職業紹介 PR

作業療法士は「やめとけ!」そう言われる6つの理由を解説します。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
なまずリーマン

作業療法士はなぜ「やめとけ」と言われるの?!

日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

PR:決定版 日本の給料&職業図鑑


作業療法士は「やめとけ!」と言われる6つの理由

・身体的・精神的に過酷な仕事
・給与が低い
・社会的認知度が低い
・キャリアアップの機会が少ない
・医療事故のリスクがある
・休日が少なく、不規則な勤務時間

1. 身体的・精神的に過酷な仕事

作業療法士は、身体的・精神的障害を抱える患者のリハビリテーションを支援する仕事です。患者の状態に合わせて、適切な運動や作業を提供し、日常生活動作の改善を目指します。しかし、この仕事は身体的にも精神的にも非常に過酷です。

患者の体を支えながらの運動指導や、重度の障害を持つ患者の介助などは、体力的にかなりの負担となります。また、患者の状態によっては、感情的な対応が必要となることもあり、精神的にもストレスが溜まりやすい職業です。こうした身体的・精神的な負担の大きさから、「作業療法士はやめとけ」と言われることがあるのです。

2. 給与が低い

作業療法士は、医療・福祉の現場で重要な役割を担っているにもかかわらず、その給与水準は決して高いとは言えません。特に、新卒の作業療法士の初任給は他の医療職と比べても低く、経験を積んでもなかなか給与が上がらないのが現状です。

また、作業療法士の多くは、病院や施設に勤務しており、その多くが非営利組織であるため、営利企業と比べると給与水準が低くなる傾向にあります。こうした低い給与水準から、「作業療法士はやめとけ」と言われることがあります。金銭的な面でのやりがいを求める人には、作業療法士は不向きな職業と言えるかもしれません。

3. 社会的認知度が低い

作業療法士は、リハビリテーションの現場で重要な役割を果たしているにもかかわらず、その社会的認知度は低いと言わざるを得ません。一般の人々は、作業療法士の仕事内容や役割について十分に理解していないのが現状です。

また、医療・福祉の現場でも、他の医療職と比べると作業療法士の存在感は小さいと言えます。doctor や看護師ほどの注目を集めることはなく、その専門性や重要性が十分に認識されていないのです。こうした社会的認知度の低さから、「作業療法士はやめとけ」と言われることがあります。社会的な評価を得にくい職業であることは確かです。

4. キャリアアップの機会が少ない

作業療法士は、医療・福祉の現場で専門的な知識と技術を持って働いている職業ですが、そのキャリアアップの機会は決して多くありません。他の医療職と比べると、昇進・昇格の機会が限られており、管理職になることも難しいと言えます。

また、作業療法士として独立開業することも容易ではありません。開業に必要な資金や設備、人脈などのハードルが高く、独立開業できる人は一部に限られます。こうしたキャリアアップの機会の少なさから、「作業療法士はやめとけ」と言われることがあります。長期的なキャリア形成を考えると、作業療法士は不利な面があるのは確かです。

5. 医療事故のリスクがある

作業療法士は、患者の身体に直接触れて治療やリハビリテーションを行う職業であり、医療事故のリスクが常につきまといます。患者の状態を見誤ったり、不適切な運動を行わせたりすることで、患者に怪我をさせてしまう可能性があるのです。

また、作業療法士は、患者の個人情報を扱う機会も多く、情報漏洩のリスクもあります。こうした医療事故や情報漏洩は、作業療法士個人の責任問題にとどまらず、所属する病院や施設の信頼を損なう大きな問題になりかねません。このようなリスクの高さから、「作業療法士はやめとけ」と言われることがあります。

6. 休日が少なく、不規則な勤務時間

作業療法士は、患者のリハビリテーションを担当する仕事であるため、休日が少なく、不規則な勤務時間となることが多いです。病院や施設では、土日や祝日も関係なく、患者の治療やケアを行う必要があります。

また、患者の状態によっては、夜間や早朝のリハビリテーションが必要になることもあり、勤務時間も不規則になりがちです。こうした休日の少なさや不規則な勤務時間は、プライベートな時間を確保しにくく、家族との時間を持ちにくいという問題があります。ワークライフバランスを重視する人にとっては、作業療法士は厳しい職業と言えるでしょう。こうした理由から、「作業療法士はやめとけ」と言われることがあるのです。


作業療法士は「やめとけ」に関連する疑問

・作業療法士は学生には向いてない?
・作業療法士の離職率はどれくらい?
・作業療法士は「やめとけ」と知恵袋で言われる理由
・作業療法士が「辞めたい」と2chで嘆く理由とは?
・作業療法士をやめて良かったという人の声
・理学療法士も「やめとけ」と言われるのはなぜ?
・作業療法士は本当に底辺な職業なのか?
・作業療法士の数が少ない理由を探る

作業療法士は学生には向いてない?

