テクニック PR

総務は「やめとけ!」そう言われる6つの理由を解説します。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
なまずリーマン

総務はなぜ「やめとけ」と言われるの?!

日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

PR:決定版 日本の給料&職業図鑑


総務は「やめとけ!」と言われる6つの理由

地味な仕事
キャリアアップが難しい
専門性が身につかない
残業が多い
ストレスが高い
給料が低め

総務は「やめとけ!」と言われる理由1:地味な仕事

総務の仕事は、会社の日常業務を円滑に進めるために欠かせない存在です。しかし、その役割は目に見えづらく、地味な作業が多いことから、総務の仕事はあまり注目されがちではありません。社内の備品管理、事務用品の発注、会議室の予約管理、来客対応などの作業は、会社の運営に必要不可欠ですが、華やかさは感じられません。このような地味な業務を日々こなすことで、総務は会社を支える縁の下の力持ちとなっています。

とはいえ、地味な仕事は必ずしも悪いことではありません。むしろ、地味だからこそ、細かい作業にも気が付き、ミスを減らすことができます。また、地味な仕事を通して、会社の業務全体を把握することができ、総合的な視点を身につけることができます。さらに、地味な仕事にもプロ意識を持って臨めば、効率化や改善の機会が生まれ、新たな価値を生み出すことも可能です。

総務は「やめとけ!」と言われる理由2:キャリアアップが難しい

総務部門は、会社の中核業務を直接担っているわけではないため、キャリアアップの機会が限られがちです。総務の仕事は、会社の基盤を支えるサポート業務であり、その役割が評価されづらいことが原因の一つです。また、専門性の高い分野と比べると、総務の仕事は一般的な業務が中心となるため、スキルアップの機会が少ないと考えられています。

しかし、キャリアアップの難しさは、総務部門に限ったことではありません。どの部門においても、自らの力で道を切り拓く必要があります。総務部門で培った経験や知識を活かし、自己研鑽に努めることが重要です。例えば、人事や総務の資格を取得したり、プロジェクトマネジメントの知識を身につけたりすることで、キャリアアップの可能性が広がります。また、総務部門で培った業務全体を俯瞰する視点は、管理職や経営者になる際に大きな強みとなります。

総務は「やめとけ!」と言われる理由3:専門性が身につかない

総務の仕事は幅広い業務を扱うため、特定の専門分野に特化することが難しいと言われています。総務部門では、人事、労務、総務、経理、法務などさまざまな業務を担当しますが、それぞれの領域で高度な専門知識を身につけるのは容易ではありません。

しかし、専門性がないからといって、総務の仕事に価値がないわけではありません。むしろ、総務は会社全体を俯瞰する視点を持っているからこそ、重要な役割を担っています。総務は、各部門の連携を図り、会社全体の業務を円滑に進めるための調整役として機能しています。また、総務部門は、新入社員の教育や研修の企画など、人材育成にも深く関わっています。

専門性がないと考えるのではなく、総務の強みは「幅広い知識と視野」にあると捉え直すことが大切です。総務の仕事を通して培った経験と視点は、将来的に管理職や経営者を目指す上で大きな財産となります。総務の仕事には、会社の基盤を支える重要な役割があるのです。

総務は「やめとけ!」と言われる理由4:残業が多い

総務部門は、会社の日常業務を支える重要な役割を担っているため、残業が多くなりがちです。会議や行事の準備、備品の発注や管理、来客対応など、総務の仕事は終業時間を気にせず対応しなければならない場合が多々あります。また、人事や労務関連の業務も総務が担当することが多く、この分野の業務は期限や時間外労働に縛られることが少なくありません。

残業が多いことは、プライベートな時間が削られるだけでなく、心身の健康にも影響を及ぼす可能性があります。しかし、総務部門における残業は、会社の業務を円滑に進めるために必要不可欠なものです。総務担当者は、業務の優先順位をつけ、効率的に作業を進めることが求められます。

また、上司や経営陣は、総務の残業実態を把握し、適切な人員配置や業務の見直しを行うことが重要です。残業が過剰にならないよう、総務部門の業務負荷を適正化することが必要不可欠です。総務の仕事は地味ですが、会社の基盤を支える重要な役割なのです。

総務は「やめとけ!」と言われる理由5:ストレスが高い

総務の仕事は、会社全体の調整役を担っているため、ストレスが高くなりがちです。総務は、各部門のニーズをすり合わせ、会社全体の利益を最大化するよう努める必要があります。しかし、部門ごとの優先事項が異なることから、利害対立が生じ、調整に難航することもあります。

