職業紹介 PR

柔道整復師になるのは「やめとけ!」そう言われる6つの理由を解説します。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
なまずリーマン

柔道整復師になるのはなぜ「やめとけ」と言われるの?!

日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

PR:決定版 日本の給料&職業図鑑


柔道整復師になるのは「やめとけ!」と言われる6つの理由

1. 低賃金と長時間労働

柔道整復師の多くは、長時間労働にもかかわらず、低賃金に悩まされています。平均的な柔道整復師の年収は、他の医療関連職種と比較して低く、経験を積んでも大幅な収入増加が見込めないのが現状です。また、柔道整復師は、患者の急な怪我や痛みに対応するため、夜間や休日の勤務が多く、プライベートな時間を確保することが難しくなります。長時間労働と低賃金という働き方は、柔道整復師の仕事に対するモチベーションを下げ、身体的・精神的な負担を増大させます。これらの要因から、柔道整復師という職業は、ワークライフバランスを重視する人にとって、あまり魅力的ではないと言えるでしょう。

2. 限られたキャリアパスと昇進機会

柔道整復師のキャリアパスは限られており、昇進の機会も少ないと言われています。多くの柔道整復師は、開業するか、既存の整骨院に勤務するかの2つの選択肢しかありません。整骨院の経営者になることは、一つのキャリアパスではありますが、経営スキルが求められるため、誰もが適しているわけではありません。また、勤務医としてのキャリアパスも限られており、管理職への昇進機会は少ないのが現状です。このような状況では、柔道整復師としてのスキルを磨いても、キャリアの成長や収入の増加に直結しにくいと言えます。他の医療関連職種と比べて、専門性を活かした多様なキャリアパスが用意されていないことは、柔道整復師を目指す人にとって大きな障壁となるでしょう。

3. 厳しい国家試験と教育課程

柔道整復師になるには、専門学校や大学で3年以上の教育を受け、国家試験に合格する必要があります。柔道整復師国家試験は、毎年合格率が50%前後と非常に難関で、合格するためには相当な努力が求められます。また、教育課程では、解剖学、生理学、病理学など、医学的な知識を深く学ぶ必要があり、勉強量も多くなります。さらに、実技試験では、柔道整復術の技術を評価されるため、日々の練習が欠かせません。厳しい国家試験と教育課程をクリアするためには、強い意志と努力が必要であり、誰もが合格できるわけではありません。柔道整復師を目指す人は、これらの障壁を乗り越える覚悟が必要であり、その過程で挫折する人も少なくないのが現状です。

4. 社会的評価の低さと誤解

柔道整復師は、医療関連職種の中でも社会的評価が低いと言われています。一般的に、柔道整復師は「ボキボキ」や「ゴリゴリ」といったイメージで捉えられがちで、その医学的な知識や技術が正当に評価されていないのが現状です。また、一部の柔道整復師による不正請求や過剰施術などの問題が取り上げられることで、職業全体のイメージが悪化している面もあります。こうした社会的評価の低さや誤解は、柔道整復師のモチベーションを下げ、仕事へのやりがいを損ねる要因になります。また、患者からの信頼を得るためには、常に誠実で適切な施術を心がける必要があり、精神的な負担も大きくなります。社会的評価の向上と正しい理解の促進は、柔道整復師にとって重要な課題であると言えるでしょう。

5. 身体的な負担の大きさ

柔道整復師の仕事は、身体的な負担が非常に大きいと言われています。日々、患者の体に直接触れて施術を行うため、自身の身体も酷使することになります。特に、重量のある患者を扱う際や、強い力を必要とする施術を行う際は、腰や肩に大きな負担がかかります。また、長時間の立ち仕事や、同じ姿勢を維持し続けることで、膝や足への負担も増大します。こうした身体的な負担の蓄積は、柔道整復師自身の健康を脅かす要因になります。腰痛や肩こりなどの症状に悩まされる柔道整復師も少なくありません。長年の仕事で、手指の変形や関節の痛みを抱える人もいます。柔道整復師を目指す人は、自身の身体の健康管理に十分注意を払う必要があるでしょう。

6. 高い開業リスクと経営の難しさ

多くの柔道整復師は、独立開業を目指しますが、開業には高いリスクが伴います。整骨院の開業には、設備投資や人件費など、多額の初期費用がかかります。また、立地や競合状況によっては、患者の確保が難しく、安定した収入を得るまでに時間がかかる場合もあります。経営面での知識やスキルが不足していると、開業後に資金繰りに苦労することもあるでしょう。さらに、柔道整復師の業界は競争が激しく、近隣に同業者が多数存在する地域では、患者獲得のために差別化を図る必要があります。こうした開業リスクと経営の難しさは、柔道整復師にとって大きな障壁となります。開業を目指す柔道整復師は、経営スキルを磨くとともに、十分な準備と覚悟が必要不可欠です。


柔道整復師になるのは「やめとけ」に関連する疑問

理学療法士と柔道整復師、どっちがいい?