作業療法士を目指す学生の中には、その仕事内容や職場環境について不安を感じる人もいるでしょう。体力的にもメンタル的にもタフさが求められる職業であり、向き不向きがあることは確かです。

しかし、作業療法士の仕事にやりがいを感じ、適性を持っている学生も多くいます。自分の適性を見極め、現場の声を聞いて総合的に判断することが大切です。

作業療法士の離職率はどれくらい?

作業療法士の離職率は、他の医療職と比べても高い傾向にあります。特に、新卒の作業療法士の離職率は高く、過酷な労働環境や低賃金が原因として指摘されています。

離職率の高さは、作業療法士不足の一因にもなっており、職場環境の改善や待遇の見直しが求められています。

作業療法士は「やめとけ」と知恵袋で言われる理由

インターネットの知恵袋では、「作業療法士はやめとけ」という意見が見られることがあります。その理由として、低賃金、肉体的・精神的な負担の大きさ、社会的認知度の低さなどが挙げられています。

ただし、これらは個人の意見であり、作業療法士の仕事にやりがいを感じている人も多くいます。知恵袋の意見を鵜呑みにせず、多角的な情報収集が必要です。

作業療法士が「辞めたい」と2chで嘆く理由とは?

2chでは、作業療法士が「辞めたい」と嘆く書き込みが見られることがあります。その理由として、過酷な労働環境、低賃金、キャリアアップの難しさなどが挙げられています。

一方で、辞めたいと思いつつも、患者との関わりにやりがいを感じて続けている作業療法士もいます。職場環境や待遇の改善が望まれる状況です。

作業療法士をやめて良かったという人の声

作業療法士を辞めて別の仕事に就いた人の中には、「やめて良かった」と感じている人もいます。肉体的・精神的な負担から解放されたことや、自分に合った仕事に出会えたことを理由に挙げています。

ただし、作業療法士を辞めることは簡単な決断ではありません。自分の適性や将来のキャリアプランをよく考えた上で、慎重に判断する必要があります。

理学療法士も「やめとけ」と言われるのはなぜ?

理学療法士も、作業療法士と同様に「やめとけ」と言われることがあります。その理由として、過酷な労働環境、低賃金、社会的認知度の低さなどが挙げられています。

ただし、理学療法士の仕事にやりがいを感じている人も多くいます。自分の適性を見極め、現場の声を聞いて総合的に判断することが大切です。

作業療法士は本当に底辺な職業なのか?

作業療法士は、医療・福祉の現場で重要な役割を果たしている職業です。患者の自立支援や生活の質の向上に貢献しており、底辺な職業とは言えません。

ただし、社会的認知度の低さや待遇の面での課題があることは事実です。作業療法士の専門性や重要性を社会に広く伝えていくことが求められています。

作業療法士の数が少ない理由を探る

日本における作業療法士の数は、他の医療職と比べると少ない状況にあります。その理由として、養成校の数の少なさ、社会的認知度の低さ、離職率の高さなどが指摘されています。

作業療法士の数を増やすためには、養成校の充実、待遇の改善、社会的認知度の向上などの取り組みが必要です。作業療法士の専門性や重要性を社会に広く伝えていくことが求められています。


作業療法士はやめとけと言われる理由のまとめ

  • 作業療法士は肉体的・精神的な負担が大きく、向き不向きがある職業である。
  • 作業療法士の離職率は高く、特に新卒者の離職率が高い。
  • インターネット上では「作業療法士はやめとけ」という意見が見られることがあるが、個人の意見であり多角的な情報収集が必要。
  • 作業療法士が「辞めたい」と感じる理由には、過酷な労働環境、低賃金、キャリアアップの難しさなどがある。
  • 作業療法士を辞めて良かったと感じる人もいるが、慎重な判断が必要。
  • 理学療法士も同様の理由で「やめとけ」と言われることがある。
  • 作業療法士は重要な役割を果たしており、底辺な職業ではないが、社会的認知度や待遇の面での課題がある。
  • 作業療法士の数が少ない理由には、養成校の数の少なさ、社会的認知度の低さ、離職率の高さなどがある。
  • 作業療法士の専門性や重要性を社会に広く伝えていくことが求められている。

いろんな職業の給料や内容を知りたいなら!

PR:日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

決定版 日本の給料&職業図鑑

ABOUT ME
なまずリーマン
なまずリーマンです。会社員10年目。島根出身で、現在は事業会社(プライム上場)の企画部門で働いています。趣味は散歩と温泉巡りと図書館に行くこときです。このブログでは、会社員としてノウハウやテクニックを共有していきます。よろしくお願いします。