Tips PR

閉店間際に来る客の6つの心理とみんなの疑問を徹底解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
なまずリーマン

閉店間際に来る客の心理ってどんな感じかな?


閉店間際に来る客の6つの心理!

閉店間際に来る客の心理は以下の6つに集約されます。
・お買い得を狙っている
・人混みを避けたい
・仕事帰りで遅くなった
・うっかり閉店時間を忘れていた
・特別な商品を求めている
・店員とゆっくり話したい

お買い得ハンターは閉店ギリギリがお気に入り!

閉店間際になると、多くの店舗では商品の値引きを行います。鮮魚や惣菜など、その日のうちに売り切りたい商品は特に割引率が高くなる傾向にあるのです。お買い得品を狙うために、わざと閉店間際に来店する節約上手な客も少なくありません。

賢く買い物をするためには、店舗の閉店時間を把握しておくことが大切ですね。お目当ての商品がある場合は、早めの来店も検討しましょう。売り切れのリスクもあるので、タイミングは計画的に!

人混みが苦手な客は、最後の1時間がオアシス!

買い物に行きたいけれど、店内の混雑が苦手という人もいるでしょう。レジに長蛇の列ができるのを見ると、購買意欲が削がれてしまうこともあるかもしれません。そんな人混み嫌いな客にとって、閉店間際の穴場時間は魅力的に映ります。

店内が比較的空いている閉店間際なら、ゆっくりと商品を吟味できます。レジ待ちのストレスを感じずに済むので、買い物を心から楽しめるでしょう。混雑を避けるために、少し遅い時間の来店を選ぶ客もいるのです。

仕事帰りのサラリーマンは、遅い時間しか買い物できない!

仕事で忙しいサラリーマンにとって、買い物をする時間はなかなか取れないものです。会社帰りが遅くなってしまい、気づいたら閉店間際という経験がある人も多いのではないでしょうか。

仕事を優先せざるを得ない事情があるので、営業時間内ギリギリの来店はやむを得ません。買い物時間が限られている分、効率よく必要なものを購入する術を身につけているサラリーマンも少なくないでしょう。

うっかり閉店時間を忘れて、駆け込み来店!

買い物をする予定があったのに、うっかり閉店時間を忘れてしまった!という経験がある人もいるかもしれません。そんなドジな客は、慌てて店舗に駆け込むことになるでしょう。

時間ぎりぎりの来店は、店員にとっても迷惑になりかねません。閉店作業が遅れてしまうこともあるでしょう。買い物客は、営業時間を事前に確認しておくことが大切ですね。うっかりミスを防ぐためにも、こまめに時計をチェックする習慣をつけましょう。

マニアックな客は、特別な商品を求めて閉店ギリギリに来店!

コアなファンが多い商品には、入荷数が限定されているものもあります。マニアックな客の中には、狙っている商品を買い逃さないために、閉店ギリギリに来店する人もいるのです。

店員とのコネクションを活かして、レアアイテムを入手しようとする客もいるでしょう。こだわりの商品を手に入れるためなら、閉店間際の来店も厭わない。そんなマニアックな客の執念を感じずにはいられません。

店員とじっくり話したい常連客は、閉店間際がチャンス!

常連客の中には、店員との会話を楽しみにしている人もいます。普段は忙しくてなかなか話ができないけれど、閉店間際なら店員とゆっくり話せる。そんな期待を抱いて、遅い時間に来店する常連客もいるのです。

閉店間際は比較的暇なので、店員とじっくり話ができるチャンスです。世間話に花を咲かせたり、商品の相談をしたり。店員との信頼関係を深められる貴重な時間を、常連客は愛おしく思っているのかもしれません。


閉店間際に来る客の心理に関連するみんなの疑問

閉店間際に来る客の心理に関連するみんなの疑問は以下の6つに集約されます。
・アパレル店で閉店間際に来る客の目的は?
・わざと閉店間際に来店する人の心理とは?
・閉店間際の店員の態度が悪いのはなぜ?
・閉店時間ギリギリに来る人への対応方法は?
・飲食店で閉店間際に来る客への対応は?
・スーパーで閉店間際に来る客の特徴とは?

アパレル店で閉店間際に来る客は、お買い得品を狙っている?

