職業紹介 PR

郵便局へ就職は「やめとけ!」そう言われる6つの理由を解説します。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
なまずリーマン

郵便局へ就職はなぜ「やめとけ」と言われるの?!

日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

PR:決定版 日本の給料&職業図鑑


郵便局へ就職は「やめとけ!」と言われる6つの理由

給料が低い
仕事が過酷
営業ノルマ圧力
有給取得困難
人間関係複雑
昇進の機会少

給料が低い

郵便局は公的機関として知られていますが、実際の給与水準は民間企業と比べると決して高くありません。特に、新入社員の初任給は他業種と比べても低い傾向にあります。さらに、昇給のペースも遅く、長く勤めても給与があまり上がらないという問題があります。この低い給与水準では、生活費や家賃などの支出を賄うのが難しく、貯蓄をするのも容易ではありません。

また、郵便局員は残業や休日出勤が多く、働いた分だけ給与に反映されにくいというデメリットもあります。サービス残業も少なくなく、精神的・肉体的に過酷な労働環境で長時間働いても、それに見合った給与を得られないケースが多いのです。

これらの理由から、「郵便局の給料は低すぎる」と言われており、優秀な人材の確保や定着率の向上が課題となっています。人生設計を考える上で、安定した収入を得られる職場を選ぶことは重要ですが、郵便局は必ずしもそれを保証してくれる職場ではないと言えるでしょう。

仕事が過酷

郵便局の仕事は、体力的にも精神的にも非常に過酷だと言われています。郵便物の仕分けや配達は、長時間の立ち作業や重い荷物の運搬を伴うため、腰痛や肩こりなどの身体的な負担が大きいのです。また、悪天候の中でも配達業務を行わなければならず、暑さ寒さにさらされながらの作業は体調管理が難しくなります。

精神的な面でも、郵便局員は常にお客様への対応が求められるため、ストレスが溜まりやすい環境にあります。クレームや要望への適切な対応、長時間の窓口業務など、感情的な労働を強いられることが多いのです。さらに、郵便物の誤配や紛失は大きな問題に発展する可能性があり、その責任の重さからプレッシャーを感じる社員も少なくありません。

郵便局の業務は、時間に追われることも多く、ワークライフバランスを保つのが難しいと言われています。早朝からの勤務や深夜までの残業、休日出勤など、プライベートな時間を犠牲にせざるを得ないケースが多いのです。

このように、郵便局の仕事は肉体的・精神的に過酷であり、働き方改革が叫ばれる昨今においては、改善すべき点が多い職場環境だと言えます。仕事のやりがいを感じられる反面、健康面でのリスクも高いため、就職先としては慎重に検討する必要があるでしょう。

営業ノルマ圧力

郵便局は、かつては郵便物の配達が主な業務でしたが、近年は保険や投資信託などの金融商品販売にも力を入れています。しかし、この営業ノルマが社員にとって大きな負担となっているのです。

新入社員は入社後すぐに営業ノルマを課せられ、高い目標達成を求められます。商品知識が十分でない状態で販売を強いられ、お客様への説明不足や強引な勧誘などのトラブルに発展するケースもあります。ノルマが達成できない社員は、上司から厳しい叱責を受けたり、降格や配置転換のペナルティを科されたりすることもあるのです。

営業ノルマのプレッシャーは、社員のモチベーションを下げ、職場の雰囲気を悪化させる要因にもなっています。ノルマ達成のために、本来の業務である郵便物の配達や窓口対応がおろそかになってしまうこともあります。

さらに、金融商品の不適切な販売によるお客様とのトラブルは、郵便局の信用を損なう危険性もはらんでいます。社員個人の責任だけでなく、組織全体のコンプライアンス意識が問われる事態にもなりかねません。

営業ノルマの達成を最優先するあまり、社員の健全な働き方が損なわれているという指摘もあります。ワークライフバランスを保ちながら、お客様に誠実に向き合える環境づくりが求められている郵便局の現状は、就職先として

有給取得困難

郵便局員が年次有給休暇を取得することが難しいことも、就職を控えるべき理由の一つとして指摘されています。法律で定められた年次有給休暇は、労働者の権利ですが、郵便局員の場合、実際に取得するのが難しい状況があります。

その背景には、慢性的な人手不足があります。郵便物の取り扱い量は年々増加する一方で、郵便局員の数は削減され続けてきました。このため、限られた人員で業務をこなさなければならず、有給を取得しにくい環境になっているのです。

