エグゼクティブ・ファッション PR

カルティエ サントスはダサい?実は知らなかった7つの魅力と真実

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

カルティエ サントスは、高級時計ブランドの代表作として知られていますが、「ダサい」という評価を耳にすることもあります。しかし、この時計には100年以上の歴史があり、多くの芸能人や著名人に愛用されている事実があります。そのデザインや品質は、時代を超えて多くの人々を魅了し続けています。

一方で、高価格ゆえに「買えない」と感じる人も少なくありません。また、スクエアフェイスというユニークなデザインは、好みが分かれる要素でもあります。しかし、中古市場での人気や、ネックレスとしても使えて、そして一生ものとして愛用できる価値を考えると、単純に「ダサい」と判断するのは早計かもしれません。この記事では、カルティエ サントスの魅力と、ダサいと思われる可能性がある理由の両面から、この時計の真の価値を探っていきます。

カルティエ サントスが多くの芸能人に愛用されている理由
高価格でも「買えない」と諦める前に知っておくべきサントスの価値
カルティエ サントスをネックレスとしても楽しめる
中古市場での人気や一生ものとしての価値が高い理由


カルティエ サントスはダサいのか?魅力的な時計

このセクションでは、カルティエ サントスの魅力について詳しく解説します。以下の点を中心に、サントスがダサくない理由を探っていきます。

  • サントスは世界初の腕時計として誕生
  • 洗練されたデザインが人気の秘訣
  • 芸能人にも愛用者が多数存在
  • 高級感と実用性を兼ね備えた逸品
  • 中古市場でも人気が高い理由
  • ネックレスとしても楽しめる

サントスは世界初の腕時計として誕生

カルティエ サントスは、1904年に世界で初めて実用的な腕時計として誕生しました。当時の時計は懐中時計が主流でしたが、飛行家のアルベルト・サントス・デュモンの要望に応えて、ルイ・カルティエが開発したのがこのモデルです。

このような歴史的背景があるため、サントスは単なるファッションアイテムではなく、時計の歴史に刻まれた重要な存在です。そのため、ダサいどころか、多くの時計愛好家から尊敬を集める逸品なのです。

洗練されたデザインが人気の秘訣

カルティエ サントスの魅力は、その洗練されたデザインにあります。スクエアフェイスと丸みを帯びたケースの組み合わせは、時代を超えて愛される理由の一つです。また、文字盤の優雅なローマ数字や、特徴的なベゼルのネジも、サントスならではの魅力です。

このデザインは、カジュアルからフォーマルまで幅広いシーンに対応できる versatility を持っています。そのため、ダサいと感じる人はむしろ少なく、多くの人々から洗練された印象を受けると評価されているのです。

芸能人にも愛用者が多数存在

カルティエ サントスは、多くの芸能人にも愛用されています。例えば、俳優の渡辺謙さんや本田圭佑さんなど、国際的に活躍する著名人がサントスを着用しているのを見かけることがあります。

これらの芸能人は、ファッションセンスの高さでも知られています。そのような人々に選ばれているという事実は、サントスがダサくないどころか、むしろ洗練された時計であることの証明と言えるでしょう。

高級感と実用性を兼ね備えた逸品

カルティエ サントスは、高級感と実用性を両立させた時計です。外観の美しさだけでなく、優れた耐水性や耐衝撃性を持ち、日常生活での使用に十分耐えうる性能を備えています。

また、近年のモデルでは、ブレスレットの交換が簡単にできるシステムを採用するなど、使い勝手の良さも向上しています。このような点からも、サントスはダサいどころか、実用的で洗練された時計だと言えるのです。

中古市場でも人気が高い理由

カルティエ サントスは、中古市場でも人気が高い時計の一つです。これは、サントスの価値が時間とともに失われないことを示しています。むしろ、年月を経るごとに味わいが増し、価値が上がることもあります。

このような中古市場での評価は、サントスがダサくない証拠の一つと言えるでしょう。長年愛され続ける時計だからこそ、中古市場でも高い人気を誇っているのです。

ネックレスとしても楽しめる

カルティエ サントスの魅力の一つに、その多様性があります。特に、サントス ドゥモアという小さめのモデルは、ネックレスとしても楽しむことができます。

このように、腕時計としてだけでなく、ジュエリーとしても使えるのは、サントスの魅力をさらに高めています。ダサいどころか、むしろファッションの幅を広げてくれる存在と言えるでしょう。


カルティエ サントスがダサいと思われる理由とは

このセクションでは、カルティエ サントスがダサいと思われる可能性がある理由について考察します。以下の点を中心に、サントスの評価に影響を与える要因を探っていきます。

  • 価格が高く手が届きにくい印象
  • スクエアフェイスが好みを分ける
  • 偽物が多く出回っている現状
  • 年齢や TPO に合わせた選び方が重要
  • メンテナンスの必要性を理解する
  • 一生ものとして愛用できる価値

