験などの資格が有効です。観光英語検定は、英語力を評価し、外国人観光客とのコミュニケーションに役立ちます。一方、旅行業務取扱管理者試験は、旅行業務の法規や知識を問う試験で、旅行業界における基本的なスキルや知識を身につけることができます。他にも、観光やホスピタリティ関連の専門学校での学びや、実務経験があると優位に立つことができます。重要なのは、旅行業界に関心を持ち、お客様のニーズに応えるためのサービス精神やコミュニケーション能力を身につけることです。

『旅行会社への就職、高卒でも大丈夫?』

旅行会社への就職には、大学や専門学校の卒業が必須とされることはありません。高卒でも十分にチャンスがあります。旅行業界は、人々に夢と楽しみを提供する仕事であり、それを実現するためには、高い教育レベルよりも、お客様とのコミュニケーションやサービス精神、柔軟性が重視されます。そのため、高卒でも旅行会社で働くことは十分可能です。自己啓発や業界の知識を深める努力を惜しまず、実務経験を積むことで、キャリアの機会を広げることができます。

『旅行会社への就職、知恵袋でのアドバイスは?』

知恵袋でのアドバイスを参考にする際は、その信憑性や客観性に注意が必要です。一部の回答者は経験や専門知識を持っており、有益なアドバイスを提供していますが、中には根拠のない意見や個人的な経験に基づく情報も含まれます。そのため、複数の意見を比較し、客観的な視点で判断することが重要です。また、旅行業界や就職活動に関する書籍や信頼性の高いウェブサイトから情報を収集し、より幅広い視野を持つことも有益です。

『旅行会社での仕事は本当に楽しいの?』

旅行会社での仕事は、その人の性格や興味によって異なりますが、多くの人にとって楽しいと感じることがあります。旅行業界は、常に新しい出会いや体験があり、お客様に喜んでいただけることがやりがいとなります。また、国内外の観光地や文化に触れる機会も豊富であり、自己成長や価値観の拡大につながることもあります。しかし、忙しい時期やストレスの多い状況もあるため、柔軟性やストレス管理能力も求められます。結局のところ、自分の興味や能力に合った仕事であれば、楽しさを見出すことができるでしょう。


いろんな職業の給料や内容を知りたいなら!

PR:日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

決定版 日本の給料&職業図鑑

ABOUT ME
なまずリーマン
なまずリーマンです。会社員10年目。島根出身で、現在は事業会社(プライム上場)の企画部門で働いています。趣味は散歩と温泉巡りと図書館に行くこときです。このブログでは、会社員としてノウハウやテクニックを共有していきます。よろしくお願いします。