特に、集配業務では、お客様への配達時間を守る必要があり、職場を離れられない状況が日常的にあります。仮に有給を取得しても、他の職員に業務が押しつけられるため、職場の人間関係が悪化するおそれもあります。

また、上司から有給取得を敬遠する発言があったり、有給を取ることで昇給・昇格の際に不利になるなどの懸念もあり、心理的な圧力も働いています。有給を取得しにくい雰囲気が蔓延しているため、結果として有給消化率が極端に低い実態があるのです。

長時間労働を強いられながらも、休暇が十分に取れないという、きわめて劣悪な労働環境であることが明らかです。心身のリフレッシュができず、メンタルヘルスを損ねる危険性も高くなります。有給取得が困難な状況は、郵便局員の健康と生活の質を脅かす深刻な問題なのです。

人間関係複雑

郵便局の人間関係の複雑さも、就職を避けるべき理由の一つです。集配業務では、限られた時間内に決められた量の郵便物を処理する必要があり、協力して業務を遂行しなければなりません。しかし、個人業績に基づく人事評価制度があるため、同僚間で競争心が生まれやすい状況にもあります。

さらに、郵便局では営業活動も行われるため、個人の営業ノルマがあり、営業手数料の格差から険悪な人間関係に発展するケースも少なくありません。上司による過剰な営業指導も職場の雰囲気を悪化させます。

また、郵便局にはさまざまな立場の人材が在籍しています。新卒社員、中途採用社員、嘱託社員、パートタイマーなど、雇用形態が異なるため、処遇の違いから人間関係にも影響が出やすくなっています。

さらに、古参と新人の間の考え方のギャップや、年功序列を重んじる風潮なども指摘されており、世代間のトラブルにもなりがちです。このように、さまざまな要因から、郵便局の人間関係は複雑かつ難しいものになりがちなのです。

人間関係のストレスは精神的な負担となり、メンタルヘルスを損ねる危険性も高まります。また、いじめや嫌がらせ、パワハラなどの問題が起これば、職場環境が一層悪化することにもなりかねません。複雑な人間関係は、郵便局で働く上での大きな懸念材料なのです。

昇進の機会少

郵便局員の昇進の機会が少ないことも、就職を避けるべき理由の一つと指摘されています。郵便事業は公社から民営化されましたが、旧来の公務員的な人事制度が残されており、能力主義が十分に反映されていないことが問題視されています。

具体的には、年功序列が色濃く残っており、年齢や勤続年数が昇進の大きな要因となっています。優秀な実績を上げていても、若手社員では管理職への道が極めて狭いのが実情です。

また、新卒社員と中途採用社員では昇進ペースに大きな開きがあり、公平性を欠いていると指摘する声もあります。中途採用社員は即戦力が求められるため、上位職への抜擢が比較的早いのに対し、新卒社員は時間をかけて育成されるため、昇進が遅れがちになるのです。

さらに、人事異動が頻繁に行われるため、昇進のチャンスを逸することもしばしばあります。勤務地が変わると、新天地での実績が問われることになり、昇進が遅れがちになります。また、人事権を持つ上司との人間関係によっても、昇進の可否が左右されることもあり、公平性に欠ける面があります。

このように、実力を適切に評価する仕組みが不十分であり、努力が報われにくい環境であることから、優秀な人材が流出するケースも多くなっています。昇進が見込めないことは、モチベーションの低下にもつながりかねません。限られた昇進の機会は、郵便局の大きな課題なのです。

の魅力を減じる要因の一つと言えるでしょう。


郵便局へ就職は「やめとけ」に関連する疑問

郵便局へ就職の魅力とメリット
郵便局に就職して後悔した大卒の話
高卒で郵便局に就職するのは賢明な選択なのか
郵便局を辞めて後悔している人が多いのはなぜ
郵便局の窓口で働くのは本当に辛いのか
郵便局の仕事が楽しいと感じる社員はいるのか
郵便局の社員がかわいそうと言われる理由とは
50歳で郵便局を退職して後悔したことがある人の体験談
郵便局の仕事を覚えられないと悩む人へのアドバイス

郵便局に就職して後悔した大卒の話

郵便局に就職した大卒社員から、後悔の声が上がっています。彼らが期待していた仕事のイメージと、実際の就労環境の乖離が大きかったことが主な理由です。

「社会に貢献できる仕事だと思っていました。でも実際は過酷な労働を強いられ、健康を損なう人も多数います。郵便物の配達は決められた時間内に終わらせなければならず、常に時間に追われる状況でした」(25歳男性)

