テクニック PR

軽急便の仕事は「やめとけ!!」そう言われる6つの理由を解説します。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
なまずリーマン

軽急便の仕事はなぜ「やめとけ」と言われるの?!

PR:日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

決定版 日本の給料&職業図鑑


軽急便の仕事は「やめとけ!」そう言われる6つの理由

長時間労働:1日の勤務が非常に長い
重労働:荷物が重く、体力を消耗する
低賃金:給料が低いことが多い
事故リスク:交通事故のリスクが高い
休日少ない:休日が少なく、休めないことが多い
精神的圧力:お客様や会社からのプレッシャーが大きい

軽急便の仕事は「やめとけ!」と言われる理由1:長時間労働:1日の勤務が非常に長い

軽急便の仕事は、一日の勤務時間が非常に長いことが多いため、多くの人にとって魅力的な職種ではありません。多くの場合、配達や集荷のために朝早く出勤し、夕方や夜間まで働かなければなりません。これにより、十分な休息や家族との時間を確保することが難しくなります。長時間の労働は、身体的な疲労やストレスを引き起こし、仕事とプライベートのバランスを崩す可能性があります。さらに、長時間労働は安全上の懸念も引き起こし、運転中の疲労や注意散漫さが交通事故につながるリスクが高まります。

軽急便の仕事は「やめとけ!」と言われる理由2:重労働:荷物が重く、体力を消耗する

軽急便の仕事は、荷物が重いため、体力を大量に消耗する重労働として知られています。配達や集荷の際に、大きな荷物や重いパッケージを持ち運ぶ必要があります。これにより、身体的な負担が増加し、長期間続けると体に負担をかけることになります。重労働は怪我や身体の不調の原因となり、業務の効率や品質にも悪影響を及ぼす可能性があります。また、重労働は心身の健康にも悪影響を及ぼす可能性があり、長期的な健康問題を引き起こす恐れがあります。

軽急便の仕事は「やめとけ!」と言われる理由3:低賃金:給料が低いことが多い

軽急便の仕事は、一般的に給料が低いという問題があります。労働者が長時間働いても得られる報酬が少ないため、生活を維持するのが難しい場合があります。低賃金は労働者のモチベーションや満足度を低下させ、仕事に対する意欲や熱意を減少させる要因となります。また、経済的な困難に直面する労働者は、生活水準を維持するために副業を見つけたり、他の高収入の職種に転職したりする可能性があります。これにより、業界全体の労働力が減少し、サービスの品質や効率に影響を与える可能性があります。


軽急便の仕事は「やめとけ!」と言われる理由4:事故リスク:交通事故のリスクが高い

軽急便の仕事は、日々多くの時間を車やバイクで配達地域を移動することが必要です。この移動中には、交通事故のリスクが常につきまといます。急ぎの配達を行うために、スピードを上げたり、信号無視をしたりすることが誘発される可能性があります。また、配達のために建物の駐車場や歩道に停めることもしばしばあり、これが周囲の車や歩行者に対する危険を高める要因となります。その結果、交通事故や接触事故が起こるリスクが高まります。さらに、悪天候や夜間の配達時には、視界の悪さや路面の滑りなどの要因も重なり、事故の可能性が一層高まります。これらのリスクは、従業員だけでなく他の交通参加者にも影響を及ぼし、深刻な結果を招く可能性があります。

軽急便の仕事は「やめとけ!」と言われる理由5:休日少ない:休日が少なく、休めないことが多い

軽急便の仕事は、休日や休憩時間が限られていることが多いという特徴があります。配達業務は一定のスケジュールに沿って行われる必要があり、そのためには週末や祝日などの休日にも働く必要が生じることがあります。また、急な配達要求や荷物の増加により、予定外の残業や休日出勤が発生することもあります。このような状況下では、労働時間が増える一方で休息やリフレッシュの時間が十分に取れないため、身体や精神への負担が増大し、健康への悪影響が懸念されます。さらに、家族や友人との時間が制限されることで、社会的な孤立感やストレスが生じる可能性もあります。

軽急便の仕事は「やめとけ!」と言われる理由6:精神的圧力:お客様や会社からのプレッシャーが大きい

軽急便の仕事では、お客様からの配達時間やサービス品質に関する期待が非常に高いです。また、会社からは定められた配達スケジュールや目標を達成するように要求されることが一般的です。これに加えて、交通渋滞や天候の影響など予期せぬ要因により、配達が遅れることがあります。そのため、従業員は日々、時間との闘いを強いられ、ストレスや不安感を感じることがあります。さらに、お客様からの苦情や不満を受けることもあり、これらの対応にも精神的なエネルギーを消費します。こうした精神的な圧力は、従業員のメンタルヘルスに悪影響を及ぼし、モチベーションの低下やうつ病などの精神的な疾患のリスクを高める要因となります。


いろんな職業の給料や内容を知りたいなら!

PR:日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

決定版 日本の給料&職業図鑑

ABOUT ME
なまずリーマン
なまずリーマンです。会社員10年目。島根出身で、現在は事業会社(プライム上場)の企画部門で働いています。趣味は散歩と温泉巡りと図書館に行くこときです。このブログでは、会社員としてノウハウやテクニックを共有していきます。よろしくお願いします。