価格が高く手が届きにくい印象

カルティエ サントスは、高級時計ブランドの製品だけあって、その価格は決して安くありません。新品のモデルでは数十万円から数百万円するものもあり、多くの人にとって簡単に手が届く価格帯ではありません。

この高価格が、一部の人々にサントスを「ダサい」と感じさせる原因になっているかもしれません。高すぎる価格は、時として「見栄を張っている」「成金趣味だ」といった否定的な印象を与えることがあるのです。しかし、サントスの価格は、その品質や歴史的価値を考えれば決して不当なものではありません。

スクエアフェイスが好みを分ける

カルティエ サントスの特徴的なデザインの一つが、スクエア(四角形)のフェイスです。この形状は、時計のデザインとしては珍しく、好みが分かれやすい要素です。

丸型の時計に慣れている人にとっては、このスクエアフェイスが「ダサい」と感じられる可能性があります。また、腕の形状によっては、スクエアフェイスが違和感を生む場合もあるでしょう。しかし、このユニークな形状こそがサントスの個性であり、多くのファンを魅了している理由でもあるのです。

偽物が多く出回っている現状

カルティエ サントスは人気が高いがゆえに、残念ながら偽物が多く出回っています。これらの偽物は、本物のサントスの品質や魅力を正確に再現できていないことが多く、結果として「ダサい」印象を与えてしまうことがあります。

偽物を本物と勘違いしてサントスのイメージを判断してしまうと、「カルティエ サントスはダサい」という誤った結論に至る可能性があります。本物のサントスの魅力を正しく理解するためには、信頼できる販売店や正規店で実物を見ることが重要です。

年齢や TPO に合わせた選び方が重要

カルティエ サントスは、どんな年齢層やシーンにも適しているわけではありません。若すぎる年齢で着用したり、カジュアルすぎる場面で使用したりすると、違和感を生む可能性があります。

例えば、20代前半の学生がスーツ姿でサントスを着用すると、「ちょっと背伸びしすぎ」という印象を与えかねません。また、スポーツウェアにサントスを合わせるのも、あまりしっくりこないでしょう。適切な年齢やTPO(時間・場所・場合)に合わせて着用することで、サントスの魅力を最大限に引き出すことができます。

メンテナンスの必要性を理解する

カルティエ サントスは高級時計であり、適切なメンテナンスが必要です。定期的なオーバーホールや日々のケアを怠ると、外観が劣化し、「ダサい」印象を与えてしまう可能性があります。

例えば、ベゼルの傷や文字盤の汚れ、ベルトの劣化などは、サントスの魅力を大きく損なう要因となります。これらの問題を防ぐためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。メンテナンスの手間や費用を考慮せずに購入すると、後々「ダサい」と感じてしまう原因になるかもしれません。

一生ものとして愛用できる価値

カルティエ サントスは、一時的な流行を追うファッションアイテムではなく、一生ものとして愛用できる価値のある時計です。しかし、この「一生もの」という概念を理解せずに購入すると、すぐに「ダサい」と感じてしまう可能性があります。

サントスの真の価値は、長年使い続けることで生まれる愛着や、時代を超えて受け継がれるデザインの普遍性にあります。一時的なトレンドや周囲の評価に左右されず、自分なりの価値観でサントスを選び、大切に使い続けることが、この時計の魅力を最大限に引き出す鍵となるでしょう。

カルティエ サントスはダサい?実は知らなかった7つの魅力と真実の総括まとめ

  • カルティエ サントスは世界初の実用的な腕時計として誕生した

  • 洗練されたデザインが時代を超えて愛される理由である

  • 多くの芸能人や著名人がサントスを愛用している

  • 高級感と実用性を兼ね備えた逸品である

  • 中古市場でも高い人気を誇る

  • ネックレスとしても楽しめる

  • 高価格が一部の人にダサいと感じさせる原因になることがある

  • スクエアフェイスのデザインは好みが分かれやすい

  • 偽物の存在がサントスの印象を悪くすることがある

  • 年齢やTPOに合わせた選び方が重要である

  • 適切なメンテナンスが必要不可欠である

  • 一生ものとして愛用できる価値がある

  • カジュアルからフォーマルまで幅広いシーンに対応できる

  • 時計の歴史に刻まれた重要な存在である

  • 長年愛され続ける時計だからこそ価値がある

  • 自分なりの価値観で選び、大切に使い続けることが重要である

  • ブレスレットの交換が簡単にできるシステムを採用している

  • 時間とともに味わいが増す可能性がある
  • ABOUT ME
    カシワギ
    『エグゼクティブワーク』編集長のカシワギです。 普段はITベンチャーで執行役員の40代男です。 元コンサルタントですが、今はテクノロジー企業で日々奮闘中。 仕事では厳しい顔をしていますが、家では小学生の子供2人のやんちゃなパパ。 休日はゴルフに行ったり、妻とワインを楽しんだり。