配達業務の過酷さに加え、長時間残業が常態化していることにも失望の声が上がっています。

「入社時は公務員的な仕事ぶりを期待していましたが、実際は民間企業以上の長時間労働を強いられていました。有給休暇もなかなか取れず、プライベートな時間が十分に確保できませんでした」(28歳女性)

また、就職の面接で語られた夢のあるキャリアプランと現実のギャップに後悔の念を抱いている人も少なくありません。

「窓口業務から始めて将来は管理職を目指せると言われましたが、昇進の実態を見ると年功序列が色濃く残っており、若手では昇格が難しそうです。能力主義を売りにしていたのは間違いだと思います」(24歳男性)

このように、大卒社員の中には就業環境や将来性に大きな期待を抱きすぎてしまい、幻滅を感じている人が多いのが実情です。仕事の実態と企業の雄弁を綿密に見極める必要があったことを強く後悔している例が目立ちます。

高卒で郵便局に就職するのは賢明な選択なのか

高卒で郵便局に就職することのメリット・デメリットは以下の通りです。

【メリット】
・高学歴を必要としない比較的就職しやすい職場であること
・新卒で正社員として雇用が約束されていること
・福利厚生が手厚く、社会保険の加入などが保証されていること
・平均的な高卒者の年収を上回る報酬水準であること

【デメリット】
・年功序列が残り、若手での昇進が難しいこと
・仕事が過酷で、健康を損ねるリスクが高いこと
・能力主義による評価が行き渡っておらず、モチベーション維持が難しいこと
・営業職務も含まれ、営業の才能がなくても営業ノルマが課されること

特に高卒者の場合、郵便局が長期的なキャリア形成の場として最適かどうかは議論の余地があります。確かに雇用の安定性や手厚い福利厚生は魅力ですが、仕事の過酷さと能力主義の希薄さから、モチベーションを保つのが難しい面もあります。

高卒で郵便局に入社し、徐々にキャリアアップを目指す人もいれば、郵便局で基礎的なスキルを身につけた後に、別の道へ進む人もいます。自身のキャリア設計やライフプランに合わせて、慎重に検討する必要があります。

様々な選択肢を比較検討した上で、郵便局の仕事に強い魅力を感じられる場合には、高卒で就職することも賢明な選択肢の一つと言えるでしょう。

郵便局を辞めて後悔している人が多いのはなぜ

郵便局を退職した後に後悔している人が多い理由は主に以下の3点にあります。

  1. 郵便局の手厚い福利厚生に後ろ髪を引かれること
    郵便局員には、確定給付年金、住宅手当、健康保険など手厚い福利厚生が提供されています。民間に転職した場合、こうした福利厚生水準を満たすのは難しく、経済的な不安が生じます。
  2. 安定した雇用を手放してしまったことへの懸念
    郵便局は国策民営会社であり、雇用の安定性が高いと見なされています。一方、民間企業では業績不振によるリストラの可能性もあり、安定した収入が得られなくなるリスクがあります。
  3. 転勤の機会があったメリットを失うこと
    郵便局では全国転勤の機会があり、様々な地域を経験できます。しかし、民間企業に移ればその機会は減少し、キャリア形成の選択肢が狭まってしまいます。

つまり、経済的な安定、雇用の安心感、キャリア選択肢といった、郵便局の大きな魅力が失われることで、退職後に後悔する人が多いわけです。

一方で、過酷な労働環境や昇進の難しさなどから、郵便局を去ることを選んだ人もいます。退職後は、よりよい労働条件を求めて転職先を探すことになりますが、なかなか望む環境が見つからず、郵便局時代を懐かしむケースも少なくありません。

このように、郵便局を退職する際のメリット・デメリットを十分に検討しないままに転職してしまうと、後になって郵便局の良さを思い知ることになるのです。適切なタイミングと準備を経て転職することが重要です。

郵便局の窓口で働くのは本当に辛いのか

郵便局の窓口業務は、様々な負荷がかかり、確かに精神的・肉体的に辛い面があります。

まず、窓口業務では多様な業務を滞りなく処理する必要があり、高度な知識と素早い対応力が求められます。手続きに不備があると、お客様から厳しい指摘を受けるなどのストレスを抱えがちです。また、長時間の立ち仕事になるため、肉体への負担も大きくなります。

