職業紹介 PR

未経験から施工管理へ転職は「やめとけ!」そう言われる6つの理由を解説します。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
なまずリーマン

未経験から施工管理へ転職はなぜ「やめとけ」と言われるの?!


未経験から施工管理へ転職は「やめとけ!」と言われる6つの理由

・未経験者が施工管理に転職するのは難しい
・建設業界特有の知識や資格が必要とされる
・現場経験がないと採用されにくい
・体力的にきつい仕事である
・責任が重く、ストレスが多い
・労働時間が長く、休日が少ない

1. 建設業界特有の知識や資格が必要とされる

施工管理の仕事には、建設業界特有の専門知識や資格が必要とされます。建築士や施工管理技士などの資格を取得するには、長期間の学習と実務経験が求められます。未経験者にとって、これらの知識や資格を短期間で習得することは非常に難しいでしょう。

また、建設業界には独特の用語や慣習があり、これらを理解していないと現場での円滑なコミュニケーションが取れません。未経験者が建設業界の常識を身につけるには、相当な努力と時間が必要になります。

2. 現場経験がないと採用されにくい

施工管理の仕事は、現場での実践的な経験が非常に重視されます。設計図通りに工事を進め、品質や安全性を確保するには、現場での問題解決能力や判断力が求められるからです。未経験者の場合、これらの能力を証明するのが難しく、採用されにくい傾向にあります。

また、施工管理の仕事は、現場の職人さんとのコミュニケーションが重要です。職人さんとの信頼関係を築くには、現場の雰囲気や職人さんの気質を理解している必要があります。未経験者にとって、これらを短期間で習得するのは容易ではありません。

3. 体力的にきつい仕事である

施工管理の仕事は、体力的にかなりきつい仕事です。現場での立ち仕事が多く、長時間の労働が求められます。また、夏場は炎天下での作業もあるため、熱中症のリスクもあります。未経験者にとって、この体力的な負担に耐えられるかどうかは大きな課題となります。

さらに、施工管理の仕事は精神的にもストレスが多い仕事です。工期や品質、安全性などに対する責任が重く、常にプレッシャーと向き合う必要があります。未経験者がこのようなストレスに適応できるかどうかは、個人差が大きいでしょう。

4. 責任が重く、ストレスが多い

施工管理の仕事は、工事の品質や安全性に対する責任が非常に重大です。万が一、事故や不具合が発生した場合、施工管理者としての責任を問われる可能性があります。未経験者にとって、この重圧に耐えられるかどうかは大きな不安材料となります。

また、施工管理の仕事は、様々な関係者との調整が必要不可欠です。発注者や設計事務所、職人さんなど、多くの人々との折衝が求められます。未経験者にとって、これらの関係者とスムーズにコミュニケーションを取ることは、かなりの困難が伴うでしょう。

5. 労働時間が長く、休日が少ない

施工管理の仕事は、労働時間が長く、休日が少ないのが一般的です。工期に間に合わせるため、残業や休日出勤が多くなります。未経験者にとって、このような長時間労働に適応できるかどうかは大きな課題です。

また、施工管理の仕事は、プライベートな時間を確保しにくい仕事でもあります。急な現場トラブルや設計変更など、予定外の仕事が入ることも多いです。未経験者が仕事とプライベートのバランスを取ることは、かなり難しいでしょう。

6. キャリアアップのハードルが高い

施工管理の仕事は、キャリアアップのハードルが高い仕事です。一人前の施工管理者になるには、多くの現場経験と専門知識が必要とされます。未経験者が短期間でキャリアアップを目指すのは、かなり難しいでしょう。

また、施工管理の仕事は、年功序列の色が強い業界でもあります。若手の施工管理者が、ベテランの職人さんをまとめるのは容易ではありません。未経験者がキャリアアップを目指すには、長い年月と忍耐力が必要になります。

以上の理由から、未経験から施工管理への転職は「やめとけ!」と言われることが多いのです。しかし、建設業界に強い興味があり、覚悟を持って挑戦する人もいます。未経験からでも、努力次第で施工管理者として活躍することは可能です。ただし、その道のりは平坦ではないことを理解しておく必要があるでしょう。


未経験から施工管理へ転職は「やめとけ」に関連する疑問

・施工管理の仕事は意外と楽だと思っている人もいる
・2chでは施工管理への転職を「やめとけ」と忠告する声が多い
・施工管理に向いていない人の特徴とは
・施工管理を辞めてよかったと感じる人の理由
・施工管理の仕事は女性にとってきつい面がある
・「施工管理はやめとけ」と忠告するベテランの存在
・施工管理職でもホワイト企業は存在する
・女性が施工管理の仕事で活躍するためのポイント

施工管理は意外と楽な仕事なのか?

施工管理の仕事は、外から見ると重労働というイメージがあります。しかし、実際に施工管理の仕事をしている人の中には、「意外と楽だ」と感じている人もいます。これは、施工管理の仕事が、肉体労働ではなく、頭を使う仕事だからです。

ただし、施工管理の仕事が楽だと感じるのは、ある程度の経験を積んだ後の話です。未経験者にとって、施工管理の仕事は、専門知識や経験が必要な難しい仕事です。楽だと思って安易に転職するのは避けた方が良いでしょう。

2chでは施工管理への転職を「やめとけ」と忠告する理由とは?