理学療法士と柔道整復師は、ともに身体の機能回復を目的とした医療従事者ですが、その役割や専門性には違いがあります。理学療法士は、医師の指示のもと、運動療法や物理療法を用いて、患者の機能回復を支援します。一方、柔道整復師は、主に骨折や脱臼、捻挫などの外傷に対して、徒手的な施術を行います。両者の職域や収入面での違いを理解し、自身の適性や興味に合った職業を選ぶことが重要です。また、両者の協力体制を築くことで、患者により質の高い医療サービスを提供できると考えられます。

柔道整復師は頭が悪いのか?

柔道整復師は、医学的な知識と技術を必要とする専門職であり、決して頭が悪いわけではありません。柔道整復師になるためには、解剖学や生理学などの基礎医学から、柔道整復術の専門知識まで、幅広い学習が必要です。また、国家試験に合格するためには、高い学力と努力が求められます。しかし、一部の柔道整復師による不適切な施術や不正請求などの問題から、そのイメージが悪化している面もあります。柔道整復師の質を向上させ、社会的な評価を高めるためには、教育の充実と倫理観の醸成が不可欠です。

柔道整復師に向いている人とは?

柔道整復師に向いている人は、人との関わりを大切にし、相手の痛みや苦しみに共感できる人です。患者の話に耳を傾け、その症状や状況を的確に把握する能力が求められます。また、解剖学や生理学などの医学的知識に興味を持ち、常に学ぶ姿勢を持つことが重要です。柔道整復術の技術を磨くためには、根気強さと努力が必要不可欠です。さらに、責任感とコミュニケーション能力も欠かせません。自身の適性を見極め、柔道整復師としてのやりがいを感じられるかどうかを考えることが大切です。

柔道整復師は食えないのか?

柔道整復師の収入は、勤務形態や経験年数、開業の有無などによって大きく異なります。一般的に、柔道整復師の平均年収は、他の医療関連職種と比べて低いと言われています。特に、勤務医としての収入は限られており、安定した収入を得るためには、開業するか、経営者として整骨院を運営する必要があります。ただし、開業には初期投資や経営リスクが伴うため、十分な準備と覚悟が必要です。柔道整復師を目指す人は、収入面での現実を理解し、長期的なキャリアプランを立てることが重要です。

柔道整復師が医者気取りをしてもいいのか?

柔道整復師は、医師とは異なる専門職であり、医者気取りをすることは適切ではありません。柔道整復師の業務は、医師の診断や治療方針のもと、主に外傷に対する施術を行うことです。医学的な判断や治療方針の決定は、医師の責任において行われるべきです。柔道整復師が自身の専門性を超えて医者気取りをすることは、患者の健康を脅かす可能性があります。柔道整復師は、自身の役割と責任を理解し、医師との連携を図りながら、患者に最適な施術を提供することが求められます。

女性にとって柔道整復師になるメリットは?

女性にとって柔道整復師になるメリットは、まず、医療関連職種の中では比較的ワークライフバランスが取りやすいことが挙げられます。出産や育児との両立も可能であり、柔軟な働き方ができます。また、患者との信頼関係を築くことで、やりがいを感じられる職業でもあります。女性ならではの細やかな配慮と共感力は、患者の心身のケアに役立つでしょう。さらに、女性の柔道整復師が増えることで、女性患者が安心して施術を受けられる環境づくりにも貢献できます。ただし、身体的な負担が大きいことや、キャリアパスの限界性については、十分に理解しておく必要があります。

柔道整復師はオワコンなのか?

柔道整復師がオワコンであるとは一概に言えません。確かに、近年の医療技術の進歩や他の医療職種との競合により、柔道整復師の役割や需要が変化してきています。また、一部の柔道整復師による不適切な施術や不正請求などの問題が、職業全体のイメージを悪化させている面もあります。しかし、高齢化社会の進展に伴い、運動器疾患を抱える患者は増加傾向にあり、柔道整復師の需要は今後も一定程度見込まれます。柔道整復師が自らの専門性を高め、医療の質を向上させることで、社会的な評価を回復し、職業の発展につなげていくことが重要です。

柔道整復師の闇とは?

柔道整復師の闇とは、主に一部の柔道整復師による不適切な施術や不正請求などの問題を指します。例えば、医学的な根拠に乏しい過剰な施術や、保険制度を悪用した架空請求などが挙げられます。こうした問題は、柔道整復師全体のイメージを悪化させ、社会的な信頼を損ねる要因になっています。また、柔道整復師の教育課程や資格取得の基準が不十分であることも、質の低下を招く一因と言われています。柔道整復師の闇を解消するためには、教育の充実と倫理観の醸成、そして不正行為に対する厳正な対処が不可欠です。業界全体で自浄作用を働かせ、柔道整復師の質を向上させていくことが求められます。


いろんな職業の給料や内容を知りたいなら!

PR:日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

決定版 日本の給料&職業図鑑

ABOUT ME
なまずリーマン
なまずリーマンです。会社員10年目。島根出身で、現在は事業会社(プライム上場)の企画部門で働いています。趣味は散歩と温泉巡りと図書館に行くこときです。このブログでは、会社員としてノウハウやテクニックを共有していきます。よろしくお願いします。