また、総務は、社内外のさまざまな人々と接することから、人間関係によるストレスも避けられません。上司や同僚、部下、取引先、来客など、多様な立場の人々と円滑なコミュニケーションを図る力が求められます。

さらに、総務の業務は幅広く、期限の厳しい業務も多いため、作業量の多さからくるストレスも無視できません。備品発注、会議室予約、各種申請書類の管理など、細かな作業が山積みになることで、精神的な負担が高まります。

しかし、ストレスを上手に解消する方法を身につけることで、総務の仕事をより円滑に遂行できるようになります。コミュニケーション力を磨き、優先順位をつけて業務を進めることが重要です。また、趣味や運動などでリフレッシュする時間を確保し、心身のケアに努めることが欠かせません。

総務は「やめとけ!」と言われる理由6:給料が低め

総務部門の給与水準は、他の部門と比べると低めに設定されがちです。その理由の一つは、総務の業務が直接的な利益につながりにくいと考えられていることです。営業部門や技術部門は、売上や製品開発に直結するため、それらの部門の貢献度が高く評価される傾向にあります。一方、総務は会社の基盤を支える役割ですが、その成果が目に見えづらいことから、給与面での評価が低くなりがちなのです。

また、総務の仕事は一般的な事務作業が中心となるため、専門性が低いと見なされることも給与水準が低めの理由の一つです。高度な専門知識や技術を必要とする職種ほど、給与が高くなる傾向があります。

しかし、総務の仕事は決して軽視されるべきではありません。総務なくして会社の円滑な運営は成り立ちません。総務の役割を適切に評価し、従業員のモチベーションを維持するためにも、給与水準の見直しが求められます。また、総務の業務範囲を明確化し、専門性を高めることで、給与アップにつなげることも可能でしょう。


総務は「やめとけ」に関連する疑問

総務の魅力とメリット
総務は無能の集まりなのか
中小で総務はしんどい
総務の仕事が多すぎる
総務に将来性はあるのか
総務は誰でもできる仕事なのか
総務で病むことはあるのか
総務は楽しい仕事なのか
総務は勝ち組といえるのか

総務の魅力とメリット

総務の仕事は地味で目立たない面もありますが、会社の基盤を支える重要な役割を担っています。総務の魅力の一つは、会社全体を俯瞰できる立場にあることです。総務は、各部門の業務を横断的に把握し、調整する役割を果たします。このため、経営全体を見渡す視点と、部門間の調整力が身に付きます。

また、総務の業務は多岐にわたるため、さまざまな分野の知識と経験を積むことができます。人事、労務、経理、法務など、さまざまな専門領域に関わることで、幅広い視野を持つことができるのが総務の魅力です。

さらに、総務は会社の顔ともいえる部門です。来客対応や会議運営、行事の企画などを通じて、社内外の人々とコミュニケーションを図る機会が多くあります。このような経験から、コミュニケーション力やホスピタリティ精神が養われます。

総務の仕事は決して目立たない存在ではありません。会社の根幹を支え、様々な部門と連携しながら業務を遂行する総務には、重要な役割と魅力があるのです。

総務は無能の集まりなのか

総務が「無能の集まり」と見なされがちな理由の一つは、総務の業務が一般的な事務作業が中心であり、高度な専門性が求められないと考えられていることにあります。しかし、この認識は誤りです。

確かに、総務の業務には一般事務作業が含まれますが、それ以上に重要な役割があります。総務は、会社全体の業務を俯瞰し、各部門の調整役を担っています。このため、幅広い知識と経験、コミュニケーション力が求められます。総務の仕事は決して単純な事務作業だけではありません。

また、総務には専門性が身に付く分野も多くあります。人事・労務、経理、法務などの分野では、高度な知識と実務経験が必要不可欠です。さらに、総務は会社の顔ともいえる部門であり、来客対応やホスピタリティにも長けている必要があります。

総務の仕事は目に見えづらい部分が多いため、その重要性が過小評価されがちですが、会社の基盤を支える存在であることに変わりありません。総務に携わる人々は、決して無能な集まりではなく、会社運営に欠かせない重要な役割を担っているのです。

中小で総務はしんどい

中小企業における総務の仕事は、大企業に比べて業務負荷が大きく、しんどさを感じやすい面があります。その理由の一つは、中小企業の総務部門は人員が少ないことが挙げられます。大企業では総務業務を複数の担当者で分担できますが、中小企業では1人または少人数で幅広い業務を抱える必要があります。

