プログラミング PR

vbaは「やめとけ!」そう言われる6つの理由を解説します。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
なまずリーマン

vbaはなぜ「やめとけ」と言われるの?!


vbaは「やめとけ!」と言われる6つの理由

・VBAは古い技術で、最新のプログラミング言語に比べて機能が限られている
・VBAはMicrosoft Officeにのみ対応しているため、他のプラットフォームで使えない
・VBAのコードは可読性が低く、メンテナンスが難しい
・VBAにはセキュリティ上の脆弱性が存在する
・VBAの学習リソースは少なく、コミュニティのサポートも得にくい
・VBAを使ったプロジェクトは、他の言語に移行するのが困難である

VBAは古い技術で機能が限られている

VBA(Visual Basic for Applications)は、1993年にMicrosoft社によって開発されたプログラミング言語です。当時としては画期的な技術でしたが、現在では古い言語の部類に入ります。最新のプログラミング言語と比較すると、VBAには機能面での制限が多くあります。

例えば、オブジェクト指向プログラミングへの対応が不十分であったり、外部ライブラリの利用が制限されていたりします。また、言語仕様自体が古いため、コードの可読性や保守性に問題があります。VBAを使ったプロジェクトを長期的に運用していくことは、技術的な面でも困難が伴うでしょう。

VBAはMicrosoft Officeにのみ対応している

VBAは、Microsoft Office(Excel、Word、Access、PowerPointなど)上で動作するプログラミング言語です。そのため、VBAで作成したプログラムは、Microsoft Office環境でしか動作させることができません。

他のプラットフォームやアプリケーションで使用することはできないのです。この制限により、VBAの汎用性は大きく損なわれています。ビジネスにおいては、様々なシステムやツールを連携させる必要がありますが、VBAではそれが難しいのです。他の言語であれば、Webアプリケーションやモバイルアプリとの連携も可能ですが、VBAではそのような選択肢が限られてしまいます。

VBAのコードは可読性が低く、メンテナンスが難しい

VBAのコードは、一般的に可読性が低いと言われています。言語仕様が古いことに加え、制限された構文やオブジェクト指向の概念が不十分であることが原因です。コードが複雑になると、理解するのが難しくなり、保守性が低下します。

また、VBAにはコーディング規約やベストプラクティスが確立されていないため、個人の習慣に依存したコードになりやすいのです。このような状況では、プロジェクトの引き継ぎやメンテナンスが困難になります。コードの修正や機能追加に時間がかかり、バグが発生するリスクも高まるでしょう。長期的なプロジェクトの運用を考えると、VBAは避けるべき選択肢だと言えます。

VBAにはセキュリティ上の脆弱性が存在する

VBAには、セキュリティ上の脆弱性が存在することが知られています。VBAのマクロ機能を悪用して、ウイルスやマルウェアを仕込むことが可能なのです。感染したOffice文書を開くだけで、マクロが自動的に実行され、PCが侵害されてしまう危険性があります。

この問題に対処するために、Microsoft社はマクロの実行を制限するセキュリティ設定を提供していますが、ユーザーが設定を変更してしまうケースも少なくありません。また、VBAの脆弱性を突いた新手の攻撃手法が登場するたびに、対策が後手に回ってしまうのが現状です。セキュリティの観点からも、VBAの使用は避けるべきでしょう。特に、不特定多数のユーザーが利用する環境では、VBAのリスクは大きいと言えます。

VBAの学習リソースは少なく、コミュニティのサポートも得にくい

VBAは、現在では廃れつつあるプログラミング言語の一つです。そのため、VBAの学習リソースは他の言語に比べて少なく、入門者にとって学習の障壁となっています。書籍やオンラインチュートリアルも限られており、体系的に学ぶことが難しい状況です。

また、VBAのコミュニティは小さく、活発とは言えません。プログラミングの過程で問題に直面した際、コミュニティから適切なサポートを得ることが難しいのです。スタックオーバーフローなどの質問サイトでも、VBAに関する質問は少なく、回答が得られないケースが多いでしょう。新しい言語を学ぶ際には、学習リソースの充実度とコミュニティの活発さが重要ですが、VBAはその点で劣っていると言わざるを得ません。

