テクニック PR

土地家屋調査士は「やめとけ!」そう言われる6つの理由を解説します。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
なまずリーマン

土地家屋調査士はなぜ「やめとけ」と言われるの?!

日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

PR:決定版 日本の給料&職業図鑑


土地家屋調査士は「やめとけ!」と言われる6つの理由

収入が不安定
仕事量に波がある
資格取得が難関
高齢化が進む
ITの影響大
競争が厳しい

土地家屋調査士は「やめとけ!」と言われる理由1:収入が不安定

土地家屋調査士の収入は、不動産市場の動向に大きく左右されます。景気が良く、不動産取引が活発な時期には仕事が増えるため、収入も安定しますが、不況時や市場が冷え込んだ時期には仕事が減り、収入も不安定になりがちです。また、土地家屋調査士は、業務の多くが受託業務であるため、顧客からの依頼がなければ収入を得ることができません。さらに、報酬は業務の内容や難易度によって異なるため、一定の収入を維持することが難しいという側面もあります。このように、土地家屋調査士の収入は、外部環境の影響を受けやすく、安定性に欠けるという特徴があります。そのため、長期的な収入の見通しを立てにくく、経済的な不安を抱えやすいという問題があります。

土地家屋調査士は「やめとけ!」と言われる理由2:仕事量に波がある

土地家屋調査士の仕事量は、不動産市場の動向によって大きく変動します。景気が良く、不動産取引が活発な時期には、測量や境界確定、登記申請などの業務が増加し、多忙を極めることもあります。一方で、不況時や市場が冷え込んだ時期には、仕事량が大幅に減少し、暇になることもあります。このような仕事量の波は、土地家屋調査士にとって大きなストレスになります。多忙な時期には、長時間労働や休日出勤を余儀なくされ、プライベートな時間を犠牲にすることもあります。また、暇な時期には、収入が減少するだけでなく、モチベーションの維持も難しくなります。さらに、仕事量の波は予測が難しいため、計画的に業務を進めることが困難という問題もあります。このように、土地家屋調査士の仕事量は不安定で、メンタル面でも大きな負担になるという特徴があります。

土地家屋調査士は「やめとけ!」と言われる理由3:資格取得が難関

土地家屋調査士になるには、難関な国家資格を取得する必要があります。資格試験は、筆記試験と実地試験の2段階に分かれており、それぞれ高度な専門知識と技術が求められます。筆記試験では、民法や不動産登記法、測量学など、幅広い分野の知識が試されます。一方、実地試験では、実際の測量や境界確定、登記申請などの業務を行う能力が問われます。いずれも合格率は低く、何度も挑戦しないと合格できないことも珍しくありません。さらに、資格取得後も、継続的な学習が必要とされます。法改正や技術の進歩に合わせて、新しい知識や技術を身につけていかなければならないのです。このように、土地家屋調査士の資格取得は、長期間の努力と根気が必要とされる難関であり、多くの人にとって高いハードルになっています。

土地家屋調査士は「やめとけ!」と言われる理由4:高齢化が進む

土地家屋調査士の業界では、高齢化が急速に進んでいます。平均年齢は60歳を超えており、60歳以上の調査士が全体の半数以上を占めているという統計もあります。高齢化が進む理由としては、若手の調査士が少ないことが挙げられます。資格取得の難易度の高さや、業務の難しさから、若い世代の調査士が増えていないのです。また、ベテランの調査士が引退しても、後継者が不足しているため、高齢化に拍車がかかっています。高齢化が進むと、体力的な問題から業務の効率が下がったり、引退に伴う人手不足が深刻化したりするなどの問題が生じます。さらに、若手の調査士が少ないため、新しい技術やアイデアが業界に取り入れられにくいという側面もあります。このように、土地家屋調査士の業界では、高齢化が大きな課題になっており、将来的な業界の発展に影を落としています。

