職業紹介 PR

パーソナルトレーナーは「やめとけ!」そう言われる6つの理由を解説します。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
なまずリーマン

パーソナルトレーナーはなぜ「やめとけ」と言われるの?!

日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

PR:決定版 日本の給料&職業図鑑


パーソナルトレーナーは「やめとけ!」と言われる6つの理由

収入が不安定
働く時間が長い
身体的にきつい
客の獲得が難しい
職業の安定性が低い
専門知識が必要

パーソナルトレーナーの仕事は「やめとけ!」と言われる理由1:収入が不安定

パーソナルトレーナーの仕事における収入の不安定さは、その職業の大きな課題の一つです。トレーナーの収入は、クライアントの数や彼らの支払い能力に大きく左右されます。クライアントが不規則に来たり、支払いを行わなかったりする場合、トレーナーの収入は一定しません。特に、新規のトレーナーはクライアントを獲得するのに時間がかかるため、最初の数ヶ月は収入が低い場合があります。

また、パーソナルトレーナーは自営業者として働くことが一般的であり、健康保険や年金などの福利厚生が不足していることも収入の不安定さに繋がります。さらに、トレーナーは独自の宣伝やマーケティングを行い、クライアントを獲得しなければなりません。このため、新しいクライアントを獲得するための労力や費用がかかり、収入が不安定になる要因の一つとなっています。

パーソナルトレーナーの仕事は「やめとけ!」と言われる理由2:働く時間が長い

パーソナルトレーナーの仕事は、しばしば長時間の労働を伴います。一般的に、トレーナーはクライアントの都合に合わせて、早朝や遅い夜間にも働かなければなりません。さらに、トレーナーは自己啓発やトレーニング方法の最新情報を追求するために時間を費やす必要があります。これには、学習や勉強会への参加、自身のトレーニングプログラムの開発、および健康や栄養に関する知識の更新が含まれます。

また、トレーナーはクライアントのトレーニング中に常に注意を払い、彼らの安全を確保する責任があります。これには、トレーニング中のフォームや姿勢の監視、適切な重量や運動の選択、およびクライアントが適切な休息を取るようにすることが含まれます。そのため、トレーナーはクライアントの個々のニーズや目標に対応するために、多くの時間を費やす必要があります。

パーソナルトレーナーの仕事は「やめとけ!」と言われる理由3:身体的にきつい

パーソナルトレーナーの仕事は、身体的にもきついものです。トレーナーはクライアントに身体的なトレーニングを提供するだけでなく、自らも常にフィットネスレベルを維持し、クライアントに良い見本を示さなければなりません。これには、重い重量を持ち上げたり、激しい運動を行ったりすることも含まれます。

さらに、トレーナーはクライアントの身体的な制約や健康状態を考慮しながら、適切なトレーニングプログラムを設計しなければなりません。これには、怪我や疾患のリスクを最小限に抑えながら、クライアントが最大の成果を得るためのトレーニング方法を選択することが含まれます。

つまり、パーソナルトレーナーの仕事は、収入の不安定さ、長時間の労働、および身体的な負担など、様々な課題があります。これらの要因を考慮した上で、トレーナーとしてのキャリアを追求するかどうかを慎重に検討することが重要です。

パーソナルトレーナーの仕事は「やめとけ!」と言われる理由4:客の獲得が難しい

パーソナルトレーナーの仕事は、クライアントを獲得することが非常に難しいという現実があります。特に新しいトレーナーにとっては、まだ信頼や実績がないため、クライアントを獲得するのに時間と労力がかかります。競争が激しい市場において、クライアントの信頼を得るためには、他のトレーナーやジムとの差別化が必要です。また、マーケティングやセールススキルも必要とされます。

さらに、一度クライアントを獲得したとしても、彼らの継続的な支持を獲得し続けることが求められます。クライアントの目標やニーズに適切に対応し、成果を提供することができなければ、彼らはトレーナーを変更する可能性が高くなります。

パーソナルトレーナーの仕事は「やめとけ!」と言われる理由5:職業の安定性が低い

パーソナルトレーナーの仕事は、職業の安定性が低いという点で不利な側面があります。トレーナーは自営業者として働くことが一般的であり、クライアントの数や支払い能力に大きく依存しています。そのため、クライアントの流動性や市場の変化によって、収入が大きく変動する可能性があります。

また、ジムやフィットネスセンターで雇われている場合でも、クライアントの離職や施設の経営状況によっては、仕事を失うリスクがあります。このような不安定な職業環境において、生活費や将来の安定を確保することが難しい場合があります。

パーソナルトレーナーの仕事は「やめとけ!」と言われる理由6:専門知識が必要

パーソナルトレーナーの仕事は、専門知識やスキルが必要とされるため、その職業には高いハードルがあります。トレーナーは、身体的なトレーニング方法や栄養学に関する深い知識を持っている必要があります。また、クライアントの個々のニーズや目標に応じて、適切なトレーニングプログラムを設計する能力も求められます。

さらに、トレーナーはクライアントの身体的な制約や健康状態を理解し、それに応じてトレーニングを調整する必要があります。そのため、医学や解剖学などの専門知識も必要とされます。このような高度な知識とスキルを習得するには、時間と労力がかかるため、トレーナーとしてのキャリアを追求するには多大な努力が必要です。

パーソナルトレーナーの仕事には、クライアントの獲得が難しいことや職業の安定性の低さ、専門知識の必要性など、様々な課題があります。これらの課題を克服するためには、継続的な学習と努力が必要です。


