職業紹介 PR

国家一般職は「やめとけ!」そう言われる6つの理由を解説します。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
なまずリーマン

国家一般職はなぜ「やめとけ」と言われるの?!

日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

PR:決定版 日本の給料&職業図鑑


国家一般職は「やめとけ!」と言われる6つの理由

給料が低い
昇進が遅い
仕事がつまらない
異動が多い
残業が多い
民間より待遇悪い

国家一般職は「やめとけ!」と言われる理由1:給料が低い

国家公務員の給与水準は、民間企業と比較すると低い傾向にあります。総務省の調査によると、国家公務員の給与水準は、民間企業の約80%程度とされています。この差は、特に若手層や管理職層で顕著になる傾向があります。

また、国家公務員の初任給は決して高くはありません。大卒初任給は約18万円程度で、民間企業の初任給と比べると低い水準にあります。さらに、国家公務員の給与は年功序列型の人事制度に基づいているため、若手層の給与が低く抑えられがちです。

一方で、国家公務員の給与には手当てが多数付与されており、実際の手取り額は必ずしも低くはありません。しかし、民間企業と比較した場合、給与の伸び率が低く、キャリアアップに伴う給与アップが期待しにくいことが課題となっています。

国家一般職は「やめとけ!」と言われる理由2:昇進が遅い

国家公務員の昇進システムは、年功序列型の人事制度に基づいており、昇進に相当な年数を要することが一般的です。係員から係長になるには10年程度、課長補佐になるには更に5年程度を要する例もあります。

この背景には、国家公務員の人事制度が「身分保障」の考え方に基づいており、安定した公務運営を重視していることがあげられます。公平性を期すために、昇進における実力主義的な要素が制限されがちになるのです。

また、上位職への昇進には、面接や適性検査など厳しい審査があり、実際に合格できる人数は限られています。特に係長以上の管理職への昇進は非常に難しく、待機期間が長くなりがちです。

このように、国家公務員では民間企業に比べて昇進のスピードが遅くなる傾向があり、キャリアアップを望む人にとっては魅力に欠けるため、「やめとけ!」と言われる一因となっています。

国家一般職は「やめとけ!」と言われる理由3:仕事がつまらない

国家公務員の仕事は、単純作業や定型業務が多く、創造性や独創性を発揮しにくい環境であると言われています。国民の権利義務に関わる事務処理が主な業務となるため、事務処理能力は重視されますが、それ以外の能力が評価されにくい傾向にあります。

また、制度や規則に従う必要があるため、柔軟な発想や新しい取り組みが制限されがちです。特に事務系職員は書類作成や資料管理など地味な業務が多く、モチベーションを維持するのが難しい側面があります。

さらに、国家公務員は頻繁な異動が行われるため、長期的な目標を立てづらく、仕事への張り合いを持ちづらい状況にあります。担当業務が変わることで、スキルアップの機会は得られるものの、専門性を高めにくいデメリットもあります。

このような理由から、仕事の内容がマンネリ化しがちで、やりがいを見出しにくいと指摘されています。特に若手層を中心に、創造性や独創性を発揮したい人にとっては魅力に乏しく、「やめとけ!」と言われる要因の一つとなっています。

国家一般職は「やめとけ!」と言われる理由4:異動が多い

国家公務員は、原則として5年から7年程度で異動となります。この制度は、公平性を確保するために導入されているものです。しかし、頻繁な異動が行われることで、様々な課題が生じています。

まず、異動によって、長期的なキャリア形成が難しくなります。担当業務が変わるたびに、新しい業務を覚えなければならず、専門性を高めにくい環境にあります。また、異動が多いため、業務に熟練する前に次の異動が訪れ、モチベーションの低下を招きかねません。

さらに、異動により、勤務地が変わる可能性があり、それに伴う生活環境の変化も大きな負担となります。特に、単身赴任となれば、家族との別離も避けられません。このように、プライベートな面での影響も無視できません。