土地家屋調査士は「やめとけ!」と言われる理由5:ITの影響大

近年、土地家屋調査士の業界では、IT化が急速に進んでいます。測量機器のデジタル化や、登記申請の電子化など、業務のあらゆる場面でITが活用されるようになりました。IT化によって、業務の効率化や精度の向上が図られる一方で、ITスキルが求められるようになり、従来の調査士にとっては大きな負担になっています。特に、高齢の調査士にとっては、ITの習得が困難なことも多く、業務に支障をきたすケースもあります。また、IT化によって、業務の一部が自動化されたり、アウトソーシングされたりするようになり、調査士の仕事が奪われるのではないかという不安も広がっています。さらに、IT化によって、業界の競争が激化し、従来の調査士が淘汰されるのではないかという懸念もあります。このように、土地家屋調査士の業界では、IT化の影響が大きく、従来の調査士にとっては脅威になりつつあります。

土地家屋調査士は「やめとけ!」と言われる理由6:競争が厳しい

土地家屋調査士の業界では、競争が非常に厳しくなっています。全国で約1万6千人の調査士が登録されていますが、そのうち開業している調査士は約1万人と言われています。つまり、6割以上の調査士が開業競争に巻き込まれているのです。特に、大都市では調査士の数が多く、競争が激化しています。また、不動産市場の動向によって仕事量が左右されるため、安定的な受注を確保することが難しいという問題もあります。さらに、近年では、測量業者や土木設計業者など、他業種からの参入も増えており、競争はますます激しくなっています。競争が厳しいと、報酬単価が下がり、収入が減少するだけでなく、受注のために過剰なサービスを提供せざるを得なくなるなどの弊害も生じます。また、競争に負けた調査士は、廃業に追い込まれるケースもあります。このように、土地家屋調査士の業界では、競争が非常に厳しく、生き残りをかけた戦いが繰り広げられています。


土地家屋調査士は「やめとけ」に関連する疑問

土地家屋調査士の魅力とメリット
土地家屋調査士の超リアルな現状に迫る
土地家屋調査士は本当に金持ちなのか
女性の土地家屋調査士はきついって本当
40代の未経験でも土地家屋調査士になれるか
土地家屋調査士の仕事はひどいのか
土地家屋調査士は食いっぱぐれるのか
土地家屋調査士になるのはどれくらい難しいのか
独学で土地家屋調査士の資格は取れる

土地家屋調査士の魅力とメリット

土地家屋調査士は、不動産の権利関係を明確にし、土地の有効活用を促進する重要な役割を担っています。この仕事の魅力は、社会に貢献できる点にあります。土地の境界を正確に定めることで、不動産取引のトラブルを防止し、所有者の権利を守ることができます。また、土地の有効活用を提案することで、まちづくりにも寄与できます。さらに、土地家屋調査士は、公共事業にも関わることができ、都市計画や災害復興など、大きなプロジェクトに携われる可能性もあります。

土地家屋調査士になるためには、専門的な知識と技術が必要とされますが、その分、やりがいのある仕事だと言えます。不動産に関する法律知識や測量技術を駆使して、土地の境界を正確に定め、権利関係を明確にしていく作業は、知的好奇心を刺激され、達成感も得られます。また、土地家屋調査士は、独立開業も可能な資格であり、自分のペースで仕事を進められるというメリットもあります。

土地家屋調査士の超リアルな現状に迫る

土地家屋調査士の仕事は、重要な役割を担っている一方で、その実態はあまり知られていません。現場での仕事は、想像以上に過酷であることが多いのです。例えば、測量作業では、山林や崖など、危険な場所で作業することもあります。また、暑さや寒さ、雨風にさらされながらの作業も珍しくありません。体力的な負担も大きく、長時間の立ち仕事や重い機材の運搬など、肉体的な苦労も多いのが実情です。

また、土地家屋調査士の仕事は、人間関係の調整も重要な要素です。土地の境界をめぐって、所有者同士のトラブルに巻き込まれることもあります。感情的になっている所有者に対して、冷静かつ公平な立場で対応することが求められます。さらに、行政機関との折衝も欠かせません。法律や規則に基づいて、正確な手続きを踏まなければならないのです。このように、土地家屋調査士の仕事は、専門的な知識と技術だけでなく、コミュニケーション能力も問われる、総合的な能力が必要とされるのです。