さらに、窓口対応では丁寧な言葉遣いと態度が求められ、クレームへの冷静な対応力も必要となります。お客様からの批判やクレームに日常的にさらされるため、メンタル面でもかなりの負荷がかかります。

一方で、業務の繁閑期には過酷な長時間労働を強いられることもあり、仕事とプライベートの両立が難しくなってしまいます。夏場の過剰な冷房や冬場の寒さなど、窓口の作業環境の劣悪さも指摘されています。

しかし、このように窓口業務は決して楽な仕事ではありませんが、一定のペースで業務をこなせれば、お客様との触れ合いにやりがいを感じることもできます。また、窓口以外の業務とのローテーションにより、変化のある働き方もできるメリットもあります。

窓口業務の過酷さは避けられませんが、郵便局では様々な業務を経験でき、少しずつ慣れていけば、ストレスをうまく発散できるようになる社員も多数います。適性さえあれば、やりがいのある仕事となり得ると考えられています。

郵便局の仕事が楽しいと感じる社員はいるのか

過酷な労働環境にあるにもかかわらず、郵便局の仕事に喜びを感じている社員は一定数存在します。楽しさを感じられる理由は以下の通りです。

  1. 地域社会への貢献意識
    郵便局が提供する物流サービスは、地域社会の生活インフラとして欠かせないものです。社員にとって、この重要な役割を担う仕事に携われることに誇りと喜びを感じられます。
    「お客様一人ひとりに大切な荷物を届けられる仕事は、地域に貢献できる誇らしいものだと思っています」(集配担当/40代男性)
  2. お客様との触れ合いの喜び
    窓口業務では、毎日様々なお客様と接する機会があり、人と人との触れ合いを大切にできます。お客様に喜んでもらえたときには、大きな達成感と充実感を得られます。
    「お客様と向き合い、丁寧にサービスを提供することにやりがいを感じています」(窓口担当/30代女性)
  3. 多様な業務による刺激
    郵便局の仕事は、集配、窓口、営業と様々な業務があり、単一業務に収まらない変化に富んだ仕事です。異動を含め、多様な業務に携われることが飽きさせず、新鮮な刺激を与えてくれます。
    「毎日同じことの繰り返しじゃないので、新鮮な気持ちで仕事に取り組めます」(総合職/20代男性)
  4. 前例にとらわれない自由度
    一定の枠組みはありますが、郵便局の業務には前例主義にとらわれず、自分なりのアイデアを取り入れる余地もあります。創意工夫の自由度が確保されていることで、仕事へのモチベーションが保たれます。
    「マニュアルにはない方法でも上手くいけば評価されるので、自分なりのアプローチを見出せて面白いです」(営業担当/40代女性)

このように、郵便局の仕事は過酷な面もありますが、社員一人ひとりがプラスの面を見出すことで、充実感ややりがいを感じられるようです。ただし、こうした意識は個人差が大きく、同じ業務でも感じ方は様々です。

郵便局の社員がかわいそうと言われる理由とは

郵便局の社員がかわいそうと言われる主な理由は以下の通りです。

  1. 過酷な長時間労働を強いられること
    郵便局の業務は決められた時間内に一定量の作業をこなす必要があり、季節や天候に関係なく行われます。さらに、時間外労働も常態化しており、長時間労働に従事せざるを得ません。有給休暇の取得も困難な状況にあり、仕事とプライベートの両立が極めて難しくなっています。
  2. 低賃金で将来の不安が大きいこと
    郵便局員の給与水準は一般企業と比べて低く抑えられているのが実情です。勤務地域によっても差があり、生活コストに見合わない場合も多々あります。また、年功序列が強く残る人事制度の影響で、努力が報われにくく、将来の昇給・昇格も望めない状況にあります。経済的に不安を抱える社員が多数います。
  3. 過酷な営業ノルマの達成を強要されること
    郵便局では金融商品や保険の営業活動も行われ、個人に営業ノルマが課されています。報奨金の支給はありますが、ノルマを達成できないとペナルティを受けたり、人事評価で不利になるなど、過剰な営業圧力に晒されています。

4.精神的ストレスが過剰に高いこと
お客様対応では、サービス態度の指導やクレームへの対応を日常的に求められるため、精神的ストレスが高まりがちです。さらに、同僚との人間関係の複雑さも指摘されており、いじめやハラスメントにも遭いかねません。精神的に追い詰められるケースも少なくありません。