このように、国家公務員の異動制度は、公平性確保という長所がある一方で、専門性の確保や生活の安定性という面で課題があります。このため、一部の職員からは、「異動が多すぎる」と批判の声も上がっており、「やめとけ!」と言われる理由の一つとなっています。

国家一般職は「やめとけ!」と言われる理由5:残業が多い

国家公務員の長時間労働は、深刻な問題となっています。総務省の調査によると、国家公務員の残業時間は、民間企業と比較して多い傾向にあります。中には、月100時間を超える残業をこなす職員もいるほどです。

この背景には、人員不足や業務量の増加があげられます。省庁の定員削減が進んだ一方で、国民ニーズの高度化や新規業務の発生により、一人当たりの業務量が増えたためです。さらに、国家公務員には、災害対応や危機管理業務など、突発的な残業が求められる場合もあります。

長時間労働は、単に健康リスクの高まりだけでなく、プライベートとのワークライフバランスの崩れにもつながります。家族との時間が持てないなど、精神的なストレスも大きくなり、モチベーションの低下を招く恐れがあります。

また、長時間労働は、限られた人員の中での業務遂行につながるため、さらなる人員不足を生み出す悪循環に陥る可能性もあります。このように、国家公務員の長時間労働は、様々な問題を引き起こす要因となっています。このためにも、「やめとけ!」と言われる理由の一つとなっていると考えられます。

国家一般職は「やめとけ!」と言われる理由6:民間より待遇悪い

国家公務員の労働条件は、民間企業と比較して劣っている面が多いと指摘されています。その背景には、公務員制度改革の影響があげられます。

1990年代以降、政府は行政改革を進め、国家公務員の定員削減や給与水準の抑制を図ってきました。その結果、国家公務員の待遇は徐々に民間企業に比べて劣ってきたのです。

具体的には、給与面での格差が顕著です。国家公務員の給与水準は、民間企業の約80%程度とされています。特に若手層や管理職層で格差が大きく、キャリアアップに伴う収入アップが見込めないのが課題です。また、ボーナスや退職金についても、民間企業と比べて低い水準にあります。

さらに、福利厚生面での格差も指摘されています。民間企業では、従業員持株会制度や各種手当などの充実が図られているのに対し、国家公務員ではそうした制度がほとんどありません。

このように、国家公務員の待遇は民間企業と比較して劣っているのが現状です。経済的な魅力に乏しいことから、「やめとけ!」と言われる大きな理由の一つとなっているのです。


国家一般職は「やめとけ」に関連する疑問

国家一般職の魅力とメリット
国家一般職と地方上級 どっちが良いのか
国家一般職のホワイト官庁はどこ
国家一般職で楽な省庁はあるの
国家公務員の一般職はつまらないって本当
国家公務員の総合職はやめとけ その理由とは
国家一般職と総合職の違いを徹底比較

国家一般職の魅力とメリット

国家公務員の一般職には、いくつかの魅力とメリットがあります。

まず、安定した身分と雇用が保証されていることが大きな魅力です。国家公務員は、能力主義に基づく人事評価制度が導入されつつありますが、基本的には年功序列型の人事制度が残されています。このため、退職までの長期的な雇用が約束されているのです。

次に、公平性と透明性の高い人事評価制度があげられます。国家公務員の昇進は、試験や面接、勤務評価などを総合的に判断して決定されます。こうした客観的な評価基準があるため、不当な人事がなされにくいというメリットがあります。

また、国民全体の奉仕者として、社会に貢献できる仕事であるという点も魅力の一つです。国家公務員は、国民の権利と自由を守り、公平・公正な行政サービスを提供する重要な役割を担っています。

さらに、休暇や託児所、病気休暇などの福利厚生制度が比較的充実している点も見逃せません。働きやすい環境が整備されているため、プライベートとのワークライフバランスを保ちやすいと言えるでしょう。

国家一般職と地方上級 どっちが良いのか

国家一般職と地方上級職のどちらが良いかは、個人の価値観や目標によって異なります。

国家一般職の長所としては、国家公務員としての威信がある点や、全国転勤があり様々な経験を積めることがあげられます。中央省庁で働くことで、政策の立案や実施に携われる機会もあります。