パーソナルトレーナーは「やめとけ」に関連する疑問

パーソナルトレーナーの仕事の魅力とメリット
パーソナルトレーナーの離職率はどれくらい?
パーソナルトレーナーは何歳まで働けるのか
パーソナルトレーナーと底辺の関係
パーソナルトレーナーの末路とは
パーソナルトレーナーの結婚事情
彼氏がパーソナルトレーナーの場合
パーソナルトレーナーが遭遇する嫌な客
パーソナルトレーナーの将来性を探る


パーソナルトレーナーの仕事の魅力とメリット

パーソナルトレーナーの仕事には、多くの魅力とメリットがあります。まず第一に、トレーナーは人々の健康やフィットネスの向上に貢献することができます。クライアントの目標達成や健康増進に寄与することで、生活にポジティブな影響を与えることができます。また、トレーナーは柔軟なスケジュールを持ち、自分の時間を管理することができるため、ワークライフバランスを確保することが可能です。さらに、トレーナーはクライアントとのパーソナルな関係を築き、彼らの成功に貢献することで大きな喜びを得ることができます。

パーソナルトレーナーの離職率はどれくらい?

パーソナルトレーナーの離職率は比較的高い傾向にあります。業界によって異なりますが、一般的には初年度の離職率がかなり高いとされています。これは、新人トレーナーがクライアントを獲得するのに苦労し、経済的な不安定さや競争の激しさに直面することが原因です。また、トレーナーが自己啓発やキャリアの成長を求めて他の職業に転換する場合もあります。

パーソナルトレーナーは何歳まで働けるのか

パーソナルトレーナーは年齢に関係なく働くことができます。トレーニングや指導のスキルは経験によって向上し、年齢が上がっても継続的に成長することが可能です。また、トレーナーは自分の健康やフィットネスに常に気を配り、体力や柔軟性を維持することで、長期間にわたって活動することができます。

パーソナルトレーナーと底辺の関係

一部の人々からは、パーソナルトレーナーは底辺の職業と見なされることがあります。これは、一部のトレーナーがクライアントを獲得するのに苦労し、経済的な不安定さや低い給与を経験する場合があるからです。また、トレーナーの仕事は一般的に非常に肉体的にも精神的にもきついため、一部の人々にとっては望ましくない職業と見なされることがあります。

パーソナルトレーナーの末路とは

パーソナルトレーナーの末路は様々です。一部のトレーナーは、長期間にわたって成功を収め、自身のブランドを構築し、クライアントの信頼を得ることができます。しかし、他のトレーナーは、経済的な困難や競争の激しさによって挫折し、他の職業に転換することを選択する場合もあります。パーソナルトレーナーにとっての末路は個々に異なりますが、経験と努力によって成功する可能性が高まります。

パーソナルトレーナーの結婚事情

パーソナルトレーナーの結婚事情は、個々の状況や関係によって異なります。一部のトレーナーは、パートナーとの結婚生活をバランス良く維持できる場合もありますが、仕事の特性上、長時間の勤務や不規則なスケジュールが結婚生活に影響を与えることがあります。また、トレーナーのパートナーが同じ業界に携わっている場合、理解とサポートがあることが重要です。結婚事情は個々のカップルの状況によって異なりますが、コミュニケーションと相互理解が鍵となります。

彼氏がパーソナルトレーナーの場合

彼氏がパーソナルトレーナーの場合、関係は様々な要素によって影響を受ける可能性があります。一部のカップルは、彼氏がトレーナーであることを理解し、その仕事を尊重しサポートすることで、健康的な関係を築くことができます。しかし、一部のカップルは、パーソナルトレーナーの仕事によって生じる時間的な制約やストレスによって関係が損なわれることもあります。彼氏がパーソナルトレーナーの場合、お互いのニーズや期待を理解し、コミュニケーションを重視することが重要です。

パーソナルトレーナーが遭遇する嫌な客

パーソナルトレーナーが遭遇する嫌な客には、様々なタイプが存在します。一部のクライアントは、トレーナーの指示やアドバイスを無視し、自身の目標やニーズに合わない行動を取ることがあります。また、一部のクライアントは、トレーナーに対して無礼や侮辱的な態度をとることがあります。さらに、クライアントのモチベーションやコミットメントが低い場合も、トレーナーがストレスや挫折感を経験する原因となります。嫌な客に遭遇した場合、トレーナーは冷静に対応し、プロフェッショナリズムを保つことが重要です。

パーソナルトレーナーの将来性を探る

パーソナルトレーナーの将来性は、市場の需要や個々の能力によって異なります。一部のトレーナーは、成功を収めて自身のブランドを構築し、クライアントの信頼を得ることで、安定したキャリアを築くことができます。また、トレーナーは専門知識やスキルを継続的に向上させ、新しいトレンドや技術に適応することで、将来性を高めることができます。しかし、競争が激しい業界であるため、トレーナーは常に市場の動向を把握し、自己啓発に努める必要があります。


いろんな職業の給料や内容を知りたいなら!

PR:日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

決定版 日本の給料&職業図鑑

ABOUT ME
なまずリーマン
なまずリーマンです。会社員10年目。島根出身で、現在は事業会社(プライム上場)の企画部門で働いています。趣味は散歩と温泉巡りと図書館に行くこときです。このブログでは、会社員としてノウハウやテクニックを共有していきます。よろしくお願いします。