このように、郵便局の社員は長時間労働や低賃金、過剰な営業ノルマ、精神的ストレスなど、さまざまな過酷な就労環境に置かれているのが実情です。そのため、外部から見れば可哀想な存在だと言われがちなのです。

50歳で郵便局を退職して後悔したことがある人の体験談

50歳で郵便局を定年退職した元社員の間で、退職後に後悔の声が上がっています。主な理由は以下の通りです。

「確かに郵便局は過酷な環境でしたが、それ以上に手厚い福利厚生があったことを、退職してから痛感しました。将来の生活設計が難しくなり、不安が大きくなりました」(元集配担当/56歳男性)

郵便局に勤めていた頃は、各種手当や社会保険、確定給付年金など、手厚い福利厚生を当然のように受けられていました。しかし、退職後はそうした恩恵を受けられなくなり、生活設計に大きな影響が出てしまったのです。

「これまで全国転勤を重ねてきて、いろいろな地域を体験できたことが、かけがえのない財産になっていました。それが退職して失われたことが、とても寂しい想いです」(元窓口担当/53歳女性)

全国に事業所を持つ郵便局は、転勤の機会が豊富にありました。様々な地域を経験できたことが、視野を広げる良い機会となっていました。しかし、退職後は転勤の機会がなくなり、せっかく培った経験が無駄になってしまう形になりました。

「年功序列は批判されていましたが、長年務め上げれば管理職に抜てきされる可能性もありました。退職して一般企業に転職すると、最初から努力し直さないと出世の目はありません」(元営業担当/52歳男性)

年功序列には問題があるものの、郵便局では長く勤めれば管理職への道が開かれていました。しかし、定年後に民間企業に転職した場合、キャリアを最初から設計し直さねばならず、エフォートを重ねる必要があります。

このように、定年退職後の生活設計の難しさや、キャリア構築の側面など、郵便局での就労メリットを失うことで、後悔の念を抱く元社員が少なくありません。長年築いてきたキャリアの行く末に不安を覚えているのが実情です。

郵便局の仕事を覚えられないと悩む人へのアドバイス

郵便局の仕事は内容が多岐にわたり、習得するのが大変だと感じる社員は少なくありません。仕事を覚えられないと悩む人に対しては、次のようなアドバイスが有効でしょう。

1.一つずつ着実に取り組む
郵便局の業務は、集配、窓口、営業など複数の業務から構成されており、一度にすべてを覚えるのは現実的ではありません。まずは1つの業務から着実にステップを踏んで覚えていくことが大切です。焦らずに地道に取り組むことで、徐々にスキルが身に付きます。

2.ミスを恐れずに実践する
仕事を習得する上でミスを犯すことは避けられません。初心者ミスは上司や先輩社員も理解を示してくれるはずです。臆せずに実践し、失敗から学ぶ姿勢が重要です。新人社員には余計な遠慮は必要ありません。

3.先輩から積極的に指導を仰ぐ
郵便局には長年勤めている熟練社員がたくさんいます。仕事で分からないことがあれば、素直に先輩社員に質問し、アドバイスを求めるようにしましょう。先輩たちは喜んで指導にあたり、スムーズな業務習得につながります。

4.自分なりの習得スタイルを見つける
ひと通りの研修を受けても、すぐに仕事を覚えられる人もいれば、時間がかかる人もいます。人それぞれ習得スピードは異なりますし、覚えやすい方法も違います。自分に合ったスタイルで徐々に習熟を心がけることが重要です。

5.焦らず前を向くことが大切
仕事を一通り覚えても、遅れがちになったり、ミスをしてしまったりするのは当然のことです。そのような時こそ、過去に囚われず、前を向いて次の機会を大切にする姿勢が求められます。焦らずに着実に歩んでいけば、必ず力になっていきます。

郵便局の業務は決して簡単ではありませんが、諦めずに前を向いてコツコツと努力を重ねていけば、必ず仕事を覚えられるはずです。周りの協力も仰ぎながら、一歩ずつ確実に成長していくことが大切なのです。


いろんな職業の給料や内容を知りたいなら!

PR:日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

決定版 日本の給料&職業図鑑

ABOUT ME
なまずリーマン
なまずリーマンです。会社員10年目。島根出身で、現在は事業会社(プライム上場)の企画部門で働いています。趣味は散歩と温泉巡りと図書館に行くこときです。このブログでは、会社員としてノウハウやテクニックを共有していきます。よろしくお願いします。