一方、地方上級職の長所は、勤務地が限定されるため、プライベートの安定性が保たれやすい点です。また、地方自治体の実情に詳しく、住民に密着したサービスを提供できます。さらに、国家一般職よりも給与水準が高い傾向にあります。

国家一般職は、国家公務員としての威信が高く、キャリアアップの可能性も大きいですが、転勤が多く、長時間労働となりがちです。地方上級職は、勤務地が限定されるものの、働きやすさと給与面での優位性があります。

このように一長一短があるため、国家一般職と地方上級職のどちらが良いかは、個人の価値観や目標、ライフスタイルなどによって異なってくるでしょう。

国家一般職のホワイト官庁はどこ

国家一般職のホワイト官庁、つまり残業が少なく働きやすい職場とされているのは、以下のような省庁が挙げられています。

・外務省
・文部科学省
・環境省

外務省は、在外公館勤務など特殊な業務がありますが、基本的に残業は比較的少ない傾向にあります。文部科学省は、教育行政を中心に幅広い業務を扱いますが、労働環境は良好とされています。環境省は、中小規模の省庁ですが、残業時間の管理が徹底されており、働きやすい職場と評価されています。

ただし、ホワイト官庁かどうかは、部局や職種によっても大きく異なります。同じ省庁でも、政策立案を担当する部署と事務職の部署では、残業時間に大きな開きがある場合があります。

また、ホワイト官庁と呼ばれる省庁であっても、災害対応や政治日程への対応など、突発的な残業が発生する可能性は常にあります。国家公務員の仕事は、国民の安全や権利を守るため、非常時には長時間労働が避けられない側面があるのです。

このように、ホワイト官庁の評価は相対的なものであり、完全に残業がない職場は存在しません。しかし、働き方改革の推進により、多くの省庁で労働環境の改善が図られつつあります。

国家一般職で楽な省庁はあるの

国家一般職の中には、比較的楽な省庁もあると言われています。ただし、省庁によって業務内容が大きく異なるため、一概に楽か楽でないかを判断することは難しいでしょう。

楽な省庁として挙げられるのは、以下のようなところです。

・文部科学省
・環境省
・国土交通省(一部局を除く)

文部科学省は、一般的に業務量が比較的少なめで、長時間労働は少ない傾向にあります。環境省は中規模の省庁ですが、業務負荷は控えめと言われています。国土交通省は、公共事業に関する業務が多く残業が多い一方で、一部の事務系部局では業務負荷が軽いとの指摘があります。

ただし、こうした省庁であっても、定員削減などの影響で業務量が増えれば、長時間労働を強いられる可能性があります。また、突発的な災害対応や政策立案業務が発生した場合は、たとえ楽な省庁であっても、一時的に多大な負荷がかかる場合があります。

楽な省庁かどうかは、部局や職種によっても大きく異なります。政策立案部門と比べると、事務職や技術職などの業務負荷は軽めと言われていますが、一概に楽といえる職場は少ないでしょう。

国家公務員の仕事は、国民の安全と権利を守るために不可欠な存在です。そのため、どの省庁であっても、一定の責任と負荷がかかる職場環境といえるのが実情です。

国家公務員の一般職はつまらないって本当

国家公務員の一般職がつまらない仕事だと言われる理由はいくつかあります。しかし、その実態は職種や部局によって大きく異なるため、一概につまらない仕事だと断言することはできません。

つまらないと言われる理由の一つは、事務作業や定型業務が多いことです。書類作成や事務手続きなどの単純作業が中心となる職種では、創造性を発揮しにくく、モチベーションを維持するのが難しい面があります。

また、規則や制度に縛られ、柔軟な発想や新しい取り組みが制限されがちなのも、つまらない要因の一つと指摘されています。国民の権利義務に関わる業務であるため、安全性や公平性が重視され、画一的な業務になりがちなのです。