インターネットの掲示板である2chでは、施工管理への転職を「やめとけ」と忠告する声が多く見られます。その理由は、施工管理の仕事が、未経験者にとって非常にハードルが高いからです。

施工管理の仕事には、建設業界特有の知識や資格が必要とされます。また、現場経験がないと採用されにくく、体力的にもきつい仕事です。さらに、責任が重く、ストレスも多いと言われています。こうした理由から、2chでは施工管理への転職に否定的な意見が多いのです。

施工管理に向いてない人の特徴とは?

施工管理の仕事に向いていない人の特徴として、以下のようなことが挙げられます。

・コミュニケーション能力が低い
・責任感が欠けている
・体力がない
・ストレス耐性が低い

施工管理の仕事は、現場の職人さんとの円滑なコミュニケーションが必要不可欠です。また、工事の品質や安全性に対する責任も重大です。体力的にきつい上に、ストレスも多い仕事です。こうした特性に合わない人は、施工管理に向いていないと言えるでしょう。

施工管理を辞めてよかったと感じる人が多いのはなぜ?

施工管理の仕事を辞めてよかったと感じる人が多いのは、仕事のきつさに耐えられなかったからです。施工管理の仕事は、長時間労働が当たり前で、休日も少ないのが一般的です。また、現場でのトラブルや設計変更など、予定外の仕事も多いです。

こうした過酷な労働環境に適応できず、心身ともに疲弊してしまう人が少なくありません。仕事とプライベートのバランスを取ることが難しく、家庭生活にも支障をきたすこともあります。施工管理を辞めてよかったと感じる人の多くは、こうした理由から、別の仕事に転職したのでしょう。

施工管理の仕事が女性にとってきついのはなぜ?

建設業界は男性中心の業界であり、施工管理の仕事も女性にとってはきついと言われています。その理由は、体力的な面と精神的な面の両方にあります。

体力的には、現場での立ち仕事が多く、重い物を運ぶこともあるため、女性にとっては負担が大きいです。また、現場のトイレが男性用しかないことも多く、女性にとっては不便です。

精神的には、男性社会である建設業界で、女性が働きづらい雰囲気があります。男性の下で働くことへの抵抗感や、性的な嫌がらせを受けることへの不安など、女性特有のストレスがあるのです。

「施工管理はやめとけ」と忠告するベテランの意見とは?

建設業界のベテランの中には、未経験者に対して「施工管理はやめとけ」と忠告する人がいます。その理由は、施工管理の仕事が、未経験者にはハードルが高すぎるからです。

ベテランの目から見ると、施工管理の仕事には、長年の経験と専門知識が必要不可欠です。また、現場の職人さんとの信頼関係を築くには、現場の雰囲気を理解していることが重要です。未経験者がこれらを短期間で習得するのは、非常に難しいと考えているのです。

さらに、施工管理の仕事は、責任が重大で、ストレスも多いため、覚悟を持って取り組む必要があります。安易な気持ちで転職すると、すぐに挫折してしまうかもしれません。「施工管理はやめとけ」と忠告するベテランは、そうした未経験者の失敗を防ぎたいと考えているのでしょう。

施工管理職でもホワイト企業は存在するのか?

建設業界はブラック企業が多いというイメージがありますが、施工管理職でもホワイト企業は存在します。ホワイト企業の特徴は、以下のようなことが挙げられます。

・労働時間が適切で、休日も確保されている
・残業代がきちんと支払われる
・有給休暇が取得しやすい
・福利厚生が充実している
・社員の教育や育成に力を入れている

こうした企業では、施工管理者の働き方も改善されています。ただし、ホワイト企業はまだ少数派であり、建設業界全体の労働環境を改善するには、まだまだ時間がかかりそうです。

女性が施工管理の仕事で活躍するためには?

施工管理の仕事は、女性にとってハードルが高いのは事実です。しかし、女性でも施工管理の仕事で活躍している人は確かに存在します。女性が施工管理で活躍するためのポイントは、以下のようなことが挙げられます。

・体力づくりを怠らない
・専門知識を身につける
・コミュニケーション能力を磨く
・男性社会に臆することなく、自分の意見を主張する
・女性ならではの視点を活かす

女性が施工管理の仕事で活躍するには、男性以上の努力が必要かもしれません。しかし、女性ならではの細やかな気配りや、コミュニケーション能力を活かせば、施工管理の仕事で十分に力を発揮できるはずです。性別に関係なく、誰もがやりがいを感じられる職場づくりが望まれます。


未経験から施工管理へ転職はやめとけと言われる理由のまとめ

・未経験から施工管理へ転職することは、建設業界特有の知識や資格、現場経験が必要とされるためハードルが高い。
・施工管理の仕事は体力的にきつく、責任が重くストレスも多いため、向いていない人が多い。
・女性にとって施工管理の仕事はさらにきついが、女性ならではの視点を活かせば活躍できる可能性がある。
・施工管理職でもホワイト企業は存在するが、まだ少数派である。

施工管理への転職は、覚悟を持って挑戦する必要がある。ただし、適性や働く環境によっては、やりがいを感じられる仕事であることも事実だ。未経験者は、自分に合っているかどうかよく見極めることが大切である。


いろんな職業の給料や内容を知りたいなら!

PR:日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

決定版 日本の給料&職業図鑑

ABOUT ME
なまずリーマン
なまずリーマンです。会社員10年目。島根出身で、現在は事業会社(プライム上場)の企画部門で働いています。趣味は散歩と温泉巡りと図書館に行くこときです。このブログでは、会社員としてノウハウやテクニックを共有していきます。よろしくお願いします。