また、中小企業の総務は、大企業に比べて業務範囲が広がりがちです。人事、労務、経理、法務、庶務など、さまざまな分野の業務を一手に引き受けなければならない場合が多くあります。専門性が分散されるため、知識とスキルを身につけるのが難しくなります。

さらに、中小企業の総務は、経営層との距離が近いため、上司からの要求にストレスを感じやすい環境にあります。意思決定プロセスが短く、総務に対する理解が十分でない場合、過剰な業務が押し付けられる可能性もあります。

しかし、こうしたしんどさは、中小企業の総務ならではの魅力でもあります。幅広い業務を経験できることで、総合的な視野が身に付きます。また、経営層と近い立場にあるため、経営の実態を肌で感じることができ、貴重な経験を積むことができます。中小企業の総務は、大変な面もありますが、その分、やりがいのある仕事でもあるのです。

総務の仕事が多すぎる

総務の仕事が多すぎると感じられる理由の一つは、総務部門が担う業務範囲の広さにあります。総務は、人事・労務、経理、法務、庶務など、会社の基盤となる様々な分野の業務を担当しています。このため、一人の総務担当者が抱える業務量が多くなりがちです。

また、総務は会社全体の調整役を担っているため、各部門からの要求に応える必要があります。部門ごとの優先事項が異なることから、総務は様々な要望をすり合わせる調整作業を行わなければならず、作業負荷が増える傾向にあります。

さらに、総務の業務には期限の厳しい作業が多く含まれます。備品発注、会議室予約、各種申請書類の管理など、スケジュール通りに処理しなければならない作業が重なると、業務が滞りがちになります。

しかし、仕事が多すぎるという認識は、総務業務の効率化と適正化によって改善が可能です。まずは業務の棚卸しを行い、優先順位をつけることが重要です。また、部門間の連携を密にし、総務の業務負荷を適正化することも必要不可欠です。さらに、ITツールの活用により、業務の効率化を図ることができます。

総務の仕事は確かに幅広く、業務量も多い面があります。しかし、上手な業務管理と部門間の連携により、適正な業務量を維持することが可能です。総務の役割は会社の基盤を支えるものであり、過剰な業務は避けるべきなのです。

総務に将来性はあるのか

総務部門には将来性があると言えます。総務は会社の基盤を支える重要な役割を担っており、その存在価値は高いからです。総務の経験を通じて身につく幅広い知識と視野は、将来的に管理職や経営者を目指す上で大きな強みとなります。

具体的には、総務で培った以下のような力が、将来の活躍につながります。

・会社全体を俯瞰する視点
・部門間の調整力
・コミュニケーション力
・人材育成の経験
・人事・労務、経理、法務などの専門知識

総務の仕事は地味で目立たない面もありますが、会社運営の根幹を支えています。この経験は、将来的にリーダーシップを発揮する上で重要な財産となるのです。

また、総務部門には専門性の高い分野も多くあります。人事・労務、経理、法務などの分野では、高度な知識と実務経験が不可欠です。これらの専門性を身につけることで、キャリアアップの可能性が広がります。

さらに、最近ではコーポレートガバナンスの重要性が高まっていることから、総務の役割が見直されつつあります。総務は、法令順守やリスク管理などのガバナンス体制の構築にも関わっており、今後ますますその存在価値が高まるでしょう。

総務の仕事は決して行き止まりではありません。総務で培った経験と知識を活かせば、様々な分野で活躍の場が広がるはずです。総務に将来性があるかどうかは、本人次第と言えるでしょう。

総務は誰でもできる仕事なのか

多くの人が「総務は誰でもできる仕事」と考えがちですが、これは誤解です。総務の仕事は決して簡単なものではありません。確かに、一般的な事務作業は含まれますが、それ以上に重要な役割があるからです。

総務は、会社全体の業務を俯瞰し、各部門の調整役を担っています。このため、幅広い知識と経験、コミュニケーション力が求められます。単に事務作業をこなすだけでは、総務の役割を果たせません。

また、総務には専門性の高い分野も多くあります。人事・労務、経理、法務などの分野では、関連する法令や制度に関する高度な知識が不可欠です。これらの専門知識を身につけるには、相当の努力が必要となります。

さらに、総務は会社の顔ともいえる存在です。来客対応やホスピタリティにも長けている必要があり、社交性と気配りの心が求められます。単に事務作業ができるだけでは不十分なのです。

総務の仕事は、目に見えづらい部分が多いため、その重要性が過小評価されがちですが、会社の基盤を支える存在であることは間違いありません。総務の仕事は誰でもできるようなものではなく、一定の資質と経験が必要不可欠なのです。