VBAプロジェクトの他言語への移行は困難

VBAで開発されたプロジェクトを、他のプログラミング言語に移行することは非常に困難です。VBAの言語仕様や構文は独特であり、他の言語との互換性が低いためです。コードの構造や依存関係が複雑な場合、移行作業は膨大な工数を要します。

また、VBAはMicrosoft Officeと密接に関係しているため、他の環境に移行する際には、Officeの機能を代替する方法を検討する必要があります。この点でも、移行の障壁は高くなってしまいます。VBAプロジェクトの規模が大きくなればなるほど、移行のコストとリスクは増大するでしょう。将来的な拡張性や柔軟性を考慮すると、VBAを採用することは避けるべきだと言えます。


vbaは「やめとけ」に関連する疑問

・会社でマクロを使うと禁止されるのはなぜ?
・OfficeからVBAがなくなるって本当?
・仕事でマクロを使ったら怒られる理由とは
・なぜVBAスキルは評価されないのか
・VBAエンジニアの年収は低いのか
・VBAはプログラミングではないと言われる理由
・VBAを仕事で使うメリットとデメリット
・VBAができる人が少ない原因は何?

会社でマクロを使うと禁止されるのはなぜ?

多くの会社では、セキュリティ上の理由からマクロの使用が禁止されています。マクロを悪用したウイルスやマルウェアが存在し、それらがOffice文書を介して広がる危険性があるためです。また、マクロを使ったプログラムは可読性が低く、メンテナンスが難しいという問題もあります。

会社としては、セキュリティリスクを最小限に抑え、業務の効率化と安定運用を優先する必要があるのです。そのため、マクロの使用を禁止し、代替となるツールや方法を推奨することが一般的です。

OfficeからVBAがなくなるって本当?

近年、MicrosoftはOfficeのクラウド版であるOffice 365に力を入れており、VBAの位置づけが変化しつつあります。将来的にVBAが完全になくなるという確証はありませんが、Microsoftは新しい開発ツールとしてOffice Add-insを推奨しています。

Office Add-insは、JavaScript、HTML、CSSを使って開発できるため、よりモダンなアプリケーション開発が可能です。VBAに代わる選択肢として注目されており、今後はOffice Add-insへの移行が進むと予想されます。

仕事でマクロを使ったら怒られる理由とは

仕事でマクロを使うと怒られる主な理由は、セキュリティリスクとメンテナンスの難しさです。マクロを悪用した攻撃により、会社の機密情報が流出したり、システムが損傷したりする可能性があります。また、マクロを使ったプログラムは可読性が低く、引き継ぎや修正が困難です。

会社としては、これらのリスクを避けるために、マクロの使用を制限しているのです。代わりに、セキュリティが確保され、メンテナンスしやすい方法を推奨しているのです。

なぜVBAスキルは評価されないのか

VBAスキルが評価されない主な理由は、VBAが古い技術だからです。VBAは1993年に開発されたプログラミング言語で、現在では機能面での制限が多くあります。また、VBAはMicrosoft Officeでしか使えないため、汎用性が低いのです。

企業は、より汎用性が高く、モダンな技術スキルを求めています。例えば、Python、JavaScript、Javaなどの言語は、幅広い分野で活用されており、高い需要があります。VBAに特化するよりも、これらの言語をマスターする方が、キャリアアップにつながるでしょう。

VBAエンジニアの年収は低いのか

VBAエンジニアの年収は、他のプログラミング言語のエンジニアと比べると低い傾向にあります。これは、VBAの需要が低く、専門性が高くないことが理由です。VBAは、主にOfficeアプリケーションの自動化に使われるため、業務の一部として使用されることが多いのです。

一方、Python、Java、C++などの言語は、幅広い分野で活用されており、専門的なスキルとして認識されています。これらの言語のエンジニアは、高度な問題解決能力や設計力が求められ、それに見合った報酬が与えられるのです。