土地家屋調査士は本当に金持ちなのか

土地家屋調査士は、高度な専門性が求められる職業であり、その報酬も決して低くはありません。しかし、一概に金持ちだと言えるかどうかは、個人差が大きいのが実情です。土地家屋調査士の収入は、受注する仕事の量と質によって大きく左右されます。大都市で開業し、大規模な案件を多く受注できれば、高い収入を得られる可能性があります。一方で、地方で開業し、小規模な案件しか受注できない場合は、収入が安定しないこともあります。

また、土地家屋調査士は、開業するために初期投資が必要になります。測量機器や事務所の設備など、一定の資金が必要とされるのです。さらに、開業後も、機材のメンテナンスや更新、事務所の維持費など、経費がかかり続けます。加えて、不動産市況の影響を受けやすく、景気の動向によって収入が変動するリスクもあります。このように、土地家屋調査士の収入は、安定しているとは言えず、一概に金持ちだと断言することはできないのです。

女性の土地家屋調査士はきついって本当

土地家屋調査士は、伝統的に男性の職業というイメージがあります。測量作業など、体力的な負担が大きい仕事が多いことから、女性には向かないと考えられがちです。しかし、近年では、女性の土地家屋調査士も増えてきており、活躍の場が広がっています。とはいえ、女性の土地家屋調査士が直面する課題は、男性とは異なる部分もあります。

例えば、測量作業では、重い機材を運んだり、危険な場所で作業したりすることがあります。体力的な面で不安を感じる女性も少なくありません。また、土地家屋調査士の仕事は、不規則な勤務時間や突発的な業務が多いため、家庭との両立が難しいという問題もあります。育児や介護との兼ね合いで、仕事を続けることが困難になるケースもあるのです。

さらに、土地家屋調査士の職場は、男性中心の環境であることが多く、女性が働きにくい雰囲気があることも否定できません。男性の同僚や上司から、女性であることを理由に、能力を低く見られたり、不当な扱いを受けたりすることもあります。このように、女性の土地家屋調査士は、仕事上の困難に加えて、ジェンダーに関する課題にも直面しているのが実情なのです。

40代の未経験でも土地家屋調査士になれるか

土地家屋調査士は、専門的な知識と技術が必要とされる職業であり、資格取得のハードルは高いと言えます。しかし、年齢に関わらず、必要な知識と技術を身につければ、土地家屋調査士になることは可能です。実際に、40代で土地家屋調査士の資格を取得し、開業に至った人も少なくありません。未経験からのチャレンジは、決して不可能ではないのです。

ただし、40代で未経験から土地家屋調査士を目指すには、いくつかの課題があることも事実です。まず、学習に多くの時間を割く必要があります。仕事や家庭との両立を図りながら、集中的に学習時間を確保することが求められます。また、体力的な面でも、若い人と同じようにはいかないかもしれません。測量作業など、体力的な負担が大きい仕事が多いだけに、体力づくりにも注意が必要です。

さらに、開業資金の問題もあります。40代で土地家屋調査士の資格を取得しても、すぐに開業できるとは限りません。事務所の設立や測量機器の購入など、一定の資金が必要になります。貯蓄や融資など、資金面での準備も欠かせません。このように、40代の未経験者が土地家屋調査士を目指すには、学習面、体力面、資金面など、様々な課題があることを理解したうえで、チャレンジすることが重要なのです。

土地家屋調査士の仕事はひどいのか

土地家屋調査士の仕事は、重要な役割を担っている一方で、その実態は過酷であることが多いのが実情です。現場での測量作業は、危険が伴うことも少なくありません。山林や崖など、足場の悪い場所で作業することもあれば、暑さ寒さや雨風にさらされることもあります。体力的な負担も大きく、長時間の立ち仕事や重い機材の運搬など、肉体的な苦労も多いのです。

また、土地家屋調査士の仕事は、人間関係の調整も欠かせません。土地の境界をめぐって、所有者同士のトラブルに巻き込まれることもあります。感情的になっている所有者に対して、冷静かつ公平な立場で対応することが求められます。行政機関との折衝も重要な業務の一つです。法律や規則に基づいて、正確な手続きを踏まなければならないのです。