総務で病むことはあるのか

総務の仕事は、ストレスが高くなりがちであり、病むリスクがあることを認識しておく必要があります。総務で病むケースの背景には、以下のような要因が考えられます。

  1. 残業が多い
    会社の業務を支える役割から、残業が避けられない状況が多々あります。過剰な残業は心身の健康を損ねかねません。
  2. 人間関係によるストレス
    上司や部下、取引先など、さまざまな立場の人々と接する必要があり、人間関係でのストレスが生じやすい環境にあります。
  3. 調整業務の難しさ
    各部門のニーズをすり合わせる調整役を担うため、利害対立への対処が難しい場合があります。
  4. 期限の厳しい業務が多い
    備品発注や申請書類の管理など、期限に追われる作業が山積する可能性があります。
  5. 役割の過小評価
    総務の役割が適切に評価されないことで、過剰な業務が押し付けられたり、モチベーションが下がったりする恐れがあります。

このように、総務の仕事には様々なストレス要因が潜んでいます。しかし、上手なストレス管理と適正な業務分担があれば、病むリスクは低減できます。コミュニケーション力を磨き、優先順位をつけて業務を進めることが重要です。また、趣味や運動などでリフレッシュする時間を確保し、心身のケアに努める必要があります。総務で病まないためにも、ストレス要因を認識し、適切に対処することが不可欠なのです。

総務は楽しい仕事なのか

総務の仕事は楽しいと感じられる部分と、つらいと感じられる部分が混在しています。楽しさを感じられる要因としては、以下のようなことが挙げられます。

・会社全体を俯瞰できる立場にあり、幅広い知識と経験を積むことができる
・各部門の調整役を担うため、コミュニケーション能力が身に付く
・会社の顔として、社内外の人々と接する機会が多く、人脈を広げられる
・人材育成の機会があり、後進の指導を通してやりがいを感じられる

一方で、つらさを感じる要因も存在します。

・残業が多く、プライベートな時間が削られがち
・人間関係によるストレスが避けられない
・調整役として、部門間の利害対立に悩まされる
・期限の厳しい業務が多く、作業量の多さにプレッシャーを感じる

このように、総務の仕事には表裏があります。幅広い経験ができる反面、ストレスも高いのが実情です。しかし、総務の魅力を最大限に感じられるかどうかは、本人の心構えと上手なストレス管理次第です。

ポジティブな姿勢で総務の仕事に取り組み、達成感ややりがいを感じられれば、総務は楽しい仕事になり得ます。一方で、ネガティブな面ばかりに目を向けてしまえば、つらい仕事になってしまいます。総務の仕事に携わる者は、その両面性を理解した上で、前向きにチャレンジすることが大切なのです。

総務は勝ち組といえるのか

総務が勝ち組といえるかどうかについては、様々な見方があります。総務の仕事は目立たず、給与水準も低めに設定されがちなため、「勝ち組」とは見なされにくい傾向にあります。しかし、総務の役割を適切に評価すれば、総務こそが勝ち組と言えるでしょう。

総務は、会社の基盤を支える重要な存在です。会社の円滑な運営は、総務の貢献なくしては成り立ちません。総務なしでは、会社は機能不全に陥ってしまうのです。このように、総務は会社にとって欠かせない役割を担っており、その存在価値は高いと言えます。

また、総務の経験を通じて身につく能力は、将来的に大きな財産となります。会社全体を俯瞰する視点、部門間の調整力、コミュニケーション力など、総務で培った力は、管理職や経営者を目指す上で強みとなります。さらに、人事・労務、経理、法務などの専門知識も身につけられます。総務は、幅広い経験と知識を積むことができる、充実した職場なのです。

加えて、総務は人材育成の面でも重要な役割を担っています。新入社員の研修や教育を企画・運営するのが総務の仕事の一つです。次世代を担う人材を育成する役割は、会社の将来にとって大きな意味を持ちます。

このように、総務の仕事は目に見えづらい部分が多いものの、会社の根幹を支える存在であり、将来の可能性にも富んでいます。会社にとって総務は勝ち組であり、総務に携わる人々も勝ち組と呼ぶにふさわしいのです。


いろんな職業の給料や内容を知りたいなら!

PR:日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

決定版 日本の給料&職業図鑑

ABOUT ME
なまずリーマン
なまずリーマンです。会社員10年目。島根出身で、現在は事業会社(プライム上場)の企画部門で働いています。趣味は散歩と温泉巡りと図書館に行くこときです。このブログでは、会社員としてノウハウやテクニックを共有していきます。よろしくお願いします。