VBAはプログラミングではないと言われる理由

VBAがプログラミングではないと言われる理由は、VBAがOfficeアプリケーションに特化した言語だからです。VBAは、Officeの機能を拡張するためのマクロ言語であり、汎用的なプログラミング言語とは異なります。また、VBAにはオブジェクト指向の概念が不十分で、モダンなプログラミングの手法が適用しにくいのです。

プログラミングというと、一般的にはアプリケーション開発やシステム構築を指します。それには、データ構造やアルゴリズム、設計パターンなどの知識が必要です。VBAは、これらの概念を深く学ぶ必要がないため、プログラミングとは呼ばれにくいのです。

VBAを仕事で使うメリットとデメリット

VBAを仕事で使うメリットは、Officeアプリケーションの自動化により業務効率が向上することです。例えば、Excelの複雑な処理を自動化することで、作業時間を大幅に短縮できます。また、VBAは学習コストが比較的低く、Officeユーザーであれば比較的容易に習得できます。

一方、デメリットとしては、セキュリティリスクとメンテナンスの難しさが挙げられます。VBAのマクロを悪用した攻撃に対して、常に注意が必要です。また、VBAのコードは可読性が低く、引き継ぎや修正が困難です。長期的な運用を考えると、VBAに依存するのは避けるべきでしょう。

VBAができる人が少ない原因は何?

VBAができる人が少ない原因は、VBAの人気が低下していることです。VBAは、Officeアプリケーションに特化した言語であり、汎用性が低いため、学習する人が減っているのです。また、VBAの学習リソースや教材が少ないことも、学習者の減少に拍車をかけています。

企業も、VBAよりも汎用性の高い言語を採用する傾向にあります。Python、JavaScript、VBAなどの言語は、様々な分野で活用されており、ニーズが高いのです。そのため、VBAのスキルを持つ人材よりも、これらの言語のスキルを持つ人材の方が求められているのが現状です。


vbaはやめとけと言われる理由のまとめ

  • VBAは古い技術であり、機能面での制限が多く、セキュリティ上の脆弱性もある
  • VBAはMicrosoft Officeに特化しているため、汎用性が低く、他の言語への移行が困難
  • VBAのコードは可読性が低く、メンテナンスが難しいため、長期的な運用には不向き
  • VBAの学習リソースは少なく、コミュニティのサポートも得にくい
  • VBAスキルは市場で評価されにくく、VBAエンジニアの年収は低い傾向にある
  • VBAは業務効率化のツールとしては有用だが、将来的には他の言語への移行が推奨される

VBAは、Microsoft Officeアプリケーションの自動化において長年にわたり重要な役割を果たしてきました。しかし、技術の進歩とともに、VBAの限界が明らかになってきています。セキュリティ上の脆弱性、機能面での制限、コードの可読性の低さなど、VBAには多くの問題点があります。また、VBAがOfficeに特化しているため、他の環境への移行が困難であることも、大きなデメリットと言えるでしょう。

現在、企業はよりモダンで汎用性の高いプログラミング言語を求めています。Python、JavaScript、Javaなどの言語は、幅広い分野で活用されており、大きな需要があります。VBAに特化するのではなく、これらの言語をマスターすることが、エンジニアとしてのキャリアアップにつながるでしょう。ただし、VBAができる人材は、業務効率化のためのノウハウを持っているはずです。そのスキルを新しい言語に活かすことで、より高い評価を得られるでしょう。VBAに固執するのではなく、時代に合った技術を学び、適応していくことが、これからのエンジニアに求められる姿勢だと言えます。


いろんな職業の給料や内容を知りたいなら!

PR:日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

決定版 日本の給料&職業図鑑

ABOUT ME
なまずリーマン
なまずリーマンです。会社員10年目。島根出身で、現在は事業会社(プライム上場)の企画部門で働いています。趣味は散歩と温泉巡りと図書館に行くこときです。このブログでは、会社員としてノウハウやテクニックを共有していきます。よろしくお願いします。