アパレル店で閉店間際に来る客の多くは、セールや値引き品を狙っていると考えられます。閉店間際になると、その日に売れ残った商品を処分するために、大幅な値下げを行うお店もあるからです。

しかし、狙っている商品がある場合は、早めの来店も検討しましょう。売り切れのリスクもあるので、タイミングは計画的に!閉店間際のお買い得品を狙うのもいいですが、目当ての商品を確実に手に入れるためには、営業時間内の来店がおすすめです。

わざと閉店間際に来店する人は、混雑を避けたいだけ?

わざと閉店間際に来店する人の中には、店内の混雑を避けたい人もいます。特に休日や繁忙期は、レジに長蛇の列ができることもあるでしょう。そんな時、混雑を避けるために敢えて閉店間際に来店する人もいるのです。

ただし、閉店間際は商品の品揃えが少なくなっていることも。欲しい商品があるなら、混雑していてもなるべく早めに来店するのがおすすめです。混雑を避けるために、商品を買い逃すリスクを負うのは賢明とは言えません。

閉店間際の店員の態度が悪いのは、疲れているから?

閉店間際の店員の態度が悪いと感じることがある人もいるかもしれません。営業終了間際は疲れがピークに達していることが多いので、店員のテンションが下がってしまうのは仕方のないことです。

しかし、疲れているからといって、客に不愉快な思いをさせるような態度は避けるべきでしょう。店員は、閉店間際でも笑顔と丁寧な対応を心がける必要があります。店舗側も、従業員のモチベーション管理を徹底し、サービスの質を維持することが大切です。

閉店時間ギリギリに来る人への対応方法は、どうすればいい?

閉店時間ギリギリに来る人への対応に悩む店員も多いでしょう。営業時間内は基本的に客を断れませんが、閉店作業に支障をきたすようでは困ります。

そんな時は、「もうすぐ閉店時間なので、手早くお選びください」など、丁寧かつ毅然とした対応を心がけましょう。お客様の都合も大切ですが、従業員の労働環境を守ることも重要です。閉店作業の遅れを防ぐためにも、上手にお客様を誘導する工夫が必要でしょう。

飲食店で閉店間際に来る客は、ゆっくり過ごしたいだけ?

飲食店で閉店間際に来る客の中には、のんびりとした時間を過ごしたい人もいます。締め切り間際だからこそ、店内が空いていてゆったりできると考えているのでしょう。

しかし、飲食店は閉店作業に時間がかかるもの。片付けや清掃、調理器具の洗浄など、やるべきことは多岐にわたります。閉店間際のお客様には、「ラストオーダーは○時までです」など、事前に注意喚起しておくことが大切です。

スーパーで閉店間際に来る客は、お買い得品を求めている!

スーパーで閉店間際に来る客の多くは、割引シールを求めている傾向にあります。見切り品や売れ残り商品は、閉店間際になるとさらに値下げされることが多いからです。

お買い得品を求めるお客様のニーズに応えつつ、売り切れのリスクにも備えておくことが大切です。割引対象の商品は分かりやすく表示し、早い段階で購入を検討してもらうのがおすすめ。商品管理と販売戦略のバランスを取ることが、スーパーの閉店間際対策のポイントと言えるでしょう。


閉店間際に来る客の心理まとめ

閉店間際に来る客の6つの心理!
・お買い得を狙っている
・人混みを避けたい
・仕事帰りで遅くなった
・うっかり閉店時間を忘れていた
・特別な商品を求めている
・店員とゆっくり話したい

閉店間際に来る客の心理に関連するみんなの疑問
・アパレル店で閉店間際に来る客の目的は?
・わざと閉店間際に来店する人の心理とは?
・閉店間際の店員の態度が悪いのはなぜ?
・閉店時間ギリギリに来る人への対応方法は?
・飲食店で閉店間際に来る客への対応は?
・スーパーで閉店間際に来る客の特徴とは?

閉店間際の客には様々な事情や心理があります。店側は客の立場に立って対応しつつ、閉店作業にも支障がないよう工夫することが大切ですね。計画的な買い物を心がけることが、店側とお客様双方にとってハッピーな結果につながるでしょう。


いろんな職業の給料や内容を知りたいなら!

PR:日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

決定版 日本の給料&職業図鑑

ABOUT ME
なまずリーマン
なまずリーマンです。会社員10年目。島根出身で、現在は事業会社(プライム上場)の企画部門で働いています。趣味は散歩と温泉巡りと図書館に行くこときです。このブログでは、会社員としてノウハウやテクニックを共有していきます。よろしくお願いします。