一方で、政策立案業務や専門的な業務を担当する職員は創造性を発揮する機会が多く、決してつまらない仕事ばかりではありません。国家公務員には、高度な知識と経験を活かせる様々な業務があります。

また、国民の安全と権利を守る公務という使命感や、社会に貢献できるという意義も仕事のやりがいにつながります。このように、仕事がつまらないかどうかは、職種や部局、個人の価値観によって大きく異なるのが実情です。

国家公務員の総合職はやめとけ その理由とは

国家公務員の総合職については、「やめとけ」と忠告される場合が多くあります。その主な理由は以下の通りです。

  1. 長時間労働が常態化している
    総合職は国家公務員のエリートコースであり、政策立案業務を始め重要な役割を担っています。そのため、突発的な長時間残業が発生しがちです。中には、月100時間を超える残業をこなす者もいるほどです。
  2. プレッシャーと責任が重い
    総合職は幹部候補生として期待されており、高いプレッシャーと責任が伴います。若手からでも重要な業務を任され、過酷な環境下で仕事を遂行しなければなりません。メンタル面での負担も大きくなります。
  3. ジェネラリストが求められる
    総合職はジェネラリストであることが前提とされ、広範な知識と能力が求められます。専門性を追求しづらく、マンネリ化しがちな職場環境と言えます。

4.転勤が多く生活が不安定
国家公務員に多い転勤はエリートコースの総合職でも例外ではありません。頻繁な異動で生活の不安定さを招きます。単身赴任でプライベートが犠牲になるケースも多々あります。

5.昇進競争が熾烈
総合職への昇進は狭き門であり、昇進コースは限られています。同期の中からエリートを選抜する仕組みのため、昇進競争が非常に激しくなります。

このように、高いプレッシャーと責任、長時間労働、生活の不安定さといったデメリットが総合職にはつきまとっています。この過酷な環境を乗り越える強靭な精神力が求められるため、「やめとけ」と忠告される理由なのです。

国家一般職と総合職の違いを徹底比較

国家公務員には、一般職と総合職の2つの職種がありますが、両者には大きな違いがあります。ここでは、主な違いを徹底比較します。

【仕事内容】
一般職は、主に事務作業や技術職、専門職などが中心です。対して総合職は、政策立案や企画調整、国家の重要施策に関わる業務を担当します。

【責任と役割】
一般職は、事務や現場業務を中心とした実務従事者の役割です。一方、総合職は幹部候補生として国家の重要政策に携わり、リーダーシップと高度な判断力が求められます。

【採用試験】
一般職は、高卒者や短大卒の採用と大卒程度の採用に分かれています。総合職は、難関の総合職試験を経て採用されます。出身大学や学歴を重視する傾向があります。

【研修と配属】
一般職は採用後すぐに現場配属となりますが、総合職は長期の集合研修を経て各省庁に配属されます。総合職には国家公務員のエリートとしての教育が施されます。

【昇進・キャリアパス】
一般職は年功序列が基本で、長年勤続することで昇進が可能です。一方、総合職は能力主義に基づき、早期からの幹部昇進が期待されています。

【給与・手当】
一般職と総合職の給与はほぼ同水準ですが、総合職には特別の手当てが多数付与される傾向にあります。将来的な年収の伸び幅も総合職の方が大きくなります。

【転勤】
転勤は一般職も総合職も同様に比較的多いですが、総合職の方が本省と地方、内外の広範囲な転勤があり、生活の不安定さを強いられがちです。

このように、責任と役割、将来のキャリアパス、待遇面など様々な点で一般職と総合職には大きな違いがあります。総合職の方が厳しい環境が待っていますが、国家公務員のエリートとしての処遇も受けられます。


いろんな職業の給料や内容を知りたいなら!

PR:日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

決定版 日本の給料&職業図鑑

ABOUT ME
なまずリーマン
なまずリーマンです。会社員10年目。島根出身で、現在は事業会社(プライム上場)の企画部門で働いています。趣味は散歩と温泉巡りと図書館に行くこときです。このブログでは、会社員としてノウハウやテクニックを共有していきます。よろしくお願いします。