さらに、土地家屋調査士の仕事は、不規則な勤務時間や突発的な業務が多いのも特徴です。締め切りに追われて、深夜まで仕事をすることもありますし、休日に出勤を求められることもあります。プライベートな時間を十分に確保できないことも珍しくありません。加えて、不動産市況の影響を受けやすく、仕事量が安定しないことも悩みの種です。景気の動向によって、収入が大きく変動するリスクもあるのです。このように、土地家屋調査士の仕事は、様々な困難が伴う過酷な職業だと言えます。

土地家屋調査士は食いっぱぐれるのか

土地家屋調査士は、不動産に関する専門的な知識と技術を持つ専門家であり、社会的に重要な役割を担っています。しかし、その収入は安定しているとは言えず、食いっぱぐれるリスクがないとは断言できません。土地家屋調査士の収入は、受注する仕事の量と質に大きく左右されます。不動産市況の影響を受けやすく、景気の動向によって仕事量が変動するリスクがあるのです。

特に、開業間もない土地家屋調査士は、安定した収入を得ることが難しいことが多いと言われています。顧客からの信頼を得るまでには時間がかかりますし、大規模な案件を受注できるようになるまでには、多くの経験を積む必要があります。その間は、収入が不安定になることも避けられません。さらに、開業にあたっては、事務所の設立や測量機器の購入など、一定の初期投資が必要になります。借金を抱えながらのスタートになることも珍しくありません。

また、土地家屋調査士の業界は、競争が激しいことでも知られています。同じ地域に多くの事務所があれば、仕事の奪い合いになることは必至です。報酬単価の引き下げを迫られることもありますし、顧客を確保するために過剰なサービスを提供せざるを得なくなることもあります。このように、土地家屋調査士は、収入の不安定さや競争の激しさから、食いっぱぐれるリスクがないとは言い切れないのが実情なのです。

土地家屋調査士になるのはどれくらい難しいのか

土地家屋調査士は、不動産に関する高度な専門知識と技術が必要とされる職業であり、資格取得のハードルは高いと言えます。土地家屋調査士になるためには、土地家屋調査士試験に合格する必要があります。この試験は、毎年1回行われる国家試験であり、筆記試験と実地試験の2段階に分かれています。筆記試験では、民法や不動産登記法など、法律に関する知識が問われます。さらに、測量学や土地家屋調査士法など、専門的な知識も必要とされます。

一方、実地試験では、実際の測量作業や境界確定作業を行う技術が問われます。高度な測量技術や図面作成能力が求められるため、実務経験がある人でも、合格するのは容易ではありません。土地家屋調査士試験の合格率は、例年20%前後と非常に低く、多くの受験者が何度も挑戦することになります。

また、土地家屋調査士試験に合格するためには、長期間の準備が必要になります。専門学校や大学の講座を受講したり、独学で学習したりと、様々な方法がありますが、いずれにしても、相当な時間と労力を投じなければなりません。仕事や家庭との両立を図りながら、集中的に学習時間を確保することが求められるのです。

さらに、土地家屋調査士になるためには、実務経験を積むことも重要です。資格取得後も、先輩調査士の下で修業を積んだり、関連団体が主催する研修会に参加したりと、継続的な学習が欠かせません。このように、土地家屋調査士になるためには、高度な専門知識と技術を身につけるだけでなく、長期間の準備と継続的な学習が必要とされる、非常にハードルの高い職業だと言えます。


いろんな職業の給料や内容を知りたいなら!

PR:日本の職業や給料を図鑑としてまとめた本を国立国会図書館で探してきました!

決定版 日本の給料&職業図鑑

ABOUT ME
なまずリーマン
なまずリーマンです。会社員10年目。島根出身で、現在は事業会社(プライム上場)の企画部門で働いています。趣味は散歩と温泉巡りと図書館に行くこときです。このブログでは、会社員としてノウハウやテクニックを共有していきます。よろしくお願いします。